熱狂書評

2
ノート

丸裸で未開の地へ挑め 『死ぬこと以外かすり傷』 #熱狂書評

発売5日にして、5刷5万部突破という驚異的な記録を叩き出す『死ぬこと以外かすり傷』。

Twitter上でも、本書を読み終えた方々のツイートが多く見られます。

そんな爆発的勢いを見せる『死ぬカス』の熱狂書評をお届けします。

自分の日常に空虚感を抱き、環境を変えてみることで全員が変貌するわけではない。変化を起こすにはある問いへの答えを見つける必要がある。

その過程で『死ぬカス』はどう関係してい

もっとみる

その現象の名前は、箕輪厚介。 『死ぬこと以外かすり傷』 #熱狂書評

8月28日、箕輪編集室の主宰者である箕輪厚介さんの初の著書『死ぬこと以外かすり傷』(以下、死ぬカス)が発売されます!

『死ぬカス』は、箕輪さんの編集者人生における集大成であり、これからを見据える上での道しるべでもあります。

変わらない日常の中で、いまいちパッとしない、モヤッとして物足りないと感じている若い人を徹底的に鼓舞する箕輪さん。

本書の目次からも分かるように「目的だけをにらみつけろ」「

もっとみる
19