インスタの中の人

インスタの中の人が歩む、死ぬカスパイセンへの道!【夕刊ミノ】PRチーム

こんばんは。箕輪編集室PRチームのごあきと、いとりんです。9月19日(木)の夕刊ミノをお届けします。

6月から箕輪編集室公式Instagramの運用チームとして活動しているごあきと、いとりん「死ぬカスパイセン」としての成長をふり返りました。

※死ぬカスパイセン・・・箕輪編集室公式Instagramの立ち位置。フォロワーに対し、中の人がどういうスタンスで関わるのかを表した造語。
箕輪厚介の著書『死ぬこと以外かすり傷』略して「死ぬカス」の精神を身につけた人生の先輩。


箕輪編集室に入ったきっかけ

ごあき:私は書店員なので、箕輪厚介さんのお名前は知ってたんです。箕輪さんが編集している幻冬舎NewsPicks Bookのフェアを展開するための拡材をあけたら箕輪さんから書店員宛てにコピー用紙2枚の手書きメッセージが入ってて。

いとりん:手書きの!?

ごあき:そう、手書き。まわりの他のジャンル担当スタッフにも見せました。「見て見て」って(笑) 「箕輪書店だより」を申し込んで、送られてきた内容の濃さに驚き前田裕二さん「メモの魔力」をツイッター、インスタで盛り上げてみんなで売るワクワク感を知り、4月1日に入会しました。


いとりん:さすが、書店員さんのきっかけだなぁ。私は元々キングコング西野亮廣さんのオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」に入ってて、そこから「箕輪編集室」の存在を知ったんです。「メモの魔力」を購入してさらに興味がわいて…。表紙にもタイトルにもやられた!

で、箕輪編集室の公式Twitterとか関係してそうな人をいろいろフォローした結果、2月にとりあえず1か月だけ入ってみようかな、と。

ごあき:それでもう、半年(笑)

いとりん:まんまと(笑)


公式Instagramの中の人に応募した理由

ごあき:Facebookを始めたのは去年の終わりごろ、出版社からHUFFPOSTでブログを書く依頼を受けたのがきっかけです。Twitterはお店の新刊紹介用、Instagramは買う服を選ぶため。

いとりん:私もFacebookだけで。

ごあきInstagramの中の人は週に1回ペースで、私にもできるかな、と思いました。

いとりんうん、ペースは大事! 2月にあったSNSの中の人募集時には応募しなかったんです。その後は時々zoomに参加したり、「午後の紅茶」のイベントでTwitterでの拡散に参加したり。

ごあきいとりん、午後ティー参加してたんだね! イベントの時はすごいよね! 私もLINEの時はびっくりしたけど。

いとりん:会場にいないのに、なんか参加してる気になっちゃうもんねー! で、もっと関わりたくなってきたんです。Instagramを選んだのは、「死ぬこと以外かすり傷」を使ってるから。1回読んだだけになっちゃって。

ごあき:あるある!

いとりん:すっごく(笑) で、この本の中身にくりかえし触れることで、自分のものにできるんじゃないかなー、と。とどめはきったんさんの、「いとりんと活動したい」の一言!

ごあききったんさんにそんなこといわれたら、やるしかないねー!


支えてくれる優しいメンバー

ごあき:PRチームリーダーのゆうさんも、Instagramチーム前リーダーのコンダさんも、先輩のきったんさんも、本当に辛抱強く、手取り足取り教えてくださって、本当にありがたかった!

いとりんごあきさん、慣れないアプリで苦労してたもんね。

ごあききったんさんはメッセンジャーでも、zoomでもTwitterでも、アドバイスをくださいました。そしてゆうさんのキングオブコメント!

「いとり〜ん教えて…」っていうのをいつもやっています。同期だからいとりん、とか呼んでいますが、リーダーいとりんのおかげでできることも増えました。いつもありがとうございます。

いとりん:リーダー、こっぱずかしい…。本当に、先輩方のフォローがありがたいです。ゆうさんはアドバイスの一つ一つが本質的な濃い内容だし、きったんさんはやわらかいんだけど素早くて冷静で。コンダさんは細かいアドバイスやフォローをたくさんしてくださいました。


これまでの成果

ごあき:最初の投稿は、夜中までコンダさんがみてくださって、アドバイスをいただきました。リーダーのおかげでストーリーズやコメントへの返信も楽しくなってきました。

いとりん:私は文章のほうで悩むことが多かったんです。自分が言いたいことを考えてるのに、いざ文章を作ろうとすると、いつの間にかちぐはぐになって、なにが言いたいかわからない文章になってることがよくあって…。

ごあき:写真の雰囲気と合わせるの難しいしね。

いとりん:素材は山のようにあるはずなのに! でもやっていくうちに文章を作るスピードは、少しずつ速くなってきたと思います。あと、ストーリーズを全く使ったことがなかったけど、やってみると面白くて! レイアウトや、2つ以上のスライドの繋がりとか、もっといろいろ試していきたいです。

ごあき:今やいとりん神ストーリーズ連発!


あと1か月の目標は?

ごあきInstagramはもちろん、ストーリーやマーケティング、セールスライティングとチームの中で広がり続ける世界を吸収して、箕輪編集室を広めていきたいです。

いとりん:私は9月からリーダーになったので、自分にあるものを渡しつつ、他のメンバーからもよい影響をしっかり受けたいです。

いとりん:もうすぐ4カ月の任期も終っちゃうと思うとなんだか感慨深いな…。でもその前に、中の人の投稿テクニックチラ見せイベントがあったり、さらに10月メンバーの募集もあったり!

いとりん:楽しくて卒業したくなくなっちゃいそうだ(笑) まだまだよろしくねー、ごあきさん!

ごあき:こちらこそ! 「死ぬこと以外かすり傷」精神で走り抜けましょー!


テキスト/糸島りかAkiko Wada
編集/池田悠真
バナー/松儀愛侑

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメント (1)
最高に面白い!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。