【日刊みの編NEWS】SASSENの魅力 侍の駆け引きをあなたも体験しよう!
見出し画像

【日刊みの編NEWS】SASSENの魅力 侍の駆け引きをあなたも体験しよう!

おはようございます、イベントプロデュースチームサブリーダーの和弘です。1月31日(日)の日刊みの編NEWSをお届けします。

2021年を迎えて早くも1カ月、皆さんどのようにお過ごしでしょうか?私は、感染症対策をしながらSASSENやHADOと言った新スポーツを楽しんでいます!

今回はそんなSASSENの魅力についての日刊です!
(「イベプロまたSASSENかよ!」と言う声が聞こえる気がしますがご容赦ください!)

【新感覚チャンバラSASSENとは!?】

画像1

SASSENとはIT技術と侍体験が融合した新感覚チャンバラです!
巷では、ももクロ(ももいろクローバーZ)が番組内の企画でSASSENを体験するなど密かに熱が高まっています!

また箕輪編集室でも12月、1月にイベントに参加、忘年会1部での開催など熱狂を生み出しつつあります!
(12月体験会の様子はこちらの記事をご覧ください)

画像2

(画像提供:SASSEN公認アンバサダー 古田優さん)

以下、SASSENを体験したイベプロリーダーズと参加したメンバーが感じたSASSENの魅力をお届けします!

もえか
みなさんこんにちは イベントプロデュースチームサブリーダーのもえかです。
私は12月に初めて1日SASSEN体験会に参加しました。

学生じゃなくなると、と言いますか、みなさんも同じだと思いますがある程度の年齢に行くと体を動かして本気で遊べる機会や場所が一気に減りますよね。

その点SASSENは手軽に本気で遊べるスポーツだなと感じました。

基本裸足でマット上をSASSEN刀を持ちながら動き回る。そして、相手の首から下に早く当てたら勝ちという簡単なルールです。

これまで棒系をもって遊んだこともなく、この時が本当に初めての経験でしたが、初めにSASSEN刀の握り方から動き方まで丁寧に教えてくださったので初心者の私でもすぐコツをつかむことができました。

その日の集大成として個人トーナメント戦を行ったときは、とても調子が良かったのか、初参加の超初心者なのに3位に入賞することができました。
みなさんコツは刀を早く振ることですよ笑
本当の初心者でも経験者に勝てる可能性があるのもSASSENの魅力の1つだと実感できました。

みなさんもぜひお時間合えばSASSENで本気の遊びをしてほしいです!

かずや
こんにちは。チームリーダーのかずやです。

昨年、かずひろに誘われてSASSENとHADOのコラボ大会に出場しました。僕ももえかちゃんと同じく棒系を持って遊んだことがありませんでした。

司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読み、坂本龍馬に憧れて北辰一刀流の剣術道場に通おうとしましたが、廃刀令が出てるし銃刀法もあるから日常生活で帯刀するのは難しいと思って諦め、極真空手を始めました。社会人になりたての、22歳の夏のことです。

当時SASSENがあったら、間違いなく僕はSASSENをやっていたことでしょう。礼で始まり礼で終わるSASSEN。街で起きる喧嘩から国と国とのいざこざまで、みんなSASSENで白黒つければ平和的な解決ができると思います。柔らかいからそんなに痛くないし。

かずひろが、今後も体験会など色々と企画してくれると思います。皆さまもぜひ一度遊んでみてください。

千歳さん
初めてでも丁寧に教えてもらえるし、ルールがシンプルでわかりやすいです。
普段、キックボクシングで試合をしてるのですが、間合いが全然違って面白かったです。
子供とも大人とも、お互いの年齢や体力に合わせて一緒に楽しめました♪
またやりたいです!


【まとめ】

SASSENは初参加や年齢、性別に関係なく誰でも手軽に始められて楽しめるスポーツです!

イベプロでは2月体験会も予定してますので、SASSENに興味を持った方一緒にSASSENを体験しに行きましょう!笑

***

テキスト / 和弘

***

公式 Twitter
公式 Instagram

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/