みの編メンバー図鑑

53

カルピスの原液を作れば活動は無限大-“多動力”会社員・前田塁③

箕輪編集室所属メンバーのインタビュー企画。今回取材したのは、箕輪編集室・オンラインプロデュースチームで鈴木おさむさんオンラインサロン「オフィスおさむ」のリーダーを担当している前田塁さんです。

*前回の記事はこちら

同じ思想を持つ人が集まって活動が広がる

服部:これからどんなことをしていきたいですか?

前田:大きな軸というのが2つあって、僕の場合は、料理とpolcaなんですね。
料理に関して

もっとみる

少年漫画の主人公が応援される理由-“多動力”会社員・前田塁②

箕輪編集室所属メンバーのインタビュー企画。今回取材したのは、箕輪編集室・オンラインプロデュースチームで鈴木おさむさんオンラインサロン「オフィスおさむ」のリーダーを担当している前田塁さんです。

*前回の記事はこちら

自分の武器で挑戦し始めて世界が変わった

服部:料理とかpolcaの活動は、いつ頃からどんな風になさっているんですか?

前田:polcaはリリース1時間後くらいに始めたんです。20

もっとみる

挑戦が道を拓き、仲間が集う-“多動力”会社員・前田塁①

今回取材したのは、箕輪編集室・オンラインプロデュースチームで鈴木おさむさんオンラインサロン「オフィスおさむ」のリーダーを担当している前田塁さんです。

2017年忘年会幹事なども担当し、サロン内でも注目されている前田塁さんですが、その活動はサロン内にとどまりません。普段は都内のIT企業に勤めながら、プライベートではpolcaおじさん、料理、格闘技など多動力を発揮して活躍されている塁さんの素顔に迫り

もっとみる

デザイナーはオンラインサロンでどう個を立たせるか?

今回取材した箕輪編集室メンバーは、箕輪編集室・デザインチームでリーダーを務める前田高志さんです。

任天堂(株)企画部にて約15年間、宣伝広告デザインに従事し、現在はNASU(ナス)という屋号でフリーランスのアートディレクター/グラフィックデザイナーをされている前田さんの箕輪編集室との出会いや現在取り組んでいることなどを伺いました。

躊躇を捨てたときに出会った箕輪編集室

篠原:前田さんはかなり

もっとみる

目指すは“理学療法士界の箕輪厚介” -元Jリーグ専属トレーナーが描く“身体の編集者”という在り方④

箕輪編集室所属メンバーのインタビュー企画。今回取材したのは、箕輪さんの『SIX PACK PROJECT』(箕輪さんが「腹筋割りたいよ!」と言ったため立ち上がったプロジェクト)を担当している理学療法士・トレーナーの樋口敦さんです。

*前回の記事はこちら

編集者という“在り方”を模倣する

井本:樋口さんのブログで「肩書きがこれからはあんまり意味を持たなくなる」とおっしゃっていましたが、それにつ

もっとみる

エリートビジネスマン必修科目?『SIX PACK PROJECT』 -元Jリーグ専属トレーナーが描く“身体の編集者”という在り方③

箕輪編集室所属メンバーのインタビュー企画。今回取材したのは、箕輪さんの『SIX PACK PROJECT』(箕輪さんが「腹筋割りたいよ!」と言ったため立ち上がったプロジェクト)を担当している理学療法士・トレーナーの樋口敦さんです。

*前回の記事はこちら

『SIX PACK PROJECT』始動秘話

井本:現在箕輪編集室で行われている『SIX PACK PROJECT』について聞かせてください

もっとみる

「コンテンツホルダーこそ箕輪編集室を活用すべき」 -元Jリーグ専属トレーナーが描く“身体の編集者”という在り方②

箕輪編集室所属メンバーのインタビュー企画。今回取材したのは、箕輪さんの『SIX PACK PROJECT』(箕輪さんが「腹筋割りたいよ!」と言ったため立ち上がったプロジェクト)を担当している理学療法士・トレーナーの樋口敦さんです。

*前回の記事はこちら

個を立たせるための戦略

井本:樋口さんはTwitter等で「ヒグトレ」というハッシュタグつけていろいろ発信されてますけど、どういったきっかけ

もっとみる

「トップアスリートは仕事に熱狂している」-元Jリーグ専属トレーナーが描く“身体の編集者”という在り方①

今回取材したのは、箕輪編集室で箕輪さんの『SIX PACK PROJECT』(箕輪さんが「腹筋割りたいよ!」と言ったため立ち上がったプロジェクト)を担当している理学療法士・トレーナーの樋口敦さんです。

今回はこれまでの経歴から、理学療法士・トレーナーの方がなぜ「箕輪編集室」に入ることになったのか。またそこで得ていること、今後樋口さんがやっていきたいことなどを伺いました。

「サッカーの世界」への

もっとみる