見出し画像

【日刊みの編NEWS】箕輪さんが残す「やさしい爪痕」を全国に。地方講演主催者グループ設立!

おはようございます。箕輪編集室イベントプロデュースチームリーダーの浅見です。
10月6日(土)の日刊みの編NEWSをお届けします。

箕輪さんのTwitterのタイムラインを追いかけているとお分かりの通り、ここ最近、毎週末(というか平日も)地方に遠征し、講演会を行なっています。
箕輪編集室でも今年初めに「これからは地方がアツい」と宣言し、意識的に地方での活動を増やしていらっしゃいます。

僕も埼玉県の秩父地域という「地方」で活動している中、9月に箕輪さんを招いた講演会を開催させていただきました。

箕輪さんの地方講演会は極上の贅沢な時間

僕が箕輪さんの講演を企画した場所は、埼玉県の西部にある人口わずか8,000人の横瀬町。小さな町とはいえ、大手企業とタイアップをしたり、官民連携の企画を次々と行う自治体ということもあったので、「横瀬町長と箕輪さんとの対談」という形で講演会を企画しました。

横瀬町の公認企画として、幅広く広報を実施。当日は約250人の方に来場いただきました。
講演会のテーマは「時代を創る働き方」。自治体の首長と編集者。立場は違えど、最先端の働き方をしている二人の意見を交わし合う場となりました。

「地方」というキーワードが中心ではありましたが、

・テクノロジーがどんどん発達していく中、地方にいることが弱みになるのではなく、むしろ強みになる
・移動という概念がなくなっていく中で、地方にはチャンスしかない

といった非常にポジティブな会話が飛び交い、明るい未来を感じることができました。

開催地ごとにテーマは違えど明るい未来を提示してくれる箕輪さんのお話は、地方に住む者にとって幅広い可能性を生で体験させてくれる、とても貴重な機会です。

また講演会以外の時間は書店まわりをしたり、極上のご当地グルメに舌鼓を打ちながら交流会をしたり、贅沢に箕輪さんとの時間を過ごすことができるのも、地方講演ならでは。箕輪さんは全国各地で地方を楽しみ尽くしています。

どの地方でも予想外の展開の出来事が起きたり、ドラマが生まれたり…。箕輪さんと一緒に過ごす時間は、かけがえのないものです。

ちなみに秩父では、公園で遊んだり…

魚のつかみ取りをしたり…
とにかく「遊び」に振り切って二日間を過ごしました。遊びの途中でも、天才編集者の尖りまくった感覚が見え隠れします。
「魚は捕まえるんじゃない、抱くんだ!!好きだー!」と叫びながら魚を捕まえる姿は、一生忘れられないでしょう(笑)。

箕輪さんが地方に残すのは「やさしい爪痕」

箕輪さんと秩父で過ごしている中で印象的だったのは、「地方をまわるのはコスパが良い」という言葉。

東京に比べ、地方で著名な方の講演会を聴く機会は非常に限られます。そんな中、ネットに限らずテレビでの露出もガンガン増えいている箕輪さんが訪れることで、そこにはもれなく熱狂が生まれます。

トークショーやイベントが溢れている首都圏では当たり前になっていることも、地方に住む人にとってはとてもプレミアムな体験なんです。
そんな熱狂を全国各地で起こし、箕輪ファンを作り続ける。これが箕輪さんがわざわざ毎週末遠方まで出かけることの原点なのだと思います。

講演会を主催した僕の地域では、講演会から3週間以上たった今でも、地元の知り合いに会うたびに箕輪さんの話が出ます。まったく箕輪さんのことを知らなかった人も「本当に面白い話だった!」と口を揃えて感想を述べています。

実は、横瀬町の講演会には年齢層の広い観客が集まりましたが、最終的に老若男女どの層で見ても非常に満足度の高いアンケート結果となったことに驚きました。

短パン・裸足姿で登壇しようとも、観客のリテラシーを考え、必ず補足や枕詞を差し込んで、わかりやすく説明をする姿勢が高い年齢層の方にも響いたのだと思います。

今日も僕の町では、僕の知らないところで箕輪さんの名前が出ていることでしょう。みんなが箕輪さんからもらった刺激を原動力に、ポジティブな活動をしています
東京でイベントをやったもこうはならない。箕輪さんが地方に訪れて残していく爪痕って、とても「やさしい爪痕」だと思います。

これが「地方を周ることはコスパが良い」ということか…、と身をもって感じました。

ちなみに、僕たちがおすすめしたその土地の食べ物を「悪魔的美味」と評してツイートしてくれるのは、本当嬉しいです…!

