見出し画像

【日刊みの編NEWS】みんなで進めるプロジェクトの価値

おはようございます、箕輪編集室運営担当の浅見です。1月15日(金)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

2021年最初の箕輪編集室の大きなアウトプットは雑誌「サウナランド」ですが、実は現在、徐々にサウナランドのWebメディアの準備を進めています。雑誌で取り扱いきれなかったコンテンツや、Webオリジナルの目玉コンテンツなど、いろいろな仕掛けを行っていく予定です。

雑誌の時もそうでしたが、箕輪編集室のプロジェクトは多くの人が少しずつ関わり合えるのが特徴です。雑誌作りやWebメディア作りの経験がなくても、インタビューを書き起こしたり、ちょっとした記事を書いてみたり、未経験から始められる打席がたくさんあります。

そうしたチャレンジする場を多くの人で循環させることにより、実はとてつもなく大きな力になっていくものです。

個人プレーでガンガン進めれば、プロジェクト自体は速く進むかもしれませんが、もっと大きな力にするためには、みんなでプロジェクトに関わる必要があります。
多くの人が関わったプロジェクトは熱を帯び、少人数ではなし得ないアウトプットにつながることになります。雑誌「サウナランド」もまさにそう。熱狂で走りきって、ついに雑誌が完成してしまうのですから。

一人だけでなく、みんなでアウトプットを作りあえる環境が箕輪編集室にはあります。
ぜひ、そんなプロジェクトに参加してみてくださいね!


***

テキスト / 浅見 裕

***

公式Twitter
公式Instagram
お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/