見出し画像

【夕刊ミノ】関西チームレポ「関西チームの熱狂が生んだもの」

こんばんは。箕輪編集室 関西チームの荒木利彦です。2月1日(金)の夕刊ミノをお届けします。

1月5日(土)に関西チーム新年会「わっしょい 奈良の古民家でLet’s餅つき!!」が開催されました。

僕は普段、箕輪編集室でライターチームのサブリーダーとして活動しています。関西チームのオフラインイベントへの参加は2018年9月の新歓以来でした。

今回、顔を合わせたことのあるメンバーも参加していましたが、大半は初めてお会いする方ばかり。若干の緊張を感じながら、会場である奈良市内にある古民家に向かいました。

とはいえ、Twitterなどでメンバーの動向や人柄をある程度把握していたので、大きな不安はありませんでした。会場に着いて自己紹介をすると、自分のことを知ってくださる方がいて、サブリーダーの役得を感じました。ありがたいことです。

関西チームメンバーによる新年会についての夕刊ミノはこちらをご覧ください。これだけのアウトプットを出せる関西チームはやはり熱い。

書き手:はやてさん
【夕刊ミノ】関西チームレポ「死ぬカスかるたで福を呼ぶ」

書き手:カズオさん
【夕刊ミノ】関西チームレポ「杵と臼がなくても餅つきはできる」

書き手:いっちーさん
【夕刊ミノ】関西チームレポ「親戚と死ぬカスかるたで過ごす新年会」

書き手:三好翔太さん
【夕刊ミノ】関西チームレポ「バカになって飛んでみたら見えた、新たな景色」

書き手:岩本りょうまさん
【夕刊ミノ】関西チームレポ「どんな人でも受け入れてくれる温かさ」


関西チームの熱狂が生んだもの

すでにいくつもレポート記事が上っているので、僕が新年会で印象に残ったことをお伝えします。

新年会で披露された関西チームメンバーによるバンドPV

去年の関西チーム忘年会にて楽器を演奏できるメンバーが意気投合し、急遽バンドが結成されました。準備期間が短かったにも関わらず、スタジオに入って練習してPV動画まで製作していました。この動画を流すと会場は大盛り上がり! 僕もギターを弾いていたこともあり触発されましたね。

死ぬカスカルタ製作 三好さんインタビュー@新年会

そして、今ツイッターで超話題となっている「死ぬカスカルタ」もこの時が初披露の場となりました。これは関西チームメンバーである三好さんが考案し、実際に作られたものです。(前日から徹夜で完成させたとか)

それが今や、箕輪さんの手に渡ってご家族で楽しまれています。息子さんがいい飛びっぷりですね。

死ぬカスカルタ→ホリエモンカルタ


さらにそこから、三好さんがホリエモンのカルタを製作するという事態に!

Twitterでホリエモンにちなんだ句を募集し1週間ほどで完成させたそうです。なんという熱狂! 2/2~3に開催されるホリエモン万博でお披露目されるそうです。

こんな広がりを見せるなんて誰が予想したでしょうか!
新年会のMVPは三好さんで決まりです!


新年会の幹事メンバーは、1ヶ月弱という短期間でこの新年会を成功に導きました。関西チームに脈々と引き継がれてきた爆速の精神があったからこそだと思います。
お子さんを連れて参加される方、その場を盛り上げる方、楽器を演奏する方がいたりと、思い思いの時間を過ごして交流を深めていましたね。

その様子をみて誰かが「親戚の集まりみたいだ」と言っていましたが、まさにその通りでした。気兼ねなくゆるりと集まって楽しく過ごす。関西チームは、家族でもなく、職場・学校でもない「第三の場所」になっています。

この場を作り上げてくれた幹事のみなさん(いっちーさん三好さんすなみさんつぼちんさんカズオさん)参加されたみなさんお疲れ様でした!

まだまだ関西チームの快進撃は続きます!


奈良健康ランド みの編とコラボ

カルタが思わぬ展開を見せている関西チームですが、これだけでは終わりません。

なんと温泉・岩盤浴のみならず屋内プールやホテルまで併設されている一大施設『奈良健康ランド』と関西チームがコラボします!
現在、企画段階ではありますが、着々と準備は進んでいます。

実はさまざまな企業とコラボをされている奈良健康ランド。カルタと同様に、予想外のことが起こる予感しかしません!

奈良健康ランドプロジェクトの経緯についてはこちらをご覧ください。

書き手:すなみんさん
【夕刊ミノ】関西チームレポ「奈良健康ランドプロジェクト、始動」


箕輪編集室で手を動かす決意

箕輪編集室でオフライン・オンラインを問わずに活動していると、メンバーが物事をテキパキとこなす姿をよく見かけます。それはやはり、一人一人がきちんと物事を「自分ごと化」している証拠だと思います。

みずから手を挙げて「自分がやるんだ。」と決意する。これほど強い動機はありません。

箕輪編集室のイベントを楽しみながらも、しっかりと手を動かして成果を出す。三好さんの死ぬカスカルタ・ホリエモンカルタが顕著ですが、熱狂して手を動かし続けていると想定外のところへ展開していきます。熱量高くアウトプットをし続けることが大事なんだとあらためて気付くことができました。

関西チームの新年会では、イベント企画・運営やバンド演奏、死ぬカスカルタと、メンバーの様々なアウトプットに触れて、刺激を受ける良い機会となりました。ライターチームサブリーダーとしてアウトプットの意識を新たにすることができました。

学びが止まらないオンラインサロン「箕輪編集室」
もしご興味がありましたら、一緒に熱狂してみませんか?


テキスト/荒木利彦
編集/みちるん 河地真里
画像/荒木利彦

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 503本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。