見出し画像

経験も立場も関係ない!みの編公式インスタで「死ぬカス精神」を伝えよう!【夕刊ミノ】PRチーム

こんばんは、箕輪編集室PRチームのひとえです。
6月12日(金)の夕刊ミノをお届けします。

4月から箕輪編集室公式Instagram運用チーム(以下、みの編インスタ)で活動した約2か月間を振り返りたいと思います。

そもそも、みの編インスタってなに?

みの編インスタでは、行き詰っている人や思い悩んでいる人へ、箕輪さんの著書『死ぬこと以外かすり傷』から印象的な言葉を引用し、一歩踏み出すきっかけとなるような言葉をお届けしています。

どの投稿もとにかく前向きで「明日も頑張ろう!」という言葉ばかりです。私自身、中の人になる前はもちろん、中の人になってからも、毎日みの編インスタの言葉に元気をもらっています!

Instagramのストーリーズでは、私たち中の人”死ぬカスセンパイ”のお茶目な一面も覗けます。みの編インスタは、見どころが盛りだくさんのアカウントです。


みの編インスタ中の人に立候補した理由

みの編インスタの言葉に背中を押され、私が箕輪編集室に入会したのは2020年4月でした。沢山の人がいろんな活動をしているのを見る中で、自分も何か手を動かしてみたいと漠然と思っていました。

そんな時に、みの編インスタ4月組の募集を知りました。私自身が、みの編インスタに心を鷲掴みにされたように「多くの人を魅了できるようになりたい」と思い、立候補することに決めました。


実際に手を動かしてみて

みの編インスタで初投稿をしてから約1か月たち、伝える難しさと楽しさを感じています。
正直、チームの先輩方についていくことで精一杯です。なぜなら、私は自分の考えを言葉にすることがすごく苦手だからです。

・こういうニュアンスで伝えたいのにピッタリな言葉が見つからない…
・伝えたいことが沢山あり過ぎてまとまらない…
・よく分からないけれど、なんかしっくりこない…

こんな感情と日々戦っています。

先輩方のアドバイス、さらにはみの編インスタを応援してくださる方々のお陰で、「次はこんな工夫をして伝えてみよう」というたくさんの気づきがあります。

気づきが私のモチベーションやワクワクの源となっています。

これからのみの編インスタ

みの編インスタでは、これからも心に刺さる言葉を皆さんに伝え続けます。そんなみの編インスタを更に進化させる仲間を募集しています!

・SNS運用してみたい!
・みの編で何か手を動かしてみたい!
・死ぬカス精神について考えを深めたい!

この中のひとつでもあてはまったら、私たちと一緒にみの編インスタで活動してみませんか?
初心者でも、デザインや文章を書くことが苦手でも、大丈夫!
頼もしい先輩方がしっかりとフォローします。

最後は私のインスタの投稿で締めたいと思います。

テキスト/ひとえ
編集/林 知里
バナー/荒木和憲

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。