見出し画像

【日刊みの編NEWS】小は大を兼ねる暮らしの話

おはようございます。箕輪編集室みの邸チームの梅野さなたです。4月6日(火)の日刊みの編NEWSをお届けします。

箕輪編集室には「みの邸」と呼ばれるシェアハウスが2つあります。足立区の谷在家と大田区の糀谷です。


みの邸のことを書こうと思うのですが、暮らしというのはなだらかなもので特にこれと言ってありません(笑)


まあ良きことと思います。
今日は暮らしにおいては「小は大を兼ねるよね」っていう余談をしたいと思います。

画像1


・ウォシュレットの強さは「弱」にしておく。

トイレにはウォシュレットがついていて、強さは3段階あります。
ぼくは「中」を愛用しています。

安心してください。
ぼく自身でも冒頭に何を言っているんだろうかと思っています。
でも、この話をするには、ぼくのウォシュレット事情を交えた方が分かりやすいかなと思って。


はい、話を続けます。

ウォシュレットを使い終わると、ぼくは「弱」の設定にしてトイレから出るようにしています。


これは「強」の人が誤って「弱」を使う分には問題はないですが、「弱」の人が誤って「強」を使うのには厳しいものがあるからです。

なのでウォシュレットを使い終わったら弱にするように気をつけています。


・共用スペースにはキッチンペーパー

共用スペースにはティッシュの代わりにキッチンペーパーを置いています。

ティッシュよりも量でいうとキッチンペーパーは多少割高です。
それでもキッチンペーパーです。

理由は使いにくいからです。
キッチンペーパーをそのまま置いているので、わざわざ両手を使わないと使えません。

共用スペースなので、あえてこの使いにくさを採用しています。
片手で取れてしまうと必要以上に使ってしまいます。


この使いにくさのおかげでキッチンペーパーは無くなりにくく、使いたいときにいつも共用スペースにあります。


・トイレットペーパーはダブル

みの邸ではトイレは共用です。
トイレットペーパーはダブルを買うようにしています。

別に、わざわざアンケートを取ったわけではなく
きのこの山、たけのこの里みたいに
シングルを買うかダブルを買うかで論争をしたわけでもありません。


単なるぼくのイメージです。

ぼくの勝手なイメージですがシングル派の人がダブルで困ることより、ダブル派の人がシングルを使って物足りなさに困ることの方が多いような気がしたからです。


なのでダブルです!ダブルだぜ!

あ…。

小が大を兼ねません…。


上手なタイトルかと思いましたが思い違いでしたね。

とにかく暮らしは効率よりも優しさだよねということを言いたかったんです。ご愛嬌ということで。


そんなこんなで、みの邸は住人さんを募集しています。
必要な家具があるのですぐに生活を始めれます、東京に住みたい人とかぜひ。

ぼくがみの邸に来てすぐ書いたnoteもあるのでよかったら参考にしてください。

***

テキスト / 梅野さなた

***

公式 Twitter
公式 Instagram

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/