見出し画像

【日刊みの編NEWS】女性チーム“Lily Prima” 明るく楽しく色っぽくいきます♡

おはようございます。箕輪編集室 女性チーム“Lily Prima”リーダーに就任した吉乃菜穂です。
10月1日(月)の日刊みの編NEWSをお届けします。

まずはじめに、自己紹介をさせてください。

みの編内では“尻トレイヤー”として認知してくださっている方も多いですが、私はオーディションに約200回連続で落ち続けた元女優です。あとバツイチです。
そんなかなりの“こじらせ女子”の私でしたが、その経験を活かして去年恋愛コンサルタントとして起業しました。いまは、恋愛塾を主宰しています。

女性である、ということ

日々、生徒さんたちを見ていて気づいたことがあります。それは「女性には自己肯定感が著しく低い人が多い」ということ。

これは日本という国の抱える問題でもあるようで、先進国の中でも日本人女性の自己肯定感は低いというデータがあります。ちょっと古い記事ですが、参考までに貼ります。

みんな自信がなく、自分を知らず、欠乏の気持ちが強く、そのため「正解」や「答え」を求めてしまって彷徨っているのです。

この問題の根は深いです。

男性は仕事を頑張っていれば自然とモテる人が多いのに対して、「女性らしく輝きながら仕事で成功している人」というのは類い稀な存在です。
女性だって仕事を頑張りながら女としても魅力的になりたいと願っていますが、それはウラを返せばその両方を求められてしまっているということなんですよね。

両方追い求めて当たり前。例えば子供を産んだとしたら、今の時代だったら子育てしながらも仕事を頑張って、さらに女性としても魅力的でいないとならない…。
ちょっと想像してみてください。それって息苦しくないですか?どれだけスーパーウーマンになれば実現できるんでしょうね。
出産をする性であるからと片付けられない構造や教育上の根深い問題が、そこにある気がしました。

箕輪編集室という最先端の場所には、実はスーパーウーマンな女性たちがとても多いのです。だから当たり前のように感じてしまうかもしれませんが、まだまだ社会全体から見たら圧倒的少数派です。

しかし、だからこそ箕輪編集室の女性は、それだけで充分ブランドになり得ると感じました。

同じ感度を持った女性たちと触れ合う

自分で環境やコミュニティを選べなかったり、そもそも選び方を知らない女性も多い中、みの編を選んで入ってきている時点でとても感度が高い女性達であるということは間違いありません。
だからこそ、私はみの編の女性たちに強い可能性を感じるのです。

私も今年35歳という節目を迎えるのですが、ますます女性が社会でどう自分らしさを発揮していくのか、について考えるようになりました。これから、自分らしく生きる女性をたくさん増やす活動をしていきたいと思っています。

そうしたらありがたい事に関東チームリーダーのゆきえさんや運営メンバーの茜さんに「女性チームのリーダーをやってみたら?」とお声がけいただきました。最初にお2人から誘われたのは映画「箕輪大陸」初上映会の打ち上げの真っ最中。
映画の興奮冷めやらぬ中のお2人の熱い思いに感銘を受け、私に声をかけてくださったことが嬉しくてたまりませんでした。そのままの勢いで運営の由香さんに「やりたいです!」と話しました。

リリープリマ誕生!

後日、由香さんや運営兼メディアチームリーダーの実加さんとミーティンググを行い、さらに箕輪さんとの相談会にて直接コンサルもしてもらい、その場で新しいチーム名として“Lily Prima”という名前もいただきました!

このときのコンサルの音源を浦上さんが書きおこしてくださり、箕輪編集室本体の雑談スレに貼っています。男性もどうぞご覧ください!

私は、このとき箕輪さんが言った「同じような価値観や感度を持った女性たちがある一定数集まれば、勝手にそこからイケてる人や魅力的な人が出てくる」という言葉が忘れられません。

200人規模の女性だけのコミュニティ。そこにリーダーとして関われるこの奇跡のような幸運を噛み締めしめつつ、私が出来ることを模索していきます。

まだ何も決まっていないからこそ、これからいくらでも面白い展開が期待できる「リリプリ」。

最近みの編に入ったばかりの女性も、大歓迎です。是非チームを覗きに来てください。今ならもれなくリリプリ初期メンバーになれちゃいます♡
10/6(土)のリリプリ神社ミートアップでは、これからやりたいことをみんなで色々決めていくので是非ジョインしてください!

みの編女性の未来は明るいです。間違いありません。リリープリマの“リリー”とは、百合の花のこと。そんな風に「明るく楽しく色っぽい」女性を応援します!

ーーーーーーーーーーーーーー
■昨日 9/30(日)のみの編
――――――――――――――
悪天候の週末。イベントも中止になってしまいそうなところ、みの編ではオンライン会議システムZOOMを活用したイベントがたくさん開催されていました。

オリエンからチームミーティング、合宿のための打ち合わせ…多種多様です。

どこに住んでいても、リアルで会えない時でも、こんな人数で会話できるんだから良い時代ですよね。

日付の変わることから、みの編関係者のタイムラインが賑やかになるのは月末恒例行事です。退会者が一定数出るので、新規入会者を迎えるためにメンバーが自主的に自分の言葉で「みの編とは」を語る時間。

私はこれを眺めるのが大好きです。もちろん、自分の言葉でも語ります。大切な言語化の時間でもありますから。

自らサロンを主宰しているサロンオーナーも所属しているのがみの編のすごいところの一つです。そのオーナーたちが語るみの編の魅力。

自分のサロンもあるのに、今でもみの編に自らのスキルや経験をシェアしてくれているんです。誰も強制していないんですよ。

みんなの思いがあふれ出し、伝わっているのだとしたらとても嬉しいことです。昨夜もたくさんの方が入会してくれました。もちろん、一定期間がんばってみの編を去っていく人がいることは寂しいことだけれど、その分出会いもある。

また、去っていくメンバーが丁寧にメッセージをくれたりもします。退会する理由も様々ですが、希望に満ちた旅立ちだと本当に嬉しいんです。離れたって、つながったご縁は守ることもできますから。

箕輪編集室へようこそ!
まだ迷っている方がいたら、えいやっていらしてくださいね♡

――――――――
■今後のみの編
――――――――
10/2(火)[ライターチーム]ZOOMオリエン
10/5(金)[ライターチーム]読書会『勝ち続ける意志力』
10/4(土)[エンジニアチーム]10月月例会
10/6(土)
[女性チーム]新生"Prima"神社でミートアップ♡
[ライター×メディアチーム]ライターのための写真撮影講座
10/10(水)*特別講義「雑誌の作り方」ゲスト:宇野常寛
10/13(土)
[デザインチーム]飲み会in東京
[中部チーム]*中部文化祭
10/18(木)[関東フットサル部]第18回箕輪編集室フットサル
10/20(土)[イベプロチーム]オリエン
*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/吉乃 菜穂
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 937本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。