見出し画像

【日刊みの編NEWS】運営チームを卒業します!これからみの編でやりたいこと

おはようございます、箕輪編集室運営の浜田です。12月30日(日)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

年末ですね、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
個人的な話になって申し訳ないのですが、年内で箕輪編集室の運営チームを卒業します。今でこそ「運営チーム」という比較的目立つ位置にいさせてもらっている私ですが、迷いながら手探りで活動してきました。今日はそんな私の経験談をシェアさせてください。

去年の年末は「ただいる」だけだった。

私は去年の7月にみの編に入って、去年の年末はただなんとなく在籍してました。コミュニティでのあり方は自由ですから、ただ在籍しているのだってもちろんありです。
でも、私はそもそも編集のことを知りたくて箕輪編集室に入ったはずなのに、1つプロジェクトを終わったらそこで止まっていました。1年前の私は、本当は何かがやりたいのに踏み出す勇気がなかったんです。そればかりか環境のせいにしてることが多かった。そんな私を変えてくれたのは、箕輪編集室で出会ったメンバーでした。

地方に居場所ができた

「地方だとつまらない!」正直そう思ってた時、イベント企画して関西みの編メンバーの居場所を作ってくれたのは、初代関西チームリーダーで運営チームの(村田)トムさんです。

(昨年のイベント「京都修学旅行」での写真)

トムさんの情熱はすごくて、その後、自己紹介スレッドに関西エリアの人の書き込みがあるやいなや全員に声をかけて仲間を集め、その熱意がみの編初のエリアチーム「関西チーム」を生みました。もう地方だから楽しめないっていう理由はなくなりました。

運営チームに入った

同じ頃、みの編には「運営チーム」ができました。柴山さんが声をかけてくれたことを今でも覚えています。
その時フリーランスになって3年目、自分の仕事の足元を固める時期だと感じていたから、コミュニティ運営をやるパワーがあるのか不安でした。
ただ柴山さんのことは運営に入る以前から少し知っていて、聡明でとにかく行動が早くて「この人すごい」と感じていました。そんな彼女に誘われたのだから、この話は受けた方がいい気がして、よくわからないけど運営チームに入ることにしました。

できた頃の運営チームは、ちょうどみの編拡大期。もう思い出せないくらいいろんなことがありました。表立った稼働は他の運営メンバーにお任せすることが多かったのだけど、何かが起きるたびどうすればいいか?とにかくたくさんメッセンジャーでやりとりしました。

運営チームに入ったことで、他の運営メンバーやリーダーの動きを近い位置で感じることができました。はっきり言ってみんな異常です。だって普通に仕事しながらこれだけみの編で動くっておかしいですよ。
でもそれをやってしまう人たちと距離は離れているけど、オンライン上で繋がることで、計り知れない刺激を受けました。彼ら彼女らがいたから、私もあんな風にがんばってみたいという気持ちにさせてくれたんです。

(「CAMPFIREコミュニティフェスティバル」での写真。トムさんは合成!)

そして今、やりたいことがはっきりしてきたからこそ運営チームをやめようと思いました。

取材者を増やしてお互いのことをもっとよく知りたい

実は、先日の大忘年会やMINOHENアワードの盛り上がりを羨ましく思っている自分がいました。正確に言うと東京が羨ましいというより、運営メンバーである私ですらあまり知らない話題、知らない人が多くてそこに入り込めてなかったんです。
でもそれは誰が悪いわけでもなく、1000人いたら構造上当たり前に起きることなんですよね。

また、先日ライターチームで取材のゼミをさせてもらい、人に教えることで私自身たくさんの気づきがありました。

みの編でも、取材を経験する機会は現状関東が多いので、地方はもちろんそれぞれのチームが自分たちのおすすめメンバーをもっともっと取材して発信してはどうかと思うんです。

取材される人は自分の名前が広まるきっかけになるし、取材する人は取材の経験になる。もしも取材をやったことない人であれば、そのサポートをさせてほしい。私も取材者としてまだまだ成長したいですから。
チーム間でのメンバーの交流が盛んになったら楽しいんじゃないかなぁ。これが今後みの編でやりたいことです。

ーーーーーーーーーーーーー
■昨日 12/29(土)のみの編
―――――――――――――

学生チームの合宿最終日は、自分がやると決めたことを黙々とやりきる作業時間。帰りの新幹線でも作業を続け、完成させることができたメンバーの姿も。

今回の合宿のMVPに輝いたのはRokuさん。おめでとうございます。自分の持っているスキルを活かして合宿を盛り上げてくれました。

女性チームLily Primaでは関西での初のイベント「関西×リリプリ Meet up!ランチ会」を開催しました。みの編に入った理由が箕輪さんではないという方が多いのはさすがリリプリ。関西支部の今後の活動から目が離せません。

メディアチームでは、コミュニティデザインチームのチーム活性化し隊が来てくれてZoomミーティングを行いました。年明けからどんどん企画が立つそうです。写真や動画のスキルがなくても楽しめるチームに生まれ変わりますので、ぜひ参加してみてください。

――――――――
■今後のみの編
――――――――
12/30(日)[関東野球部]<初心者歓迎>第4回室内練習
1/5(土)[関西チーム]新年会&新歓@奈良古民家
1/7(月)[学生チーム]新入生PJ 第二回MTG@ZOOM
1/10(木)
[キャリアデザインチーム]人生を変えるガチキャリア講座
[PRチーム]迎春ZOOM新年会
1/13(日)[中部チーム]『メモの魔力』読書会in三重
1/14(月)
[中部チーム]名古屋においでよ、あっちゃん歓迎会!
[リリプリ]リリプリ新年会
1/22(火)[PRチーム]Instagramみの編公式中の人が教える投稿の作り方

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/浜田 綾
編集/柴山 由香
昨日のみの編/荻原 茜

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 1010本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。