夕刊ミノ_バナー

【夕刊ミノ】メディアチームレポ「スタートトゥデイ ブランドビジョン発表会に潜入!」

こんばんは。箕輪編集室メディアチームの森川亮太です。
7月15日(日)の夕刊ミノをお届けします。

手を挙げたら、とんでもない場所に立てる

あれは、忘れもしない6月30日。箕輪さんの投稿からすべてが始まりました。
それは、「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイのブランドビジョン発表会にみの編メディアチームが潜入し、どこよりも早く、どこよりも高いクオリティで動画を制作するというミッション!

記者会見の…取材!?この心躍るイベントは!!!なんなんだ!!!

もはや反射になりつつある「やります!」の一言。
手を挙げた森川でしたが、手帳を開いてみるとその日【夜勤明け 10時退勤】の文字が…。集合は11時。会場は、会社から歩いていける場所。
まぁ、やりますよね!

「…俺の身体よ、どうか許してくれ。」
そんなことを思いながら、当日、退勤直後にエナジードリンクを煽り、ほぼ気力だけで会見会場へ。

今回の撮影部隊は、
言わずと知れた密着のプロ!全国を飛び回る監督、大竹大也
「専門建築系なのに、建物撮るの苦手なんですよ…笑」富士フィルムの申し子、山崎凌
「カメラの見た目だけでも負けないようにしないとね!」キャリーケース一杯の機材と素敵な笑顔、西倉康平
意思表示だけは強い、徹夜明けカメラ小僧、森川亮太。

こんな公式な取材の場に入るのは初めてということで、緊張するメンバー。プロのカメラマンや記者じゃないのに、手を挙げたらこんなチャンスが与えられるのがみの編なのです!

会場に入ると目に飛び込んできた”ZOZO”の文字。
「あぁ、本当にZOZOの会見に立ち会えるのだ。」と、一同胸が熱くなりました。
別室にはカスタムオーダーされたパンツがずらりと並び、ただの1つも同じものがない”Your Size”の世界が広がっていました。

(撮影/大竹大也)

やがて始まった会見で社長の前澤さんが語ってくれたのは、
「すべての人に服を楽しんでもらいたい」
という、とてつもなく壮大でワクワクする夢でした。

(撮影/森川亮太)

撮影に集中しなければと思う一方で、自分の夢を真っ直ぐに、輝いた目で語る前澤社長に、引き込まれていく自分を感じていました。
あれがビジネスの最前線で、夢を持って戦う人の熱量なのだと。

(撮影/森川亮太)

会見が終わり4人で集まった時、誰からともなく
「なんか…すごかったな。」「うまく言えないけど、感動した…。」
まさに時代を変えようとしている瞬間に居合わせたこと、全員が同じ空気を感じていました。

撮影クルー最年少の山崎コメント
自分の実力では考えられない場所で、撮影に携わることが出来ました。箕輪編集室という、手を挙げれば挑戦させてもらえる環境に出会えて、本当に良かったです。

そして、その熱量のままデータを編集チームにバトンタッチ。動画は、駒月麻顕吉田貴臣の二名の手によって制作されました。

クオリティは、ギリギリまでつめる。それがみの編ブランド

手を挙げたら、確かにチャンスが与えられるのがみの編。しかし、それだけではありません。
変なものは、決して出さない。それは、天才編集者箕輪さんが率いるクリエイティブ実行集団、箕輪編集室だから。

クオリティはその道のプロがギリギリまでつめきることで、守っているのです。スピードと質、その戦いをやり抜いたクリエーター二人のコメントをご紹介します。

(動画制作/駒月麻顕)

駒月コメント
俺と吉田さんがそれぞれ制作するって決まってたから、どちらが良い映像を作るか勝負だなと。
時間はなかったけど、スピードと質は自分の中で最高のものにしようと思っていました。

前澤社長の言葉にパワーがあったから、使うフレーズに迷った時間が一番長くて、やっぱりZOZOとして発信したいのは「服を楽しんでもらいたい」ってところだと解釈し、あの言葉を最後に。

メディアチームの看板と箕輪さん、そして田端さんや前澤社長にどうにか響かせてやろうと、徹夜で朦朧とする意識の中、心を燃やしました。

(動画制作/吉田貴臣)

貴臣コメント
世界72カ国に展開されるZOZOの新サービス、ということでZOZOの名前を世界中に広げられる、かつ、箕輪編集室の動画が世界中で再生されてい
る!!という状況を作りたかったので、すべて英語で制作しました。

とにかくこういう動画はリリースのスピードが大事。話題性が高いうちに出さないといけない。
ゆっくり構成を考えたり、素材を吟味する時間は無いなと分かってはいたのですが、撮影チームから送られてきた素材の量がとても多く、一瞬心が折れかけました。

その時、箕輪さんがfacecbookグループでしていた「出禁になってもいいからタカオミらしい映像を作ってくれ。」というコメントを見て、圧倒的熱量が自分の中に再燃。
いつもの自分らしいFast&Stylishのテイストで制作。
日本へ帰国するフライトが出発する3時間前まで寝ずに編集を続け、満身創痍の状態で完成させました(おかげで機内ではぐっすり眠れました)。

今は何もなくても、とにかく名乗りを上げろ!

今回の案件では、名だたるメディアと同じ位置でカメラを構え、展示場には一番に入らせてもらい、最後には田端さんへのインタビューまでさせてもらいました。
森川はインタビュアーを担当したのですが、もちろんそんなことをしたのは、初めて。こんな経験をさせてもらえること、感謝しかありません。

(動画制作/稲場友亮

準備ができてからとか、下積みしてないからとか、考え出したらキリがありません。
名乗りを上げて、まずは何でもやってみる!
小さなことを積み上げていけば、見てくれる人が必ずいます。

フォローしてくれる優しさ、クオリティを守り抜いてくれるプロフェッショナルの存在、そして、惜しみなくスキルをシェアしてくれるメンバー。
それが我らメディアチーム!
一緒に熱狂できる人を、待っています。

テキスト/森川 亮太
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 503本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。