見出し画像

【日刊みの編NEWS】地方チームに、勝算あり。

おはようございます!箕輪編集室中部チームリーダーの岡本です。8月3日(金)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

今回は、地方チームのリーダーとして今後、地方チームがどうなっていくのかということを考えてみようと思います。(中部チームリーダーとしての考えです。他の地方リーダーに確認はとっておりませんので、あしからず!)

箕輪厚介は、待ち合わせ場所である。

箕輪編集室が地理的に関東という土地で生まれている以上、地方チームの大多数のメンバーさんは、関東にいかない限りオフラインでは当然参加しにくい状況にあります。ですが、先に敢えて言わせてください。「自分たちでどれだけでも楽しめるし、学べる場所である」と。

箕輪編集室にはいろんなチームがあり、日夜、いったいどれぐらいの会話が行われているのかというほどいろんなことが話されています。その中でも地方チームの役割は、箕輪さんの原液を地方に拡散することだと理解しています。

最初、中部チームを作るときにしたことは、まず踊り狂うこと。地方チームを作る以上、箕輪さんの方向ばかりを向いていたら「結局関東いけないし、箕輪さんとは会えないじゃん」という雰囲気になりかねません。
箕輪さん本人もいろんなところでそうしてほしいと言っていますが、徹底的に「箕輪厚介を待ち合わせ場所にしよう」と思いました。

短いスパンでチームメンバーと何度も会う仕掛けを作って動きました。熱狂を生み出すには、まず自分から熱狂を見せないと人はついてきません。(カッコよく書いてますが、岡本の場合はただハイボールを飲みまくっていただけとも言えるかもしれません。詳しくは中部メンバーに聞いてください笑)

中部メンバーと会うたびに「中部チームが面白くなるためにはどうしたらいいか」を語り合いました(岡本の右手にはたいていハイボール)。
刺激的な人たちばかりで背中の押し甲斐があったので「どんどんやろう!」と。「無責任に背中を押す」クセのある岡本は、ハイボールを片手に持っている内に、いつの間にかいくつかイベントが自走し始めました。「これやってみたい!」という人が多いとイベントには本当に困りません(笑)

背中をガンガン押しまくった結果が、現在の中部チームのイベントの多さの気がしています。中部チームに入っていただいた新しいメンバーが参加しやすいように、イベント開催はいろんな曜日、いろんな時間を試しました。
一旦落ち着いたかなという気がしているので、リーダーとしてメンバーに「中部チームは面白いところだ!」ともっともっと思ってもらいたいと強く思っています。

中部チームに旗を立てる

ここで、中部チームを今後どうしたい、という岡本の個人的な考えをしたためておきたいと思います。もちろん中部チームへの勧誘です。

1.地方をつなぐ
2.家族参加型
3.人生の仲間づくり

1.地方をつなぐ
関西チームの飲み会に参加するためだけに、大阪にふらっと行ってみたり、関東に仕事でいった時に声をかけさせてもらって飲んだり。深夜のtwitterのテンション(中部チームメンバーの深夜のテンションはもはや名物なのでは)で、9月の箕輪さんの鹿児島講演の日になぜか鹿児島に飛んで美味しいもの食べにいくことにしたり、色んな地方メンバーと関わる機会を持たせてもらっています。

元々、某動画投稿サイトで演奏動画をあげてコミュニティを作り、今みたいなことをして地方をつないでいました。自分の中で、「これだけ楽しいんだから、またやろうかな」という思いが日に日に強くなってきたんです。これから、中部チームは地方に橋を架けにいきます。

まずは、地理的に近い関西チームと合同イベントを作りました。中部チームの頭脳、ユータが企画した関西方面に遊びにいく企画を、そのまま合同の飲み会に。酒の香りがあれば思わず動いてしまうのが中部リーダーの性です。
関西チームの初代リーダーのトムさん(リーダー交代お疲れ様でした!)に相談させていただき、関西チームでもイベントを立てさせてもらいました。

今後、こうやって地方で酒を酌み交わし親交を深めていきます。美味しいお酒、飲ませてください。

2.家族参加型
メンバーの安全安心を守るだけが、コミュニティではないはずです。パパやママ、旦那さんや奥さんが箕輪編集室で何やってるかわからなかったら、家庭の安全安心が担保できません。今後、中部はどんどん家族にも参加してもらえるようなイベントを作っていきたいと思います。今でも少しずつご家族が参加してくれるようになってきたので、今後はもっとそちらに旗を振っていきます。