地方講演会主催者グループを立ち上げました

こんなリッチで有意義な時間となる箕輪さんの地方講演は、これからも全国各地で行われていきます。

それぞれの地方講演がさらに良いものになるよう、また、こんな素敵な熱狂を生んでくれる箕輪さんに、各地方の「もてなし」でその地をもっと好きになってもらいたい、そんな想いから地方講演会主催者グループを立ち上げました。

箕輪さんの地方講演の情報集約と、各地で行なってきたノウハウ・経験・事例を共有して、地方講演をアップデートしていく目的です。
さらに箕輪編集室の主要メンバーも加わって、みの編以外の方が主催するイベントもより良い講演会になるようできる限りバックアップしていこうと思っています。

講演会を主催する方、観客の皆さん、そして箕輪さん。
全員が熱狂し、その土地の魅力が全開で伝わるよう、グループで共有するノウハウを活かしていただければと思います。

これから箕輪さんの講演会を主催する方(今までに主催した方)はどなたでも参加できます。参加希望の方は、以下のリンクからグループ参加申請を!

https://www.facebook.com/groups/2192367194312638/

地方がつながり、講演会も地方もアップデートしていく。
そんな場所になったら良いな、という願いを込めて、グループを運営してまいります!

ーーーーーーーーーーーーーー
■昨日 10/5(金)のみの編
――――――――――――――
連休前のみの編。箕輪さんの宣言により、にわかにみの編本体のスレッドが盛り上がりました。新しいグループができそうです♡

関東チームでたまに開かれているランチ会。ゆるっと集まってすぐに仲良くなれるのは、すでに共通言語を持っているから。そんな仲間がたくさん集まっているんだから、活用しない手はないですね。

先日新リーダーが就任した学生チーム。東京大学駒場祭に向けてどんどん動いています。この動きに乗り遅れないよう、学生の方はチームに合流してくださいね!

ライターチームで作成した記事が、ウェブメディアの「pedia」で公開されました!自ら手を動かしたものがメディアで公開される喜び、みの編ではいくらでも味わえる打席があります。新たな動きもどんどん出て来ているライターチームには、手を動かすチャンスがたくさんあります。

毎月、関東で新歓を運営しているイベントプロデュースチームでは、歴代幹事が集まって飲み会をやろうという企画が持ち上がっています。毎回幹事を交代していくシステムならではの楽しい企画。幹事同期の絆はきっと特別なのでしょうし、幹事経験者ならではの「あるある」の共有なんかもあるのでしょうね…!

相変わらず売れ行き好調の『死ぬこと以外かすり傷』、その陰にはみの編メンバーの地道な活動があります。今も、書店まわりはコツコツと続けられています。関東チームでも関西チームに続けと努力を重ねており、今後新展開がありそうです…!

明日22時から、PRチームでZOOMを使った飲み会があります。オンライン会議システムZOOMに参加するには、イベント欄にあるリンクを踏むだけです。初めてだとちょっとどきどきするかもしれませんが、みんなあったかく迎えてくれますから勇気を出してリンクを踏んでみてくださいね♡

――――――――
■今後のみの編
――――――――
10/6(土)
[女性チーム]新生"Prima"神社でミートアップ♡
[ライター×メディアチーム]ライターのための写真撮影講座
10/7(日)[PRチーム]PRチームでゆるく飲もう@オンライン(ZOOM)
10/8(月)
[関西チーム]新人オリエンテーション&ぐだぐだトーク
[イベプロチーム]イベプロ戦略会議
10/9(火)[PRチーム]「人が動くコピー」発見講座 屋木ゼミ
10/10(水)*特別講義「雑誌の作り方」ゲスト:宇野常寛
10/13(土)
[デザインチーム]飲み会in東京
[中部チーム]*中部文化祭
10/15(月)[学生チーム]駒場祭みんなで頑張ろう会2
10/18(木)[関東フットサル部]第18回箕輪編集室フットサル
10/20(土)[イベプロチーム]オリエン
10/25(木)[関東チーム]ストレングスファインダー入門編!
10/31(水)*新入会員「同期」飲み!
*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/浅見 裕
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 969本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。