見出し画像

【日刊みの編NEWS】箕輪編集室純正 お守り2.0、完成!

おはようございます。神社プロデュースチームの小野です!
6月8日(金)の日刊みの編NEWSをお届けします。

昨日の夜noteでもご報告させていただきましたが…、遂に、お守りアップデートしちゃいました!

「神社をアップデートするために、プロダクトを作りながら学びを蓄積していこう!」という箕輪さんの一言から始まったこの企画。お守りの既成概念を軽く飛び越えたデジタル提案…。

最初はローマ字がメインでしたね…。ここから英語も調整し…

できちゃった!

やっぱモノが出来上がるとテンションも自然と上がり、この日のコンサルはいつになく和やかだったのが印象的でした(笑)

このお守りを実際に作るにあたって、どうしても成したかった裏目標がありました。

「すべてをみの編で完結させ、"箕輪編集室が作ったお守り"と胸を張って言えること

お守りのデザインは、デザインチームリーダーの前田さんにお願いしました。そしてまだエンジニアチームも構想すら無い段階から、自己紹介スレでエンジニアさんを発掘してナンパしまくったり、無理を言ってエディトリアルデザインが本業の平岡さんにWebデザインをやってもらったり(凄いクオリティのデザインなので是非ご覧ください…!)。
PRチームやライターチームで活発に活動されていたマーケターの服部さんにお願いして神社PRチームを立ち上げたり…と、正真正銘、箕輪編集室純正のプロダクト。  

神社プロデュースチームの使命は、箕輪さんがプロデュースしたプロダクトや思想を、普段と違う角度から社会に刺して、ザワつかせること。
お守りをプロデュースしたことがあるクリエイターなど殆ど居ない中、箕輪さんと箕輪編集室の皆さんの圧倒的な熱量で出来ました。

頒布開始まであと1月、もう少しだけ皆さんの力を貸してください。

お守り2.0の本質

この「お守り2.0」は、伝統に時代を掛けることで生まれました。
次代に残すべき日本の大事なものは沢山あるけれど、近くにありすぎてほわっとしてて、意外と言語化が難しい。だからこそ、すごいスピードで変わり続ける今を生きながら、ふと立ち止まって考える。

箕輪さんの近くにいるとアップデートという単語に慣れ親しんで、ついつい多用してしまいます。もちろん何でもかんでも今っぽく変えれば良いわけではなくて守り伝えたい本質があるからこそ、時代に合わせ伝え方のアップデートをするわけで、根っこの本質を捉える力が何よりも重要。

早すぎる時代の進化の中、昭和的な文脈を用いてもまったく言葉が通じず、極めて昭和的な普通という文脈が溶けた時代。

お蔭様でかなーりエッジの利いたお守りになりましたが、立てたエッジの分、気付きの種は間違いなく多く、#圧倒的努力守の訳に「コミットメント」という単語を入れられたのも、今回の本当に大きな収穫の話。

「祈り」や「願い」を叶えるにはコミットメントが不可欠で、その量は自分と対峙した深さに比例します。自分の事をより自分事にしていく為には、想いを言語化し、宣誓をして手を動かすこと。

自分に対して深く深くコミットメントして、「強く願うこと」と「圧倒的にやり抜くこと」その一連を神に近い、一助を求める。
日本語ではさらっと言えないようなエッセンスをお守りの中に入れることが出来たり、立てたエッジの分、皆でもう一度神社やお守りを考えてもらえる種になればいいなと、作ってみた今、改めて思った次第です。

まだまだ続くよ神社PJ!

ということで、先日発表したお守りPJ第2弾…!

みの編で神社公式SNSの運用も開始…!

御朱印帳2.0も始まります…!


[神社プロデュースチーム]は、社会をザワつかせるみの編の稀有な飛び道具として、伝統のアップデートに挑んでいきます…!
興味のある方は是非是非一緒に遊びましょう!神社プロデュースチームでお待ちしています(^-^)/

ーーーーーーーーーーーー
■昨日 6/7(木)のみの編
ーーーーーーーーーーーー

箕輪編集室は、まもなく一周年を迎えます。
一周年を記念して[ライターチーム]では、箕輪編集室の一年をまとめた『みの編史』を制作中。

表紙デザインを依頼された[デザインチーム]リーダーの前田さんの今日のつぶやきで、途中のものが見られます。かっこよすぎる…!
初期から在籍している前田さんが、デザインに込めた想い。みの編をブランド化してきた前田さんの、そして、デザインの力を感じずにはいられません。

夕方に公開された、「Signifiant Style」に掲載された記事、こちら実は、[ライターチーム]に正式に発注いただいたもの。
みの編公式noteを更新し続けた結果、サロン外にも信頼が溜まっていき、仕事の受注につながっています。

夜には、いよいよ来週に迫った「若手力」に向けて、リーダーミーティングが開催されました。リアルに集まれなかった浅見さん綾さんは、ZOOMで参加してくれました!
当日が楽しみです!!

先日設立された「美術部」では、初イベントが企画されました。落合陽一さんの個展を見に行くイベントです。アートに関心がある方、ぜひ「美術部」にご参加ください!

ーーーーーーーーー
■今後のみの編
ーーーーーーーーー
6/8(金)[映像・音声チーム]中級者・初心者動画編集勉強会
6/10(日)[神社プロデュースチーム]6月第一回ミーティング
6/12(火)[映像・音声チーム]ASAKATSU!!
6/14(木)[女性チームPrima]「読書という荒野」ZOOM読書会
6/15(金)*若手力〜25歳で突き抜けられる行動指針〜箕輪さん・ゆうこすさん・田端信太郎さんによるトークセッション
[関西チーム][北海道・東北チーム]ライブビューイング
6/16(土)[PRチーム]懇親BBQ!!
6/17(日)[中部チーム]中部Meet Up!!
6/20(水)[イベントプロデュースチーム]第三回みの編歓迎会
6/22(金)*[関西チーム]箕輪さんとの親睦会
6/25(月)[美術部]「山紫水明∽事事無碍∽計算機自然」展 鑑賞会
7/16(月祝)
[イベントプロデュースチーム]第四回みの編歓迎会
[部活チーム]箕輪編集室×コルクラボ フットサルフレンドマッチ
7/28-29(土日)*[イベントプロデュースチーム]秩父大合宿
*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/Ryoki Ono
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

この記事が入っているマガジン

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 819本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。