3.人生の仲間づくり
せっかく同じ時代に生まれ、同じコミュニティに所属した縁。離脱したり、また戻ったりと、そういうゆるく繋がっているというのがコミュニティの特徴のひとつだということは重々承知。それでも自分の人生にとって大事な出会いをたくさん作りたいし、色んな人の大事な出会いのキッカケを作りたいという思いに嘘はつけません。中部チームはその役割を担いたいと思います。

新しいキッカケに出会える場所。ようこそ箕輪編集室へ!

なかなか東京に行けなくて、イベントなどに参加できないなぁと思っているメンバーの方や、箕輪編集室のことを気にはなりつつも「結局遠いしな、何もできないだろうな」と悩んでいる方は、絶対に地方チームで面白いことができると断言します。

箕輪厚介という「原液」を浴びた(?)地方リーダーたちが必ず巻き込んでくれますし、むしろ、どんどん巻き込んでください。そして「この地方がヤバイ」と箕輪さんに思っていただいて、我々が東京にいくのではなく、どんどん地方に遊びに来てもらいましょう(笑)

今後も箕輪編集室に入る人は増えてくると思いますが、気の向くままに遊んでみてください。きっと自分なりの楽しみ方がすぐ見つかるはずです。僕は毎週土曜日、中部チームの何らかのイベントに参加しています(笑)

どのみち後で言うことになると思うので、先に言っておきます。
箕輪編集室への参加、おめでとうございます!ようこそ!
新しいキッカケを探しに来るには今、一番良いコミュニティです。

――――――――――――――
■昨日 8/2(木)のみの編
――――――――――――――
[みの邸]チームでは、ZOOMで全国縦断中!やはり、オンラインとは言え、実際に顔を合わせて話すと全然違うようです。
各地で動き出す予感。最近は、地方から動き出すことが増えています。みの邸は、その起爆剤となりそう!

[神社プロデュースチーム]では、御朱印帳2.0プロジェクトが始動…!アイデア出しのためのワークショップが開催されます。ワークショップデザイナーがリーダーのプロジェクトのため、このプロダクト開発はかなり面白くなりそう。

神社チームは初めてでも何の心配もない、安心・安全の場です。新たなプロジェクト始動のこのタイミングで、ぜひチームにジョインしてみてください!

[フットサル部]の朝練の日程が決まりました!いろんなコミュニティと交流し、独自進化を遂げている部活です。フットサルに興味のある方はぜひ、参加してみてください。一緒に汗を流したら、もう仲間!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
8/3(金)
[ライターチーム]真夏の飲み会
[ライターチーム]かちゃかちゃ夜会@ZOOM
[メディアチーム]子連れ参加OK!動画編集勉強会
[運動部]第一回みの編スポーツ飲み会!
8/4(土)
[関西チーム]BBQするぞ!
[ライターチーム]オリエン
*箕輪さんを応援しに行こう!【灼熱のHATASHIAI】
8/5(日)
[北海道・東北チーム]『死ぬこと以外かすり傷』エリア販促ミーティング
8/7(火)[メディアチーム]動画ワークショップ(スマホ撮影〜PC編集)
8/8(水)*箕輪厚介×北野唯我 「就活・転職相談会」
8/9(木)
[中部チーム]『死ぬこと以外かすり傷』エリア販促ミーティング
8/14(火)[フットサル部]朝練
8/18(土)[神社チーム]御朱印帳をUPDATE!アイデア発想ワークショップ
8/19(日)[中部チーム]中部大新歓 バーベキューしよう♬
8/20(月)[エンジニアチーム]Tool Produce Guild 初戦略会議
8/21(火)
*箕輪本戦略会議&定例会「夏の大悪口大会」
ゲスト:青木真也さん・三浦崇宏さん
8/22(水)*みの編入って半年以内の人限定飲み会
8/25(土)[エンジニアチーム]月例会
9/7(金)[関西&中部チーム]合同飲み

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/岡本 拓也
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
28
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 942本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。