見出し画像

【日刊みの編NEWS】ひとりひとりが語れるストーリーをもつ「箕輪編集室」

おはようございます。箕輪編集室関西チームの今井寿亮です。
9月5日(水)の日刊みの編NEWSをお届けします。

よりメジャーに、クリエイターを排出していく箕輪編集室

箕輪さん初の自著、『死ぬこと以外かすり傷』の出版。また、それに伴う書店ジャックや箕輪さんのドキュメンタリー「箕輪大陸」の上映。

さらに、日経新聞に広告が出たり、スッキリ、サンジャポなどのテレビ出演の数々。

これまでエリアチームメンバーにとっては「SNSやネットの中での箕輪さん」という感じでしたが、近頃では、近くの書店やテレビで会えるようになりました。「ああこうやって、箕輪さんはメジャー化していくのか」と日々感じながら学んでいます。

ちなみに、最近では箕輪さんだけでなく、みの編の諸先輩方も続々と箕輪さんに追いつき追い越せという勢いで、ご自身のサロンを主宰するなど名を挙げています。

リクルートという会社がよく「起業家輩出会社」と言われますが、箕輪編集室は次世代クリエイターを輩出するクリエイティブ集団と言っても過言ではないのでは!?

箕輪さん、そしてみの編。それぞれの魅力

そんなムーブメントにリアルに参加したいと思い、自分にもできることをやっていこうと、身の回りの人たちに『死ぬこと以外かすり傷』をおすすめしたり、「箕輪編集室」の紹介したりし始めました。最初は興味を持ってもらえるのですが、なかなか次のアクションには繋がらず、現実は厳しいことを体感しました。

例えば会社の同僚には「それってお金もらってやってんの??」と聞かれ、合コンでは、「休みの日なにしてますか」という質問に答えると「へーなんかすごそうですね…」と怪しまれる。
実家に100冊の『死ぬこと以外かすり傷』が届いた際には、「なんか変なのに巻き込まれてない?」と本気で心配されるという始末。

やっていることがあまりに多岐に渡っているので、割り切って細かい内容よりも、何故自分はみの編に入っているのか、みの編でどんなことがしたいかを具体的に話すようにしてみました。

すると、先日関西で行われた立命館大学でのイベントで、数名その場で入会してくれました。自分を突き動かす原動力となった考えや思いを言葉で話すということが大事なんだと改めて気づきました。

なぜみの編に入り、なぜ今もこの場所にい続けているのか

僕が箕輪編集室に入ったきっかけは、圧倒的に手を動かせる場所を見つけて「今の自分を変えたい」と思ったから
今から半年前、仕事でそこそこ結果を出し、退屈だなーっと思いながら、もっと面白い仕事はないものかとひとりモヤモヤしていました。そんな時、箕輪さんの講演会がたまたま大阪であり、そこで質問をしたことがきっかけで入りました。

「とりあえず、目の前のことをがむしゃらにやることが大事だ」と言われ、この答えこそが、手を動かし続けている今の僕の原動力となっています。

入会後、実際にみの編で手を動かしているうちに、気がついたら全国に親友ができ、関西チームリーダーになり、新しい居場所ができていました。
今、みの編を続けている理由は単純に、メンバーには爽やかで熱量のある素敵な人しかおらず、多様性に溢れるこの場所で、会社と家の往復の毎日では出会わないであろう人たちと色々な話をするのが楽しいからです。

ひとりひとりのストーリーが人の心を動かす

これから箕輪編集室は、リアルの世界に進出して行きます。

リアルの場ができることで、より多くの人にみの編の活動を直接会って話す機会も出てくるかなと思います。その時に、いかにひとりひとりのストーリーを言語化できているかが勝負だと感じています。

冒頭で、みの編はクリエイティブ集団だと述べました。しかし、デザインができる、動画が作れる、ライティングができるということだけがクリエイティブではありません。面白いイベントを企画したり、組織運営にチャレンジしたりと、どんなことにもクリエイティブの要素はあります。

ひとりひとりの奥底にある、自分らしいクリエイティブを「箕輪編集室」で見つけて、磨いてみませんか?それ自体がストーリーとなり、やがて多くの人の心を動かすことになるでしょう。

箕輪さんに、みの編メンバーに会いにきてください!

箕輪さんに密着したドキュメンタリー映画「箕輪大陸」が9月27日(木)に大阪で上映されます!みの編関西メンバーの熱い想いによって実現した企画です。

平成最後の夏の終わり。箕輪さんや箕輪大陸制作チームの生き方、そして自慢の関西メンバーを是非、間近で感じてください
「何か面白いことないかな」「みの編興味あるけどよくわからない」と思っている方!平日の夜にスカッとしたい方!
間違いなく気持ちは晴れます。当日、会場でお待ちしております。

【チケット購入はこちらから】

ーーーーーーーーーーーーーー
■昨日 9/4(火)のみの編
――――――――――――――
台風が猛威を振るいましたが、みなさま被害はないでしょうか。幸い、渋谷では、風の影響はあったものの無事に読書会を開催することができました。

読書会に先だって、箕輪さんの突然の思いつき?により「大質問大会」を開催しました。

ざっくばらんに、たくさんの質問に丁寧に答えてもらえる贅沢な時間でした。そして、feverの今田さんと、コミュニティデザインチームのこっとんさんから、みの編にfeverを導入するプロジェクトについて説明がありました。
みの編らしい、コミュニティコイン「ミノン(MNN)」の導入、待ち遠しいですね…!


続いて、箕輪さん自身が著書を読み解く『死ぬこと以外かすり傷』読書会が開催されました。このイベント、読書会と銘打っているものの、実はとんでもない貴重なイベントでした。


みの編内限定イベントですが、実はニコニコチャンネルWeekly MINOの有料会員向けに配信されていました!そして、昨日から7日間にわたってタイムシフト視聴が可能です。月額864円でこのイベントが視聴できるならば、絶対にお得だと思いますよ!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
9/6(木)[フットサル部]朝渋×箕輪編集室合同フットサルvol.2
9/7(金)[関西&中部チーム]合同飲み
9/8(土)[関西チーム]新歓
9/10(月)[エンジニアチーム]TPGオリジナルTシャツorパーカー制作
9/15(土)
[PRチーム]9月度新歓 オフライン+ZOOM同時開催
[イベプロ]第一回オリエン
9/17(月)[関西チーム]関西チーム戦略MTG
9/19(水)*9月定例会 ゲスト:イケダハヤトさん 
9/20(木)[ライターチーム]飲み会!
9/21(金)[イベプロ]関東新歓@CAMPFIRE
9/25・26(水木)[九州チーム]糸島動画勉強合宿
9/29(土)*CAMPFIRE COMMUNITY FESTIVAL2018

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/今井寿亮
編集協力/砂糖 塩(佐藤 志保)
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 967本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。