画像1

第3回 4分で満員御礼になってしまうサロン作りの極意

箕輪厚介・末吉宏臣
00:00 | 00:30
幻冬舎の箕輪とDNAパブリッシングの末吉がお送りするラジオ番組「未来の作家のカタチ」。
第3回目のテーマは「4分で満員御礼になってしまうサロン作りの極意」。

現在、箕輪編集室には約180名が在籍しており、募集を行うと1日もかからずに枠は埋まってしまう。
一番初めに募集した10名に関しては、僅か4分で埋まってしまった。

なぜ、箕輪編集室はすぐに満席になってしまうのか?
「人を集める」「人が集まる」サロンの特徴とは?
サロンオーナーが示すべきことは?
今回は「本作り」ではなく、オンラインサロンという切り口から「コミュニティー作り」に視点を置いた回となっております。
オンラインサロンを作ってみたい方、コミュニティー作りに関心のある方は必見です!

振り返ると、第1回目に放送した「時代遅れの著者とこれから伸びる著者」でお伝えした、ファンと繋がるツールの話しにも通じるものがあると思います。
まだ、第1回目の放送を聴いていない方は、そちらもご視聴ください!

《 第3回の番組内容 》
・人が集まるサロンの特徴とは?
・サロンオーナーのルールがサロンのルール
・箕輪編集室はなぜ4分で満員御礼になったのか?


【制作協力】
デザイン:前田高志
(https://twitter.com/DESIGN_NASU)
運営・管理:小瀧友貴
(https://twitter.com/yk_mario)

【テキスト配信】
https://note.mu/met2017/n/n81ebe0fd7d4f
ライター:井本佳孝
(https://twitter.com/imoyoshi78)
編集:篠原舞
(https://twitter.com/maichi6s)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」

幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組。 堀江貴文の『多動力』や見城徹の『たった一人の熱狂』などを手がけた箕輪厚介、『なぜ堀江貴文の本はすべてベストセラーになるのか』を編集し、数々のベストセラー作家のプロデュースを手がける末吉宏臣。出版の最前線にいるか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。