見出し画像

日本のどこでも財布なしで生きていける

どうも!minowa2.0です。

今、盛んに地方地方と言って、地方に攻め込んでるので、

その意図と戦略を。

箕輪編集室で30人規模の地方拠点を、日本全国に30箇所作りたい。

そうすると、俺が日本のどっかで財布をなくしても、ツイートしたら、すぐにハイボールを持って誰かが助けに来てくれるようになるはず。寝るとこも用意してくれるはず。

こういう世の中になったら、なんなら財布なしで日本中を旅できるかもしれない。

この先、俺のセンスがなくなって使い物にならなくなっても、安心。

いわゆるセーフティーネットになる。

んで、もっと言うと、俺じゃなくても箕輪編集室に入ってれば、日本のどっかで困っても、ツイートすれば仲間が助けてくれるって状態を作りたい。

だから、まず

①30拠点に30人

ここは信長の野望みたいにゲーム感覚で増やしていきます。


30人集まったら

月1で俺がスカイプ飲み会に参加+活動費5万円支給

にします!

②リアルな場所を作る

地方でカフェやってたり、民宿やってたりする人はそこを箕輪編集室の溜まり場として申請してください。なんなら新しくシェアハウスとか作ってくれても嬉しい。

公式に認めたら、箕輪編集室公式ステッカーを送るので、入り口あたりに貼ってください。箕輪編集室のメンバーの駆け込み寺にしましょう。

てな感じです。

日本全国、30人30拠点できたら、絶対面白いはず。

よろしく!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

48
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。