見出し画像

「視座を高く持てる場所へ」学割にかけた箕輪厚介の理想—学生定例会リアルタイムレポート—

きょう11月26日(火)、原宿にあるビルの一室で、箕輪編集室はじめての学生定例会が開かれました。「1年間の戦略会議」と銘打ち、これから毎月開かれる学生定例会の第0回として開かれた今日のイベント。

約50名の参加者を前に、箕輪厚介さんから語られた、学生チームのこれからとは――。


 「俺からの指示を待たず、大学や地方の垣根を超えて、色んなことをやってほしい」

画像1

 みんなの価値観で面白いものをつくっていける空間——その先にあるものは、視座を高めていける場所。これこそが、みの編の価値。

 狭い世界で満足しようと思えば満足できてしまう中で、井の中の蛙だと気づき、成長できる場所にしてほしい。箕輪さんはそう語りました。

ハイボールを片手に、箕輪編集室(以下:みの編)学生チームのビジョンを次々に口にします。熱い会話のなか笑みがこぼれ、学生たちへの期待の大きさが伺えました。

 つい先ほど終了した、学生に熱い炎が灯った夜。そのイベントレポートを速報としてお送りします!


<Profile>
箕輪厚介 ―死ぬこと以外かすり傷―
1985年8月東京都生まれ。オンラインサロン「箕輪編集室」主宰。幻冬舎の編集者でありながら、株式会社エクソダスの取締役や合同会社波の上商店を設立するなど実業家の面を併せ持つ。

学生急増の箕輪編集室 その背景にある『みの学割』

「箕輪編集室が立ち上がって2年半。優秀な学生はもともとたくさんいたけれど、特に学生を優遇しようという気はさらさらなかった」そう箕輪さんは語ります。

 「6000円払ってでも入りたい!」そんな気持ちで入ってくる方が、優秀な学生が集まると思っていたそうです。

 そんな中、2019年11月1日に始まった『みの学割』。学生限定で月額5,940円の会費を1,500円に減額しての募集がかけられました。

 その結果、11月14日の時点で、461名の学生が『みの学割』で入会。下のグラフを見ても、11月の入会者数が急増しているのが分かります。

箕輪編集室入会者数の推移

【日刊みの編NEWS】データで見る「みの学割」(2019/11/18)より三浦俊平さん提供

この動き、ただ学生が増えただけではなく、刺激を与えあう環境が生まれていくことを意味しています。

 そんな中、学生限定で開かれたはじめての『学生定例会』。
 
 熱量高く前のめりに話を聞く学生を前に、箕輪さんから学生に「4つの求めること」が語られたのでした。

①自立しよう!
 「これが一番大事。怒涛のスピードでイベント開催をしているのがみの編の学生」
 いまは学生チームが始まったばかりで社会人の力を借りているかもしれないけれど、自立して自分たちで運営していけるようにすること。住んでいる場所も、学校も違う500人以上の学生が集まるコミュニティをまとめる経験は、この後の人生でいくらでも活躍できる力になる!

②視座を高く!
 「俺はまだまだだな…とどれだけ思えるか」
 それは、定例会で出会える豪華なゲストに対して思ってもいいし、切磋琢磨する仲間に対して思ってもいい。傷を舐め合ったり、頑張っている人を笑ったり、結果を出した人の足を引っ張るのではなく、どんどん成長してどんどん上がっていこう!

③動け!
 「いま必要なのは、フットワーク軽く動ける瞬発力をつけること」
 やりながら考えることが大事で、たとえダメだったとしても、動かなければわからなかったことがわかることが大切。事件や事故を起こすのはダメだけど、どんどん動いて自分だけの体験を得て、成長していこう!

④何かのスターになれ
 箕輪編集室から登場した動画クリエイターのタカオミさんをはじめとする、才能輝くスター。一方で、地道に頑張る人も、箕輪さんはちゃんと見ています。「あの子、すごい地味だけど、やることは毎回完璧だよな」そんな学生を企業に紹介したり、リアルで活躍できるチャンスを提供していきます。


「俺の力はアンプ」。 箕輪厚介は学生に何を求めるのか

画像2

 箕輪編集室の良さは、「この人すごいよね」というメンバーを箕輪さんが世間に向けてプッシュできること。
 
 「超見ているわけじゃないけど、意外と見ている」と箕輪さんは語ります。

・動画つくれないけど、サッカーはうまいじゃん
・普段目立たないけど、イベントごとだとめちゃめちゃ活躍するじゃん

 そんな風にあなたが持つあなただけの魅力を伝える力を、箕輪さんは「俺の力はアンプ」だと例えました。
 
 見ていないようで、実は見られています。だからこそ、派手なパフォーマンスにこだわるのではなく、着実に、周りの人から「この人すごいよね」と思えるような成果を積んでいけることが大事です。

箕輪:そうして、”成功モデル”になるような結果を残していける学生が現れてくるといいなと思います。


ーーー

 現在『みの学割』は枠があくと同時に即完売が続いていますが、これからもチャンスはあるかもしれません。

最新情報は、箕輪さんやみの編公式Twitterをチェックしてみてください。

気になるあなた、ぜひみの編に参加して、あなただけの力を伸ばしてみませんか?

編集:永原尚大 , 柴田佐世子
写真:中橋侑里 , 喜多倫久 , 徳井大起
グラフィック・レポート:長井達哉
データ協力:三浦俊平

●本日のグラフィック・レポートはこちら!


●箕輪編集室への入会はこちら

●公式Twitter

●公式Instagram


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。