見出し画像

【日刊みの編NEWS】ここにしかない機会を生かすために

おはようございます、箕輪編集室運営担当の浅見です。11月1日(日)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

箕輪編集室に参加するメリットの一つに「普通では経験できないようなプロジェクトの打席に立てる」ことがあります。箕輪さんが様々な案件を「みんなでやろうぜ!」と持ちかけてくださり、それを興味ある人が手をあげてジョインしていくイメージです。

すごいところは、箕輪さんが持ってくる案件は超メジャー級のプロジェクトばかり。僕も過去には、西野亮廣さんのイベントや前田裕二さんのトークショーなど、様々な企画を仕切る機会をいただきました。

これらの打席は、箕輪編集室に属していなかったら絶対に巡ってこなかったチャンスであり、自分を全く違う角度から成長させられるとても貴重な機会だと思っています。
このようなプロジェクトが、箕輪編集室にはゴロゴロあるということです。

今話題の雑誌「サウナランド」において、僕も撮影メンバーとしていくつかの取材に参加させていただいておりますが、普段ではなかなかコンタクトができない方や、サウナ施設を思う存分撮影できる機会であり、普通では経験できなことをこのプロジェクトで経験させてもらっているなあと、しみじみ感じています。

一人ではできないような経験を、箕輪編集室でやっていく。転がっている機会を自分の成長に生かすために、えいやっと様々なチャレンジをしていくことをお勧めします!

***

テキスト / 浅見 裕

***

公式Twitter
公式Instagram

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 1001本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。