見出し画像

【日刊みの編NEWS】2021年、今年も箕輪編集室をよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます! 箕輪編集室運営チームです。 
1月1日(金)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

迎春! みなさん、無事に2021年を迎えられたと思います。

世間的にはコロナにふりまわされた2020年でしたが、2021年はみの編的には4年目を迎えます。さて、今年は、どんな新しいことが始まるのでしょうか? ワクワクします。

毎年1月1日の日刊みの編NEWSは、運営チームメンバーの年始ご挨拶とさせていただいております。それではどうぞ!

浅見 裕

あけましておめでとうございます!
まる3年以上みの編にいて、様々な変化を楽しんできました。
みの編のコミュニティはいったん熟成しきった感じもあるので、2021年は未知なる新しいフェーズのみの編になりそうな気がしています。

サウナ雑誌も発刊し、それに伴い地に足がついたプロジェクトが走りつつ、新しいチャレンジもバシバシできる年になると思います。

今年も一年、楽しんでいきましょう!

高橋和矢

あけましておめでとうございます。
箕輪編集室にとっては4回目の、私にとっては昨年7月に運営チームの一員になり、はじめて迎えるお正月。

今の箕輪編集室は、20以上あるチームが独自の進化を続けることによって成り立っているように思われます。
雑誌『サウナランド』制作のようなビッグプロジェクトから2020年最優秀チーム賞を獲得した沖縄チームの「スナックバトンタッチ」に代表される居場所としてのコンテンツまで、バラエティに富んだ活動が繰り広げられている毎日です。

2021年はどのような年にしましょうか。
一年の計は元旦にあり。なんて言いますので、箕輪編集室のことや仕事のことなど、ぼんやり考えながらのんびり過ごしていきます。

今年もよろしくお願いします。

堀 基晴

あけましておめでとうございます。
ひょっとしたら今年はあけないんじゃないかと心配していましたので、無事にあけていてほっとしています。

2020年は、世界的にコロナの影響で大きく世の中が変化した1年となりました。その中でも、箕輪編集室は新しい生活に対応しながら、どんどん価値を深めていった1年だったのではないかと思っています。

2021年は、サウナ雑誌の発行やイベントの開催など大きなプロジェクトがすでに控えています。ぼく自身も楽しみながら、多くのメンバーさんも箕輪編集室を楽しんでもらえたら素敵だなと考えています。

今年も1年、よろしくお願いします!

三浦俊平

あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろなことがあり、「コミュニティの運営担当」として考えさせられることがたくさんありました。

外部の環境や外からの評価がどうであれ、
・チャレンジのための大小さまざまな打席があること
・チャレンジする人の背中を押し、応援できる人たちの集まりであること
・ニーズのない出会いがどんどん生まれる場所であること
・何かあったときに帰ってこられる居場所であること

という箕輪編集室の本質に変わりは無いと思います。そういった場が維持できるよう裏方として今年もがんばりたいと思います。

最近公私共に立て込んでおり、なかなかイベントに顔が出せてないので、今年もしばらくは日刊のコラム職人としてお目にかかる感じになるかと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

村田敏也(トムさん)

あけましておめでとうございます。箕輪編集室も4年目ですね。

毎年、新しい人が活躍して新陳代謝しているみの編。さて、2021年は、どんな新しい人が登場して活躍されるのでしょうか? とっても楽しみです。

みの編は、年齢も、性別も、職歴も、役職も関係ないし、ましてや、先輩も後輩というような関係もない理想の居場所だと思います。こんな珍しい居場所のみの編で、いろんなことを実験して、世界に飛び立つ人も多くみているので、皆様も新しいものにどんどん挑戦してみてくださいね。

ある意味、みの編は実験道場! 今年もいろんな人を応援したいなと思っております。楽しく遊んでしまいましょう!


***
テキスト/箕輪編集室運営チーム
***


公式 ツイッター
公式 インスタグラム

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
16
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/