みの編メンバー図鑑

2
記事

「一緒に笑って、一緒に泣いて」  「みの邸」で過ごした1年は一人の若者を変えた

渡邉さんの活躍の舞台は関西から関東へ。
関東へ転勤となった渡邉大典さんは、運命に導かれるように箕輪編集室メンバー専用のシェアハウス「みの邸」に入居します。

「みの邸」での新たな生活、仲間たちとの出会い、そして苦悩と葛藤。
新天地で見つけた居場所で地道に問題を解決していくなか、彼は変わっていきました。

人目を気にする性格は、俯瞰的な視野に。
緊張しやすさは、慎重さと責任感に。
思ったことが態度に

もっとみる

いまだ「何者」でもない君たちへ  ー何もできない渡邉大典が偉大なリーダーになった理由ー

彼は非常に人の目を気にします。
緊張しやすく、人前ではうまく話せません。
嫌なことがあったら割と態度に出てしまいます。
影響されやすく、周囲の雰囲気に流されがちです。

肝心なところでのチョンボも多く、よく「大人」たちから怒られます。

率直に言って、どこにでもいる、極めて「普通」な若者です。
しかし、そんな渡邉さんに対する周囲の信頼はなぜか絶大。

「みの邸」の住人だったある人間の一言が忘れられ

もっとみる