日刊みの編新バナー

【日刊みの編NEWS】自分自身の変革のために箕輪編集室を使い倒そう

おはようございます、箕輪編集室運営担当の三浦俊平です。1月7日(月)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

今日から本格的に「年始の仕事始め」という方もたくさんいらっしゃるかと思います。

みなさん年始に気持ちを新たにして、仕事もプライベートも充実した一年にしたいという意気込みをお持ちだと思うので、今日はそのあたりについて少し書いてみたいと思います。

自分を変革する3つの方法

以前も日刊のコラムで取り扱ったことがあるのですが、新年ということであらためて、経営コンサルタントの大前研一さんが提唱している「自分を変革する3つの方法」をご紹介したいと思います。


大前さんが、自分を変革するために使っている方法

 ・時間配分を変えること。
 ・住む場所を変えること。
 ・付き合う人を変えること。

の3つです。

シンプルですが「なるほど」と思わされることも多く、私も毎年新年になるとこのプレジデントオンラインのエントリを読み直して、気持ちを新たにしています。

既になにかしらの「新年の目標」を立てている方はもちろんのこと、「まだ考えてないや」という方もぜひ読んでみていただければと思います。


時間配分を変える

自分を変革するには、まとまった時間を確保する必要があります。

当たり前のことではあるのですが、「新年の目標を立てて行動を始めてみたはいいものの、いつの間にか普段通りの時間の使い方(去年と同じ)に戻ってしまった」という人が多いのも事実。

自分自身のことを振り返ってみると、「目指すべき理想の姿」「そこに至るまでに必要な努力の量」「達成のための時間配分」この3つの関係性が不明確な状態だとこうなりがちです。

まず大切なのは、「現在の自分自身がどういう状態なのか」という現状把握です。自分には何ができて、何ができないのか。客観的に自分を見つめなおして、いま自分の立っている位置をしっかり把握する必要があります。※これを私は「自分自身の棚卸し」と呼んでいます。

この自己分析に加えて、「自分自身をどう変えたいのか(目標)」がイメージできていれば、「何をすべきか(努力)」も自然と導き出されます。

式で表すとこんな感じですね。

目標=現状+努力

何をすべきかというタスク(努力すべきこと)を明確にしたうえで、現在から目標達成期限までの時間軸上にそれを展開すると、この1年・半年・3か月・1か月のスパンで「どんな時間の使い方をすればよいのか」「どんなことに時間を使うべきか」が明確になります。

年始ということで、ちょうどいい区切りの時期です。去年まで時間の使い方を見直し、「目標に向かうため」にどのように行動すべきなのか、「一日の生活における時間配分」を意識的に変えてみましょう。

住む場所を変える

私のような家族持ちの場合、自分の一存では決めきれないのでちょっともやもやするのがこの2番目の方法です。

簡単には住む場所を変えることができないという制約もあるので、私の中では「旅をする」というのも「住む場所を変える」と同義として取り扱ってよいのではないかと考えています。

知らない土地に行って普段とは違う環境に身を置き、その土地の文化に触れることで、視点が変わります。日ごろ当たり前だと思っていたことが、実はそうでなかったことに気づかされることもたくさんあります。
※海外に行くと特にそれが顕著ではないかと思います。

旅先では、思わぬトラブルに出くわし「人間力が鍛えられる機会」もあるでしょうし、運命的な出会いもあるでしょう。”非日常の日々”を過ごすことで、改めて日常生活の良さを再認識し、普段の生活に新鮮な気持ちで向き合うこともできる。

「住む場所を変える」ほどダイナミックな効果はないかもしれませんが、私個人としては、旅も選択肢としてありかなと思います。

旅すらおっくうなら、通勤・通学ルートを変えてみるのもありですし、それすら面倒だったら、いつもの通勤・通学ルートで視点を変えて歩いてみるというのもあります。

例えば、私の職場は東京の御徒町というところにあります。毎日隣の上野駅で降りて、アメ横という大きな商店街を通って会社に行っています。毎日違う路地を通ってどんな店があるのかを観察したり、目線を上にあげて看板や広告、ビルの上階の様子を見ながら歩くといろいろな気づきがあります。

ちょっとした工夫で日常にアクセントをつけることができますし、そこから面白い発見をすることもありますよ。

付き合う人を変える

会社と自宅を往復するような生活を送っていると、家族や友人・職場の人くらいしか会話する相手がいません。気の合う仲間との付き合いは気楽でよいですが、そこから新たな発見や刺激を得ることはなかなか難しいのではないでしょうか。

