見出し画像

自己を見つめ、他者を想う 見城徹著『読書という荒野』 #熱狂書評

発売直後からTwitterのタイムラインに溢れかえる『読書という荒野』の「熱狂書評」。箕輪編集室メンバーはもちろん、それ以外の方々も「#熱狂書評」をつけて自身の思いを呟いてくれています。

そもそもなぜ発売して間もないのに、ここまで書評が集まるのでしょうか。

その秘密は、箕輪書店にあります。

本日の「日刊みの編NEWS」で話題となった、箕輪書店。箕輪さんが読みたい!と思った本を買って売る仕組みで、すでに東京のみの編イベントでは『読書という荒野』の販売を行っています。

今後も『若手力』など箕輪編集室主催のイベントに箕輪書店が出店。また、BASEでの販売も行う予定です。

このツイートにある通り、ゆくゆくは店舗での販売も可能になりそうです。

そんな箕輪書店でいち早く『読書という荒野』を入手した人たちが、いち早く読み、そしていち早く書評を書いているのです。

「一般発売前に買う」という情熱が、本を繰る手を急かし、そしてその情熱がそのまま書評へと伝播するのです。それが「熱狂書評」の本質。

本日は、そんな箕輪書店でいち早く本を入手した箕輪編集室メンバーの書評を紹介します。「熱狂書評」プロジェクトリーダー清水翔太の書評です。

ーーーーーー

「読書」は自己と他者の境界線

深く息を吸い、ゆっくり息を吐く。
そして頭の中をぐるぐると巡る雑念を拭い、目の前の書籍と向き合う。

前作の『たった一人の熱狂』を読んでから、一日のはじめに「死」を意識するようになった。朝の光で照射された残りの人生は、確かに「死」に向かって伸びているようだ。

そんな明らかに限りある時間の中で、「読書」は人々の中でどのように位置づけられるのだろうか。日頃のストレスから解放される娯楽か、それとも教養を深化させるためのツールか。

現実世界と戦う自己を確立する

その答えに正解はないが、見城徹さんは私の想像の及ばないような位置付けをしている。

思えば僕が熱心に読むのは、何らかの困難に陥ったときだ。鶏が先か、卵が先かわからないように、困難を経験したから読書をするのか、読書をするから困難を乗り切れるのかわからないが、読書・困難・読書・困難というサイクルが人生においてずっと続いてきた。だから、困難と読書は不可分の関係にある。

発売直後、熱狂的な盛り上がりを見せる『読書という荒野』の中で、見城さんはそのように語っている。

「困難に陥ったとき」に本を読むとは、一体どういう意味なのだろうか。

読書というのは、むしろ現実世界から遠ざかる行為だと思っていた。困難な状況を目の前に、「現実逃避」だなどと言う人もなかにはいるかもしれない。

見城さんはさらに下記のように続ける。

孤独と不安を読書によって埋めようとしていた。困難に陥ったときには、人は藁にもすがろうとする。そのときに心のよすがをどこから得るかといえば、やはり読書しかない。

孤独と不安を読書によって埋める。それは、一見逆効果にさえ思える。「孤独」や「不安」は、読書という行為による外界との乖離で、余計に大きくなるのではないか。私は、見城さんがそう言い切る理由を必死に探した。

すると、序盤にこのような文章が記述されていた。

本を読めば、自分の人生が生ぬるく感じるほど、過酷な環境で戦う登場人物に出会える。そのなかで我が身を振り返り、きちんと自己検証、自己嫌悪、自己否定を繰り返すことができる。読書を通じ、情けない自分と向き合ってこそ、現実世界で戦う自己を確立できるのだ。

「文章を読む」という行為からは想像もできない、精神の所業。言葉の中に溺れ、物語の奥底まで入り込み、現実からは完璧に閉ざされた別世界で登場人物と対峙する。

目の前の人物は鏡のように、読者である自分を映し出す。自己検証、自己嫌悪、自己否定の視点から見る自分は、ただただ情けない。

そんな自分と正面から向き合うことで、「現実世界で戦う自己を確立」する。到底、現実逃避などではない。目を背けていた現実に、勇敢にも向き直る。

他者への想像力を磨く

では、「自己を確立」することで、完全に現実と対峙できるのだろうか。「現実世界で戦う」とは、確立した自己をもって、自分を困難に陥れた環境や他者に抗うことなのだろうか。

ここにもう一つの視点がある。

読書をすることは、実生活では経験できない「別の世界」の経験をし、他者への想像力を磨くことを意味する。

自己に厳しい視線を投げかける一方で、他者を本質的に理解する「想像力」を養う。自己を確立し、他人を理解する。ここが完成して、はじめて現実世界と戦うことができる。困難な状況から脱却する道筋が見える。

現実世界では困難な状況に陥ると、問題の本質が覆われ、自己の問題は他者の問題にすり替わり、他者の問題は自己の問題にすり替わる。自己と他者の境界線が曖昧になる。そこに境界線を引くのが「読書」なのかもしれない。

きっと、その境界線は自らを真っ二つに切るような痛みを伴う。だから「読書」には血が伴う。それを覚悟した者にしか、本当の「読書」はできないのかもしれない。

だがそれを越えたところに、薄っすらと道しるべが見える。

一心不乱に本を読み、自分の情念に耳を澄ます時期は、必ず自分の財産になる。

「読書」は必ず財産になる。

向き合う事象が抱える真理は、きっと「読書」をした者にしか分からない。見渡す限り果てのない荒野にあるたった一つの真実を探す旅、それが「読書」なのかもしれない。

そのように綺麗に結論づけてしまいたいが、まだまだ分からない。私には「読書」が分からない。

見城さんの綴る文を読みながら仮説を立てては、その裏付けになる記述をさがす。それを繰り返し、最後のページを繰るが、消化し切れないところはある。

そうか、もしかしたら荒野にでも迷いこんだのかもしれない。

ほんの少しの間、目を閉じて横にでもなろう。手にした幾つかのヒントを思い浮かべ、あれこれ考えながら、荒野の真ん中に横たわろう。

清水 翔太
ーーーーーー

本の中に潜ることで、自分を見つめ、他人を想う。会社や学校では教わらない、困難への解決策。『読書という荒野』は、そんな人生の種を読者の心にそっと植えます。しかしその種は、そのままでは育たない。考えて、考えて、考え抜いてやっと花開く。

箕輪書店では、そういった人生の指針になるような書籍を、箕輪さんが厳選して販売します。そして、箕輪編集室公式noteでは読了後の冷めない熱を、「熱狂書評」としてそのまま未来の読者に伝えていきます。

引き続き、まだまだ募集しています。ぜひ「#熱狂書評」をつけて呟いてみてください!

***

テキスト 清水翔太
編集 篠原舞

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

この記事が入っているマガジン

熱狂書評
熱狂書評
  • 18本

箕輪書店(※)でいち早く入手した本や、メンバーが熱狂した本にに没入する。そして読後は、誰よりも熱狂的で質の高い書評を、自分の言葉で、ときに自身の経験になぞらえて書く。そうして出来上がった温度の高い書評を熱を保ったまま記事の中で紹介していくのが、この企画です。 ※箕輪書店:箕輪さんが「ほしい!」と思った本を買い取り、販売するかたちの書店

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。