見出し画像

「11Fes-イレブンフェス-」20日間の記録と奮闘【夕刊ミノ】コミュニティデザインチーム

こんばんは。箕輪編集室コミュニティデザインチームのひらまいです。1月27日(月)の夕刊ミノをお届けします。

今回は、昨年11月に箕輪編集室(以下、みの編)に入会した私が初めて手を挙げ幹事を務めたイベント、11月同期Zoom「11Fes-イレブンフェス-」について書きました。

記録と共に20日間の奮闘を綴ったこの記事が、今後新たに幹事をされる方にとって何か役立ちますように! 

そもそも「同期Zoom」って? 

みの編でいう同期とは、自分と同じ月に入会したメンバーのことを意味します。同期Zoomは、その月の入会者でZoom(オンラインビデオ会議ツール)をして横の繋がりを得ようというイベントです。

入会した直後に、入会者の中から幹事が募集されますので、幹事になると分からないことも多い中で初めてイベントを開催することになります。

幹事募集

昨年11月は、みの編学割が始まった月でもあり、その月だけで約400名が入会しました。10月以前のみの編全体のメンバー数が約900人だということを踏まえると、その数の多さがご想像いただけるかと思います。

その中から、企画運営に携わったことのないフレッシュな5名の幹事メンバーが集まりました。幹事確定の翌日に早速Zoomでのミーティングが行われ、イベント企画をする際の流れを把握してから、これからすべきことを整理していきました。

イベントタイトル・バナー決定

最初の仕事はイベントバナーの作成依頼。バナーはイベントページの顔になり、SNSで拡散する際にも重要となる画像です。この作成をデザインチームに依頼するため、イベントタイトル・バナーのコンセプトから決めていきました。

分かりやすくインパクトのあるタイトルを目指して話し合いは難航しましたが、「11Fes-イレブンフェス-」をイベントタイトルとして採用し、コンセプトは「秋のお祭り」に決定しました! 

入会者数の多い11月メンバーが「お祭りに参加するように気軽に集い、たくさん話して盛り上がろう!」という意図が込められています。Fesの頭文字だけ大文字にするなど、細かいところにまでこだわりました。

依頼から5日後には4名もの方がバナーデザインを提案してくださって、その4人とも11月入会者でした。入会後すぐにバナーデザインに挑戦するという同期の勢いと熱を感じ、それに負けないようにと幹事一同身が引き締まりました。

話し合いの結果、最終的には田中ゆかりさんのバナーデザインに決定しました。

イベントページ開設

イベントページ開設の際に自己紹介のスレッドも作ったのですが、この中の項目もひと工夫しました。

参加者が気軽に回答でき、かつイベント前から交流して盛り上がるような内容を提案。自分の推しのブランド肉や肉部位を教えてもらったり、おすすめのスマホアプリを紹介してもらったりしたのです。

肉についての質問は、イベント開催日が「いい肉の日(11月29日)」であったことから「#1129選手権」と称して拡散を図り、結果的に参加メンバーのユニークな一面を知ることができました。

きったんさんからのアドバイスZoom

イベント開催2日前。PRチームきったんさんのご厚意で、幹事メンバーにZoomの使い方やオンラインイベント進行のコツを伝授していただきました。

Zoomでの基本的な注意事項、時間配分や人数、司会の有無、進行のコツと心構えまで本当に数多くのことを教えていただき、大変お世話になりました。予想もしなかった観点からのお話しばかりで本当に目から鱗でした! 

「11Fes-イレブンフェス-」開催! 

当日は31名もの新規入会者が参加し、大成功に終わりました! 

参加者のほとんどが同期との楽しいひと時を過ごしてもらえたようで、とても嬉しかったです! 

支えられ、走り続けた20日間

前途のように11月は入会者数が多かったことから、この「11Fes-イレブンフェス-」を始めの一歩として、一人でも多くの人に気軽に参加してもらうことを目標としていました。

「どうやったら興味を持ってもらえるのか、伝わりやすいのか、利便性は良いか」。相手の気持ちを想像し尽くし、タイトルやバナーからイベントページの本文、Twitterの一言にまで気を配ってこだわり抜きました。

広い範囲の告知と並行して、自己紹介スレッドやTwitterで見つけた新規入会者に対して一人一人に地道にリプライ返信をし続けるなど、幹事メンバーの底力も感じました。

同期Zoomの幹事は、初めは分からないことだらけで不安も大きかったです。しかし、コミュニティデザインチームの方々が全力でサポートしてくださったおかげで不安は次第に高揚へと形を変えていき、最後は自分たちだけで同期を繋ぐ空間を作り出すことが出来ました。

同期というみの編の一つの居場所で様々な価値観が混ざり合い、仲間と楽しい時間を過ごしながら、それが原動力となって次の挑戦へと繋がることを楽しみにしています。


テキスト/ひらまい
編集/ちっひー氷上 太郎帆足 和美
バナー/川端 康介

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com
箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 512本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。