みの編メンバー図鑑

3
記事

「ぶちまけろ! 己を誇示しろ!」  箕輪編集室はもっと殺伐としていていい

過激な言動は時として軋轢を生み、誤解を生む。
箕輪編集室で彼の発言が物議を醸したことは一度や二度ではない。
今でも彼のTwitterアカウントをブロックしているメンバーは多いという。

だが、それでいい。

彼の主張は至ってシンプルだ。
「ぶちまけろ。手を動かせ」
「甘いことはするな」
行間に感じるのは箕輪編集室へのプライド、そして箕輪厚介への愛。

「予定調和を破壊せよ」
「言ってはいけないこと

もっとみる

「己の欲望はどこにある」 ただひたすら問い続けろ!

周囲のことは我関せず、ただひたすら我が道を行く。
その反面、彼女に叱られれば、素直に耳を傾ける。
一見強面だが、実際に触れあえば、意外と礼儀正しく、空気を読む。

矛盾の塊だと思っていたがそれは違った。彼は欲望に素直なだけなのだ。
常識という尺度で測った時に、その姿勢は時として矛盾に映るのかもしれない。

箕輪編集室メンバーの紹介企画。映画「箕輪大陸」の制作チームメンバーで、オンラインサロン「駒撮

もっとみる

「社会通念なんて豚に食われろよ」  少数派にしか到達できぬ快楽がある

大人になるということは、世間との帳尻を合わせるということだ。

しかし、彼は合わせない。

-いつも「変な」服を着ている。
-気に食わないことがあったら人目をはばからず罵倒する。
-中指をたてる。

しかし、彼は誰に対しても細かな気配りをする。

-誰よりも「人間」を見ている。
-傷つきやすく繊細。
-酔わないとしゃべれない。

豪胆、繊細、憤怒、気遣い、悲哀、混沌、そして、それを覆い隠せない未

もっとみる