見出し画像

「みの校×政治」異質なものを掛け合わせてみた。「みのポリ」第一弾、開催! 【夕刊ミノ】みの校チーム

こんばんは。箕輪編集室みの校チームの加藤大河です。4月21日(火)の夕刊ミノをお届けします。

“箕輪編集室×政治” 奇跡のコラボ企画! 

箕輪編集室には多くのチームがありますが、みの校チームは学生が中心に活動する「学生チーム」です。4月12日、みの校チームで「みのポリ 〜政治とみの編を近づける〜」が開催されました。


「みのポリ」とは、

・みの=みの校
・ポリ=ポリテック(政治)

を合わせた造語で、「みの編で政治を語るオンラインイベント」です。

画像1

バナー作成/はなみん

中高生が政治を語る機会が少ない

この記事を書いているのは、みのポリを主宰した加藤大河です。僕は小学6年生の頃から政治家を目指しているので、政治には積極的に関わってきました。

しかし、同世代の中高生と身近に政治を語る機会はあまりありません。学生の皆さんの中にも「政治なんて考えたことない」という方もいるのでは? 

でも、本当にそれでいいの?

これが、みのポリ開催の背景でした。直近の選挙(参議院選)の20歳代の投票率は、わずか30.96%です。

私たちのような若い世代が政治に対して意識を高くもち、アンテナを張ることで、社会は少しずつ変わっていくのではないでしょうか。だからこそ、若い世代が政治を語るイベントを企画しました。

いざ、ディスカッション! 

当日に意見交換したことは、以下の2つです。

❶ 政治のイメージってどう?
❷ 令和の日本、どうする?


3つの部屋に分かれて、各4〜5人の規模でディスカッションを行いました。多様な意見が出ましたが、最終的に「私たちが積極的に政治に関わる必要がある」という共通認識を持つことができました。

「現在のシルバー民主主義が進んだ原因は政治家ではなく、若い世代が政治に関わってこなかったからではないか? その結果として、政治家は若い世代への投資より高齢者政策を優先するんだ」という意見が多かったです。

ディスカッションのサマリー(議事録)はこちら

作成/タツキ加藤大河はなみん池田大

画像2

撮影/加藤大河

みのポリに参加して、政治とのキョリが縮まった

ディスカッションの中で、こんな声がありました。

政治から逃げていた

政治と距離を感じていた人が政治を考える機会を得られるのは、とても素晴らしいことです。僕自身も、様々な考え方や価値観の方と意見を交換することで、新しい刺激を貰えました。

今回のみのポリでは、大人の方も来てくれました。幅広い年代の人の意見が聴ける場も貴重ですよね。

第二弾も大好評だったみのポリ! 更に第三弾へ! 

4月19日に開催された第二弾は、「憲法九条」がテーマでした。白熱した議論が行われ、無事閉幕しました! 現在、第三弾の企画最中です! 


第三弾のテーマは「死刑制度」です。

生きるとは何か、抑止力とは何か? 日本の死刑制度の未来を一緒に考えませんか? 

また、第三弾の開催と共に運営メンバーを募集します! 
具体的な活動内容や募集要項についてはTeenszoomのスレッドにあるので、ぜひ見てください! 

楽しいだけじゃない。自分を高めるみの校へgo! 

楽しい企画でワイワイしているみの編ですが、みのポリのような「刺激と成長を与えてくれる企画」も沢山あります! あなたもみの校で、一緒にバージョンアップしていきませんか?

テキスト/加藤大河
撮影/加藤大河
編集/Ai Tanakaこふら
バナー作成/はなみんひでと

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 525本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。