見出し画像

大人の全力の茶番でチームリーダーに最大の感謝を! 【夕刊ミノ】中部チーム

こんばんは。箕輪編集室中部チームの岡本拓也です。12月30日(月)の夕刊ミノをお届けします。

去る12月7日、豊橋で「中部大謀年会」および「リーダー交代式」が執り行われました。内容は「中部チームの忘年会」なんですが、今回は1年間中部チームという大きな地方チームを引っ張ってくれた藤澤厚志(以下、あつし)に感謝を伝えられるようなイベントを企画しました。


「人に感謝を伝えるために大真面目でふざける」ことの大切さ

今回、中部チーム忘年会のテーマは「ソロ婚」です。つまり、パートナーがいない結婚式です。このテーマにはさすがに会場の担当の方も驚いていました。

10月のとある日、関東に住んでいるはずのまちこが名古屋へ飲みに来ていた時に、あつしと今後の中部チームについて語っていました。あつしがチームリーダーを交代したいという話から、だったらみんなに盛大に労ってもらおう! ということで忘年会を企画する流れになったのです。

地方チームのリーダーは盛り上げていくために相当なプレッシャーがかかります。なので、去年の忘年会で着任して以来、1年間中部チームという大きい箱を引っ張ってくれたあつしを「しっかりと労いたいな」と前々から思っていました。

盛大に労ってもらおう! となれば、いろんな地方から参加してもらわないといけません。箕輪編集室メンバーへ招待を送ったときに「なんだこれ!?面白そう!!」と思ってもらう必要があります。

一緒に飲んでいたまちこが元ウェディングプランナーだったことは知っていました。そこでふと思いついたんです! 

「あつし、ひとりで結婚式してみない?」

本人は目が点になっていましたが(笑)、とにかくこうして企画が走り出しました。一見ふざけた企画ですが、中身は大真面目です。本物の結婚式を超えるクオリティでイベントを運営したかったのです。

そこで、まず運営メンバーを誰にするのか、日程調整と会場選定などいろんなことをその場で決めていきます。イベントコンセプトが明確なので概要も20~30分でほぼ決まりました。今回は、大真面目にふざけることが彼に感謝を伝えるいい方法だと思ったんです。今書いていても「とんだ茶番を企画したもんだ(笑)」と思っています。

運営メンバー全員が「あつしのために全力でやる」というのを胸に秘めていました。彼はこの1年間、迷いながら手探りで頑張ってきました。その行動がみんなから完全に信用されていたんです。コミュニティの貯信というのはこういうことだと思いました。

「あつしのため」と思う運営側と、その思いを汲み取れるあつしのテンションが完全にマッチしており、イベントは大成功でした。

ソロ婚なので、もちろんあつしは「新郎」だったんですが、新婦は誰かっていうと、次のリーダーである僕です! まさか自分が人生の中で「新婦」と呼ばれるとは思ってもいませんでした(笑)。 

画像1

(撮影/藤澤 厚志

イベントの中身はこれから参加してくれたメンバーたちが夕刊に書いてくれると思いますので楽しみにしていてください! 

人生の仲間づくりができるオンラインサロン

今回は、もちろん中部チームのOBやOGにもご列席いただきました。僕らはOBやOGの存在がとても大事だと思っていて、彼らや彼女らがいたから今の中部チームがあるわけです。だからこういう節目のイベントには声をかけるようにしています。ちゃんと参加してくれるのが幸せですよね! それだけ在籍中に強い関係が築けたのかなと思います。

そして大真面目にふざけるので、当然ご家族もご招待しました。ご家族にも全員ご参加いただけて、さながら雰囲気は本物の結婚式。(中部チームはご家族も軽率に巻き込んでいくスタイルです)。

「ソロ結婚式のクオリティ高かったし、リーダー交代の流れが、もう素敵すぎたし、結婚式に負けないくらいの愛を感じました」

そうなんです、愛があるんです。全力でふざけ倒すのも中心には愛があるからです。愛があるから人って集まってくるんだとずっと思っているし、今回のイベントは本当に愛が溢れていました。中部チームへの愛だったり、あつしへの愛だったり。

たかがオンラインサロンかもしれません。それでも、これだけ愛に満ち溢れたイベントができます。感謝を伝えることができます。

僕が中部チームを作ったときに「人生の仲間づくりをしてほしい」ということをしきりにメンバーの皆さんにお伝えしていました。たまたま同じ時代に生まれて、たまたま同じオンラインサロンにお金を払って所属して、たまたま出会った関係ですが、それを最大限活用してほしいと願いながらチームを運営していたんです。

これから、あつしにバトンをもう一度渡してもらいリーダーに復帰してチームを新たな高みへと導く挑戦をしますが、やっぱりこの軸だけはブレがあってはいけない! と思っています。
オンラインサロンという環境を利用して、「人生の仲間づくりはやっぱりできるんだ」と改めて確認した夜でした! 

新郎役の前リーダーあつし、新婦役の新リーダー岡本を支えてくれたのはオンラインサロンで出会った最高の仲間たちでした! 大謀年会運営チームありがとう! 

画像2

(撮影/山田 涼太郎


テキスト/岡本 拓也
編集/氷上 太郎帆足 和美
バナー/川端 康介


***


お問い合わせ:minowa.et@gmail.com
箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
35
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 525本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。