みの編メンバー図鑑

10
ノート

コミュニティが好きなのにコミュ障!? “運営の神”が思うコミュニティの在り方

箕輪編集室には”神”と呼ばれるメンバーがいる。
“運営の神” こと運営チームの三浦俊平さん。

前編では、三浦さんが箕輪編集室に入ったきっかけや、”神”と呼ばれることとなったいきさつを伺いました。
後編は三浦さんの活動に対するご家族の理解や、箕輪編集室メンバーとしての今後の展望についてご紹介いたします。

*前編はこちら
「 “運営の神” が語る、『誰もやりたがらない面倒なこと』を続ける理由」

もっとみる

“運営の神”が語る、「誰もやりたがらない面倒なこと」を続ける理由

箕輪編集室には”神”と呼ばれるメンバーがいる。

“運営の神” こと三浦俊平さん。

三浦さんは運営チーム発足時からのメンバーで、800名ほどいるメンバーの入退会手続きをはじめ運営全般に関わるサポートをしてくださっています。
素早く、きめ細かな対応はまさに”神”レベル!

前編では、三浦さんの箕輪編集室入会のきっかけから “運営の神” と呼ばれるようになった由来などをご紹介します。

箕輪編集室入

もっとみる

楽しいことをやるのに年齢は関係ない! トムさん流「人の巻き込み方」

箕輪編集室メンバーが集えば、その場にいなくても話題にのぼる人がいます。
「トムさん」のニックネームで知られる村田敏也さん。
今年還暦を迎える彼はSNSを使いこなし、誰にでも声を掛けあっという間に打ち解ける。
フットワークの軽さは20代にも引けを取らず、頭の中は誰よりも柔軟で、すでにセカンドキャリアを自ら構築されています。

インタビュー後編では、箕輪さんを関西に呼ぶために初めてクラウドファンディン

もっとみる

人生の目標は「ナンパ力」と「理論と実践の往復旅行」で達成せよ!

箕輪編集室メンバーが集えば、その場にいなくても話題にのぼる人がいます。「トムさん」のニックネームで知られる村田敏也さん。

今年還暦を迎えるトムさんはSNSを使いこなし、誰にでも声を掛けあっという間に打ち解ける。フットワークの軽さは20代にも引けを取らず、頭の中は誰よりも柔軟で、すでにセカンドキャリアを自ら構築されています。

インタビュー前編では、ネットワーク、コミュニケーションの大切さとキャリ

もっとみる

みの編は“面白い”の原動力を体感できる場所。

箕輪編集室(以下みの編)発足初期から携わり、『死ぬこと以外かすり傷』の中でも綴られている、1000人規模イベント(プロジェクト名は「革命のファンファーレ1万部プロジェクト」)の総指揮を行った浅見裕(通称あざみっくす)さん。

このイベントがきっかけでイベントプロデュースチーム(以下イベプロ)がみの編に誕生し、現在もリーダーとして活躍している。

*前回の記事はこちら
「“人を巻き込む”ための最適解

もっとみる

“人を巻き込む”ための最適解はたった1つだ

「周りの人を巻き込む力はどうしたら身につけられるのか?」
これはプロジェクト・組織に属する、多くのビジネスパーソンが悩み続けている困難な課題の一つではないだろうか。

今回のメンバー図鑑では、そんな疑問をイベントプロデュースチーム(以下、イベプロ)リーダーで、箕輪編集室(以下みの編)の運営としても活躍する浅見裕(通称あざみっくす)さんに聞いた。

コンテンツ設計者という共通点

ーみの編に入ったき

もっとみる

箕輪編集室は私にとって仮説を試す実験場であり、遊び場

「これではPRとしての機能を果たせていない...」そう感じた約半年前。

もっとSNSを機能させられるんじゃないか、PRとしてできることがあるのではないか。

気がつけばチームがみるみるうちに活気にあふれ、結果を残し、どこよりも勢いのあるチームへと変貌していった。その裏側には何があったのか。第2回目はPRチーム改革の裏側、そしてこれからに迫ります。

*前回の記事はこちら

逆算思考と副音声

もっとみる

「ポジションを決め、エッジを立たせよ」自分の居場所は自分でつくる

「平部帝国」
あなたはこの言葉を聞いたことがあるだろうか。

「Twitterアカウント凍結しました!」
「みの編Instagram、フォロワー1万人超えました!」
「クラファン達成!!」
「ガヤれー!!」

帝国界隈では、こんな声が毎日Twitterのタイムラインを席巻している。
今や箕輪編集室で一番活発なチームといっても過言ではない平部帝国もといPRチーム。

2018年の夏頃からPRチームで

もっとみる

「チャンスは待っていてもこない」やりたいことを実現するためには

「チャンスは待っていてもこない」やりたいことを実現するためには「やりたいことは今やる」。「やろうと思ったら一生懸命やるので」。

彼女の言葉には、説得力がある。上辺だけには聞こえない。

彼女は10年の事務職を経て、未経験からライターに転向後、わずか1年半で雑誌編集長を務めた。しかも2児の母という顔を持つ。

後半では浜田綾さんのライターとしてのキャリア、家庭と仕事の両立、そして今後の仕事について

もっとみる

熱狂の渦に飲み込まれずにオンラインサロンを使い倒す

「2019年はさらにオンラインサロンを使い倒す!」と宣言しているメンバーがいる。元運営メンバーであり、ライターチームでは電子書籍の編集も務める浜田綾さん。

箕輪編集室と並行してこの春まで「前田デザイン室」の運営にも携わっており、その活躍は多くのサロンメンバーが知るところ。

地方在住で二児の母。時間や場所に制約されていると思える彼女が、いかにしてオンラインサロンを活用しているのか。

入会間もな

もっとみる