自分を変革しようと考えているのであれば、そういった日常生活の輪から一歩踏み出して、新たな人との付き合いを生活に取り入れる必要があります。

方法論として、前段で取り扱った「住む場所を変える」という方法や「会社を変えることで付き合う人を強制的に変える」といった方法もあるでしょうが、いずれも頻繁にできるものではないですよね。

幸いなことに、ここ数年の間にSNSが爆発的に普及し、人と人とがつながるための障壁(コスト・手間・時間)が格段に下がりました。

「Twitterで知り合った人とお茶をしてみる」とか、「yentaのようなビジネスマッチング系アプリで人とつながってみる」などといった方法でm新たな人間関係を構築しているひともいらっしゃるのではないでしょうか。

日常生活に刺激がない、知的好奇心をくすぐるような機会が少ないという方は「付き合う人を変える」というのを意識的に取り入れることをおすすめします。


箕輪編集室なら全部かないます

ここまでの文章の展開をご覧になって、皆さんピンときているかと思いますが、「時間配分を変えること」「住む場所を変えること(旅をすること・違う文化に触れること)」「付き合う人を変えること」のいずれも、オンラインサロンに参加することで実現できるんですよね。

たとえば、箕輪編集室でのケースをご紹介すると

ケース1
会社から残業禁止を言い渡され、定時後の時間を持て余していた人が箕輪編集室に入って居場所を見つけ、人生における大きな転換期を迎えた。
ケース2
サロンメンバーとの交流がきっかけで東京・名古屋・大阪を行き来する生活をはじめ、様々な人と交流する中で自身のやるべきことを見出した。
ケース3
家族や会社とは違う第三の場所で「自分と価値観の合う仲間」と出会い、お互いに刺激しあうことで、日常の生活にもハリがでた。

変化の大小はあるにせよ、昨年一年間だけでもこういった形で「自身を変革すること」に成功したケースを何度も目の当たりにしてきました。

箕輪編集室に参加済みの方は、すでに変革のためのチケットをお持ちの状態です。ぜひ「箕輪編集室を日本一使い倒してやる!」という意気込みで今年一年を過ごしてみてください。

また、「自分自身を変革したいけれど、どのようにしたらいいかわからない」という方は、まずは箕輪編集室に参加することを選択肢の一つとして考えてみてください。

箕輪編集室を活用することで、「時間配分を変えること」「住む場所を変えること」「付き合う人を変えること」の効能を実感できるのではないかと思います。

箕輪編集室にかかわる皆様にとって、今年一年が良い年となりますことを祈念して、新年最初のコラムを締めさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーー
■昨日 1/6(日)のみの編
―――――――――――――

コミュニティデザインチームでは、新年1発目のコミュデザラボ 「コミュニティにおけるリーダー論」研究のZoomが行われました。コミュデザラボはいくつかの班に分かれてコミュニティの研究を行っているグループです。毎月1~5日にメンバー募集を行っていますので、気になる方は来月の募集をチェックしてくださいね!

元日に立てられた「2019年の目標スレッド」に箕輪編集室メンバーの様々な目標が書き込まれています。箕輪さんがコメント欄から選んだ方に、アルマーニのリュックをプレゼントすると宣言。選ばれたのは、平井裕也さんでした。2019年それぞれの目標に向かって、みんなで進んでいきましょう!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
1/7(月)[学生チーム]新入生PJ 第二回MTG@ZOOM
1/7(月)-10(木)[PRチーム]迎春ZOOM新年会、連続開催
1/8(火)[関東フットサル部]新春初蹴り 第23回フットサル会
1/9(水)[関西チーム]『ナイトカバンスクープ』(仮)ZOOM
1/10(木)[キャリアデザインチーム]人生を変えるガチキャリア講座
1/13(日)
[みの邸チーム]
みの邸の未来をみんなで考えようPPM分析ワークショップ
[エンジニアチームTPG]放課後クロスステッチ@みの邸
[中部チーム]『メモの魔力』読書会in三重
1/14(月)[リリプリ]リリプリ新年会
1/19(土)[ライターチーム]初のリアルかちゃかちゃ夜会@みの邸
1/20(日)
[デザインチーム]ここからはじめる グラレコワークショップ
[沖縄チーム]祝!沖縄チーム発足記念新年会
[中部チーム]名古屋においでよ、あっちゃん歓迎会!
1/22(火)[PRチーム]Instagramみの編公式中の人が教える投稿の作り方
1/27(日)[関西・フットサル部]第二回フットサル会
1/28(月)*#みのエモ 11月・12月・1月新入会員と箕輪さんの飲み会!
2/2(土)[九州チーム]九州チーム新年会
2/3(日)[中部チーム]大井川鉄道の旅!

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/三浦 俊平
編集/柴山 由香
昨日のみの編/荻原 茜

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 944本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。