ライターの第1歩はイベントに参加すること 【夕刊ミノ】ライターチーム
見出し画像

ライターの第1歩はイベントに参加すること 【夕刊ミノ】ライターチーム

こんばんは。箕輪編集室(以下、みの編)ライターチームのゲンダです。
2月18日の夕刊ミノをお届けします。

2月8日にライターチームで「ライターチーム新歓&説明会」というイベントがオンラインにて開催されました。
今回は当日の様子や初めてライターチームイベントに参加した感想をお伝えします。

1.参加する前の“ライターチーム”の印象

僕はみの編の中で、主に沖縄チームや関西チームで活動していました。※みの編では、大きく以下の二つのチームに分けられます。
・ライターやデザインなどを手掛ける「クリエイティブチーム」
・北海道から沖縄、アジアなど主に交流を深める「地方チーム」

「箕輪編集室」ということ、さらにその中のライターチームということで、「プロ集団のイメージが強く、自分には敷居が高い」と思っており、なかなか参加に一歩踏み出せずにいました。
しかし、「自分のスキルを上げるため」と心機一転、気持ちを奮い立たせてライターチームで活動していこうと決意しました。

2.新歓イベント

参加者全員による自己紹介から始まり、実績紹介・みの編の歩き方の説明、質疑応答、最後に懇親会という流れで行われました。

今、話題となっている“サウナランド”やサッカー雑誌“ONE LOVE”など過去の数々のプロジェクトや“文章の寺子屋”、“夕刊ミノ編集”といった定期開催イベントなどが紹介されました。
これまで積み上げてきた実績に圧倒され、「このチームで本当に活動していけるのか。僕にできるのだろうか」と正直不安になりました。

3.安心のアナウンス

ライターチームのページ「アナウンス」タブの冒頭にはこう書いてあります。

“ライターチームへようこそ
こちらは、ライターチームでどうやって活動していけばいいかを案内するスレッドです。
このスレッドを見れば、初めてでも安心して動くことができます。”


実際見てみると「自己紹介、質問、企画スレ」、「記事作成に関するスレ」、「手を動かしたい方へ」などさまざまなスレッドがあり、活動するにあたって気になることや情報などが分かるようになっていました。

初めての方でもチーム内での動き方が分かるので、ぜひ確認してみてください。
僕はこのアナウンスによって安心感が湧いてきて「参加できるものには積極的に参加しよう」と思いました。

4.ライターへの第1歩はイベント参加から

僕の持つ「ライター」のイメージは、
・切り口の鋭い文章を書く人
・圧倒的な文章量を書く人
・いろんな専門的な知識を豊富に持ってる人
加えて、真面目で気難しそうな人たちが多いんだろうなと勝手に思っていました。

しかし、今回の新歓に参加してイメージがガラリと変わりました。
みんな、めっちゃ明るくて気さくな方が多かったんです。

リーダーのしほさん、飲み会が大好きと豪語するりなこさん、冗談交えたトークの上手いさんたっくすさん、初めて司会進行し、ドキドキしていたあみさんを中心に会話が弾み、終始、笑い声と笑顔の絶えないイベントでした。
あっという間に時間が過ぎ、開始から1時間20分が経過していました。
ライターチームに入ってまず何をすればいいのか分からない人は、

「まずイベント参加が第一」

この言葉とても響きました。

ライターチームに入ると「必ず文章を書かなければいけない」とか思っている方もいるかと思いますがそんなことはありません。話すだけ聞くだけでも構いません。

まずはライターチームの開催しているイベントに参加しましょう。

僕は今回「新歓&説明会」参加してみて、ライターとして一歩を踏み出すことができたと思いました。

最後に、箕輪編集室は2月は初月無料です。
この機会に一緒にライターチームで動きませんか?
一緒に楽しみながら手を動かしましょう。


テキスト/ゲンダ
編集/かめ
   清水えまい
バナー/ゲンダ
校正/ちゃんすけ

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/