熱狂書評

1
ノート

「言葉」を研ぐ 見城徹著『読書という荒野』 #熱狂書評

人間を人間たらしめるのは言葉だ。

『読書という荒野』の文中に光るこの言葉を体現するかのように、無限に放たれる「熱狂書評」。

そして昨日に引き続き、「熱狂書評」の言葉を紡いだ『読書という荒野』のPR動画を、箕輪編集室のよこやままさあきさんがつくってくれました。

もはや映像の中でも、**選び抜かれた「言葉」は圧倒的に光っています。 **

生き方から搾り出されてきたものが言葉で

もっとみる