関西リーダー1on1のススメ 【夕刊ミノ】関西チーム
見出し画像

関西リーダー1on1のススメ 【夕刊ミノ】関西チーム

こんばんは。箕輪編集室(以下、みの編)関西チームのゲンダです。
2月25日の夕刊ミノをお届けします。

2月14日(土)に関西チームリーダーのまりりんと1on1(1対1のZoom)を実施しました。その内容を紹介します。

1.関西のチームリーダー

関西チームは、2月1日からリーダーが交代し体制が変わりました。
新リーダーはまりりん、サブリーダーはすらいむくん、アドバイザーには前リーダーのゆーじろーくんが就任しました。

まりりんは、昨年4月にみの編へ入会後、とてもアクティブに活動を行ってきました。公式Twitterの運用や雑誌『サウナランド』製作にライターとして参加するなどの行動力に加え、持ち前の明るさとみんなを巻き込む力を生かすべく“6代目関西チームリーダー就任”となりました。

2.陰で支えるリーダー

僕は、最近ブログを書くようになり“ライティングスキル”を磨きたくて今月みの編に再入会しました。しばらく離れていたこともあり、みの編の雰囲気も変わっていることや、前回入会していた際には関西チームであまり活動しておらず少し不安がありました。

今回の1on1でまりりんは、こんな不安な状態で出戻りした僕を心地よく受け入れてくれました。あっという間に時間が過ぎたと感じるほど、話していてとても楽しかったです。
なぜかと考えると、「なんでも受け入れる懐の深さがあるからだ!」と感じました。「自分はガンガン前に出るのではなく、陰でみんなの活動を支えるポジションだと思っている」とまりりんは語っていました。

3.ノリと勢い

今回の再入会で、ライターチームと関西チームで活動していこうと思っていることを話しました。ライティングスキルを上げるために公式noteを100本書くことを目標にし、各チームで参加したイベントについてどんどん夕刊ミノを書いています。

また、ライターチームの「文章の寺子屋」というプロライターさんが添削してくれる企画にもすぐに手を挙げました。
どのようなフィードバックをいただけるか楽しみで仕方ありません。

お話ししていく中で、自分で企画したいイベントがあることを伝えました。
企画自体まだ「フワフワ」しており、「誰得やねん」、「完全に自己満やないか」と思われてもおかしくない企画を否定することなく受け入れてくれました。まりりんは“とにかくやろう精神”が強くてめちゃくちゃノリがよかったです。

勢いそのままにやってしまおうと思います。
ブレーキ役はリーダーにお任せして、僕は関西チームを盛り上げることに熱狂しよう決意しました。

4.1on1のススメ

関西チーム入ったけれど、何をしていいか分からない方は、まず「1on1」から始めることをおすすめします。
リーダー、サブリーダー、アドバイザー、メンバーと交流を深め関西チームを知って楽しみましょう。

リーダーありがとうございました。

テキスト/ゲンダ
編集/まりりん
   かめ
   清水えまい
バナー/荒木和憲
校正/ちゃんすけ

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/