画像1

第6回 バズるSNSの使い方

箕輪厚介・末吉宏臣
00:00 | 00:30
幻冬舎の箕輪とDNAパブリッシングの末吉がお送りするラジオ番組「未来の作家のカタチ」。
第6回のテーマは「バズるSNSの使い方」。

第1回の放送でもSNSでファンコミュニティーと繋がることの重要性を説いていましたが、
今回は影響力を2倍、3倍にもしていくSNSの使い方です。

今やSNSなくして、情報発信はあり得ない時代。
箕輪自身、「出版前でもネタがあればネットに上げていく」と言うだけあって、Twitterで積極的に情報発信を行っています。
その結果、ラジオ収録時は4,000名程のフォロワー数だったのが、現在は5,800名を超えています。

しかし、もともと箕輪自身、Twitterで積極的に情報発信をするタイプでは無かったとのこと。
何がキッカケで情報発信するようになったのか?
そのあたりにも注目しながら、お聞き下さい!

《 第6回の番組内容 》
・フォロワーが少なくても“バズ”は起こる
・編集者がインフルエンサーになる時代
・Twitterのお作法?

【制作協力】
デザイン:前田高志
(https://twitter.com/DESIGN_NASU)
運営・管理:小瀧友貴
(https://twitter.com/yk_mario)

【テキスト配信】
https://note.mu/met2017/n/ncd0b0eb840e4
ライター:林千尋 
(https://twitter.com/h63_chii)
編集:篠原舞
(https://twitter.com/maichi6s)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」

幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組。 堀江貴文の『多動力』や見城徹の『たった一人の熱狂』などを手がけた箕輪厚介、『なぜ堀江貴文の本はすべてベストセラーになるのか』を編集し、数々のベストセラー作家のプロデュースを手がける末吉宏臣。出版の最前線にいるか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。