第8回 どんどん読ませる文章の作り方

★この記事は単品でも購入できますが、月額マガジン『編集2.0』内にも含まれています

国語的な正しさよりも“心地良さ”

末吉:今回お聞きしたいのは、どんどん読ませてしまう、どんどんページをめくってしまう文章の書き方です。

箕輪:えぇー、分かんない。なに(笑)。

末吉:(笑)いろんな著者の人とかを見ていてとか。

箕輪:あぁ、でも僕、めっちゃリライトする編集者なんですけど。

末吉:書き換えてしまう。

箕輪:うん。インタビューとかでも書き換えすぎなほど書き換えちゃうんですけど。何だろうなぁ…。やっぱ流れ、リズムが大事ですよね。何回も何回も読んでこの気持ちいい、RIP SLYMEの歌詞みたいな(笑)。

末吉:(笑)言ってて心地の良い、読んでいて心地の良いみたいな。

箕輪:そうそう。リズムとか語呂の良さとか、すごい意識します。

末吉:なるほどね。

この続きをみるには

この続き:2,359文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

編集2.0

1,000円

※こちらのマガジンは5月より『MondayMinowa』としてリニューアルします https://minohen.com/m/m84c...

または、記事単体で購入する

第8回 どんどん読ませる文章の作り方

#箕輪編集室 公式

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

50

編集2.0

※こちらのマガジンは5月より『MondayMinowa』としてリニューアルします https://minohen.com/m/m84c29a543923
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。