見出し画像

【日刊みの編NEWS】セーヌ川のほとりで 〇〇〇

おはようございます。遊びチームサブリーダーになってしまったコージ・ベルナール です。
4月18日(日)の日刊みの編NEWSをお伝えしします。


ひょんなことからサブリーダーになったの巻

3月某日。大国ミナカーミの王子ダイコン・フロリアーヌと会う機会がありました。そこで、フロリアーヌに「我が遊びチームサブリーダーにならないか?」と ”圧強め” に交渉されました。チームのリーダーであるプリンス・ミウラからも「ぜひ!やらないなんてことはないよね?」と ”圧強め” に声をかけていただいた。

私も「4月から忙しくなるしな・・・」と内心迷いましたが、せっかくの機会ですし、こういったことは今しかできないなと思いましてサブリーダーを引き受けました。

この時は、甘い考えを抱いていました。

「遊びチーム」、マジでやべぇ・・・


「遊びチーム」とても盛り上がり始めましたの巻


私がサブリーダーに就任後、遊びチームでは様々な企画が始動しました。

その中でも、目玉企画が雑誌『アソビランド』製作。

年末に雑誌を創刊することを目標に、箕輪さんが手掛けた雑誌『サウナランド』をTTP(徹底的にパクる)し、製作していく企画です。

過去の箕輪さんの箕輪編集室内での投稿や動画、ツイートなどを徹底的に研究し、ふざけた雑誌企画を遊びながら作りはじめてます。

せっかく箕輪編集室にいるんだから、と始めた企画ですが・・・

そう言えば、誰にも雑誌出していいか確認してないけど・・・

まあいいですよね。

あと、もちろん、年末発刊を目指してるけれども、まあ、ダメだったらダメでネタがひとつ増えるだけじゃないか。誰も痛い思いをするわけじゃない。この作るまでの過程をめっちゃ楽しもう!・・・

そんな開き直り精神も、肩の力が抜けた感じでいいのかもしれません。

まだまだ、着想段階なので,これからの参加ももちろんウェルカムです! いつでも参加してみてください。

あくまでも「遊び」なんですの巻


でも、このチームは、あくまでも「遊びチーム」。

この場所で遊び、一休みしたら『サウナランド』やみの校などで活動してみてほしいんです。

ここでは、味わうことが出来ない経験が、きっと出来ます。箕輪さんの原液に触れることが出来ます。人生観が変わる体験が出来ます。クリエイティブを体感出来ます。

「遊びチーム」で遊び楽しんで,ぜひ次のステップに踏み込んでみてほしいです。

今だとWEBメディアに携われるチャンスがあります。ぜひぜひチャレンジしてみてください。日常では出来ないことをこの場所でやるといいのかなと思います。ぜひ!


なんか、ゆるくて入りやすいしチャレンジしやすい環境を目指すの巻


「遊びチーム」のミッションは「乗り遅れた人たちを最終バスに無理やりにでも乗っける」だと考えてます。

箕輪編集室に入ってくる人って「何かしたい!」方や「自分を変えたい」方など、何かしら動機があって入ってくる方が多いのかなと思います。

でも、なかなか初心者には取っ付きにくかったり、尻込みしてしまったり・・・

入ったときの燃えるようなヤル気やテンションもどんどん下がり、なんとなく外から見てるだけ、になってしまう。

そんな人たちを後ろから、最終バスに乗っけてなんとか本体の流れに乗っかっていってほしい。しかもこの最終バス、なんかどんちゃん騒ぎでめっちゃ楽しい!!!

そうなったら最高ですね! みんなで、そんなチームを作っていけたらいいなぁと妄想しています。

いつの日か「自分のホームは遊びチームでした!」というメンバーが、本体のさまざまな企画やプロジェクトの中心メンバーとしてガツガツ動いてる・・・ なんて日を夢見て。

これからもふざけてまいりますw

・・・おっといけない。

このあと、ワイフとザギンでショッピングでした。

それでは! バーイセンキュー。

***

テキスト / こーじ

***

公式 ツイッター
公式 インスタグラム

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/