見出し画像

みの編のサラダボウル【夕刊ミノ】関西チーム

こんばんは。箕輪編集室(以下、みの編)関西チームのゲンダです。3月29日の夕刊ミノをお届けします。

2021年2月15日に「関西チーム新歓Zoom」というイベントが開催されました。今回はその内容を紹介します。ようこそ、関西チームへ!

1.はじめに

・みの編、関西チームの簡単な説明
そもそもみの編とは? から始まり、エリアチームや関西チームについて、リーダーのまりりんさんに説明していただきました。

・最近のイベント紹介
アイドルZoomや企画出しZoomなど興味深いものが多数ありました。

・各スレッド(以下、スレ)の紹介
「自己紹介」や「雑談」などたくさんのスレがありましたが、特に印象的なのは「関西1on1スレ」です。
「関西1on1スレ」ではリーダー、サブリーダーと1対1のZoomを行うことができます。いきなり大人数のZoomへの参加が難しい人に向けたものです。どんな人がリーダーなのか、どんなチームか説明も聞けますし、やりたいことを話したらオススメのチームを紹介してくれます。企画の相談でも大丈夫のようです。


2.自己紹介・質問

・自己紹介
総勢約20名の自己紹介が行われました。
老若男女、地域もバラバラで、いろいろな人が参加していました。
普段知り合うことができない人と話すことで、多様な価値観に触れることや、自分には無い能力や経験を知ることができ、まさにサラダボウルのようだと感じました。

・質問
質問コーナーでは、「定期的に開催するイベントありますか?」と質問させていただきました。その中で一番興味を持ったのは「企画出しZoom」です。
これは、企画を全く思いついてなくてもいいし、やりたい企画があるなら何でもいい、とにかく関西チームで動きたい人が参加するみたいです。
僕は「めちゃくちゃおもしろそうやん」って思いました。「35歳以上のイベント」と「全国統一大喜利大会」を開催してみたいです。この企画出しZoomで詰めたいと思います。


3.みの編を続ける理由

長くみの編に入っている方に、「なぜみの編を続けているのか?」聞いていました。
「自分が持っていないスキルを他の人が持ってる。」
「いろんなチームに入って、いろんな情報を得れる。」
「世代の違う人と絡めるのがいい。」
「自分と違う考え方に触れられるのがいい。」
どれも魅力的なコメントで素敵でした。

とても有意義な時間を過ごしました。司会進行をしていただいた、すらいむさんありがとうございました。
そして関西チームの皆さんよろしくお願いします。


テキスト/ゲンダ
編集/こうき清水えまい
バナー/清水えまい
校正/ちゃんすけ


***
お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/