群馬

地方だからこそできることがある!【夕刊ミノ】関東チーム

こんばんは。箕輪編集室関東チームの神崎です。10月2日(水)の夕刊ミノをお届けします。

9月22日(日)に関東チームで「群馬の大自然を堪能しようツアー」が行われました。東京から少し離れた関東チームメンバーの箕輪編集室への熱い想いをお伝えします。

関東チームだけど地方である現状

箕輪編集室には、北海道から沖縄まで各地方にエリアチームがあります。各チームでさまざまなオフラインイベントが行われており、それをきっかけに箕輪編集室への「熱狂」が始まる人も多いようです。

関東チームもその一つ。関東チームは他のチームより人数も多く、さまざまなイベントが都内で行われています。

ところが、東京、神奈川、千葉、埼玉の人たちとは異なり、僕の住む群馬県を筆頭に都内のイベントには距離が離れていて参加しにくい状況です。同じように「関東チームだけど地方」に住む人も多いのではないでしょうか。 僕も最初は受け身でいて、そういう人たちが参加できるイベントを作ってくれないのかな、なんて思ってました。

そんな中、しばらくして考えが変わってきました。

「ないなら作っちゃえばいいか!」

そう思い立ち、関東チーム内に「北関東盛り上げ隊」というスレッドを立てて仲間を募集しました。

しかし、なかなか人が集まりません。「北関東俺たちに何があるのかZOOM」という自虐的なZoom(オンラインでセミナーやミーティングを行うアプリ)を行い人を集め、いよいよオフラインイベントを開催しようということになりました。

ところが、今度は日程と距離、場所がまったくかみ合わずなかなか実現できなかったのです。わーっと盛り上げていくつもりが熱狂どころか火種がくすぶることもなく、心も折れかかりました。やっぱ地方はダメなのか。そんな不安な気持ちになりました。


たくさんの「好き」を接続したい

僕は住んでいる群馬県みなかみ町が大好きで、この土地の魅力を多くの人に知ってもらいたいです。そのために必要な学びは、この箕輪編集室にありました。

その中で打ち立てたのが、今回の「群馬の大自然を堪能しようツアー」。企画段階では賛同者はなく、一人だけでやってみるしかありませんでした。

この土地の魅力が最大限伝わるように、自分で見て、地元の人に聞いて、感じて。とにかく町内あちこちへ行きました。そして「これぞ!」と思う厳選したコンテンツを揃えることができたのです。

さらに僕の中で欠かせなかったのが、大好きな「地元の人たち」でした。 僕の好きな箕輪編集室の仲間を、大好きなこの土地の人たちと繋いでみたい。そこから生まれる「大好き」を体感したい。

それを考えていたときに手を差し伸べてくれたのがまるちゃんでした。


「好き」を繋いだ、まるちゃんという接着剤

まるちゃんは現在、箕輪さんの愛車であるトゥクトゥク(通称:ミノトゥク)で日本一周をしています。そのまるちゃんが群馬にも来てくれることになったのです。箕輪編集室と地元をまるちゃんに接着剤になってもらい繋いでみよう。僕の中でさまざまなパズルがハマっていきました。

地元の交流スペースをお借りし、全てを地元の食材で揃えたBBQ交流会を企画。このツアーに参加してくれる箕輪編集室メンバーはもちろん、地元の人にも参加してもらいました。

この「箕輪編集室×地元の人たち」という掛け算は、違うカルチャーで生きる者同士なのでうまくいかないリスクもあったけれど、結果は大成功!

ミノトゥクに乗って帰ってきた地元の皆さんの笑顔がキラキラしていて、見ているこちらが幸せな気持ちになりました。

そして、BBQや泊めていただいた農家さんのお宅の囲炉裏を囲みながらの談笑風景など、やりたかったことがそのまま目の前にありちょっと泣きそうに。 まるちゃんのおかげで、僕の好きと好きが繋がった1日でした。

画像1

撮影/神崎ケンイチ


とにかく小さくても一歩踏み出す

地方にいると「近く」の仲間が少ないし、東京で行われるイベントに参加するには少し遠い。箕輪編集室ではオフラインのイベントも沢山あってみんな楽しそうなのに、なかなか参加できずにいると心の距離が遠ざかりがちです。

そういう人にこそ、ぜひ知ってほしいことがあります。箕輪編集室は騒げば誰かがキャッチしてくれる。そして、「やりたい!」という気持ちを決して無駄にしない仲間が揃っています。

今回の群馬イベントも規模は決して大きくはありません。でも、そこでたくさんの「好き」が合わさって、「大好き」の一歩を踏み出せたような気がしています。

そして、箕輪編集室で何かをやってみたいけれどどうしても自分から動くことに尻込みしてる人でも、「このイベントなら参加してみたいな」と思ってもらいたい。そんなささやかだけど温かいイベントを打ち立てて、これからも関東チームの端っこで声高に叫び続けたいと思います!

最後に一つ。北関東盛り上げ隊、現在絶賛メンバー募集中です。北関東に住んでいなくてももちろん大丈夫。周りに箕輪編集室の人がいないと寂しい思いをしてるあなたとあなたと、みんなが繋がれる場所になれたらいいと思ってます!


テキスト・撮影/神崎ケンイチ
編集/山口祥平
バナー/河地真里

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。