見出し画像

会うべきときはやがてくる

ちょうど10年前、僕は就活生で、マイナビ主催の合同説明会に行っていた。

「モヤさま」や「やりすぎコージ」のプロデューサーであるテレビ東京の伊藤Pこと伊藤さんが話す予定になっていたからだ。 (ちなみに池の水抜いてるのも伊藤P)

僕は最初の方に並んで入って、話を聞いた。さらに説明会後に伊藤さんを囲む就活生に混じって前のめりで質問した。

バラエティ楽しそうに作っていてやっぱ憧れるぜと思って、

名刺は持ってなかったから、ノートの切れ端に自分の携帯の番号とアドレスを書いて、飲みに行きたいですと言って渡した。

そのまま近くの居酒屋で携帯に着信あるかなとドキドキしながら待ったが、

当たり前だがなかった。むしろ伊藤さんに携帯の番号を渡したことに満足しながら一人で飲んでいた。

ちなみにテレビ東京は一次面接で落ちた。

それから10年経ってツイッターのDMに伊藤さんから飲みに行きませんか?と連絡が突然来た。

昨日飲みに行ったら、僕が番号渡したことは当然忘れていたけれど、

死ぬカスを読んでくれていて、箕輪さんとなんか仕事したいと思ったと言ってくれた。

今、前田さんや落合さんとか俺とかの話聞いて、飲み行きたいです!みたいなDMを送って無視されてる人がいると思う。

でも、ちゃんと自分の道を進んでいたら、会いたい人には会うべき時に会えると思ったよ。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

179

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

箕輪厚介 書き下ろしコラム

幻冬舎・編集者 箕輪厚介による書き下ろしコラムです。

コメント1件

やりたいときにやっちゃえば、いつかその時限爆弾は爆裂する
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。