見出し画像

男だらけの空間で生まれた安全・安心 【夕刊ミノ】関東チーム

こんばんは! 箕輪編集室関東チームの渡邉です。7月31日(水)の夕刊ミノをお届けします。


皆さん、「ゴリプリ」という言葉を聞いたことがありますか?

ゴリプリとは、今年の1月に結成された箕輪編集室の男の、男による、男のためのチームです。

月に一度定例会を開き、箕輪編集室の熱い男たちが集まり、肉を食らったり、講演会を主催したり、肉を食らったりしています。

そんなゴリプリの7月定例会は、なんとオール箕輪編集室メンバーで制作された『戦略と情熱で仕事をつくる』の著者であり、ボードゲームソムリエの松永さんをお呼びしました。そして、小野照崎神社にて、男だけの秘密のボードゲーム大会を開催しました。

松永さんは「男だけ」という状況で、盛り上がるであろうボードゲームを数種類持ってきてくれました。(この日のために、購入していただいたボードゲームもありました。松永さんわざわざありがとうございます。)

ボードゲームを始める前には、遊び心溢れる大人たちが集まっているので、松永さんが出版された書籍で誰が神社に美しく奉れるか選手権を開催しました。

箕輪編集室のデザインチームリーダー・平岡さんがデザインされた装丁は、神社にも美しく馴染んでいました。著者の目の前で、しかも著者自身も一緒になって遊んでくれる体験をしたのは初めてでしたが、松永さんの人柄の良さに触れることができました。

ボードゲームが始まってからは、笑いの連続でした。

笑いすぎて顎が痛くなる方、腹筋がよじれてしまった方も出てくるほど、その日集まったメンバーは笑いに笑いました。
すっかりボードゲームの虜となった、ゴリプリ一同でした。

最後は、松永さんから直接サイン本を購入させていただき、記念撮影をしました。

昨年の12月に箕輪編集室へ入った松永さんとは、何度かボードゲームをさせていただく機会がありました。毎回、初めて見るボードゲームばかりで、新鮮な気持ちで楽しくプレイさせていただきました。しかし、今回は別格に面白かったです。

それは、「男」だけというクローズドな空間から生まれる安全・安心と、ボードゲームという誰もが楽しめる手段を掛け合わせることで生まれたのではないかなと思います。

この楽しさは、実際に体感してみないと分かりません。

松永さんが登壇されるトークイベント、ボードゲームイベントが開催予定ですので、体験したことない方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


8月5日(月)@BOOK LAB TOKYO

8月10日(土)@青山ブックセンター本店

8月22日(木)@代官山 蔦屋書店

(募集は近日開始します)


テキスト:渡邉
写真:惣島厚
バナー:松儀愛侑

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 512本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。