夕刊ミノのバナー

女子だけのボードゲーム大会ってこんなに楽しいの!? #リリプリひな祭り【夕刊ミノ】リリプリチームレポ

こんばんは。箕輪編集室リリプリチームの沖山緑です。3月14日(木)の夕刊ミノをお届けします。

私たちリリプリチームは女性限定のチームですので、男性メンバーからはよく「リリプリってどんな感じなの?」と聞かれることがあるのですが、「女子会最高!」という一言に尽きます。

そんなリリプリが2月24日(日)に開催したイベント「リリプリひな祭り -PINK PARTY-」の様子をレポートしていきたいと思います! 

今回は代官山のおしゃれなパーティースペース『N'sラウンジ』が会場でした。タイトルにある通り「ひな祭り」がテーマとなっています。またドレスコードは「ピンク色」でした。

新年会の時の企画力と進行がとても素敵だったので「私も何か役に立ちたい!」と思い、私はスタッフとして参加。

イベント前には、はまみちゃんが作ってくれたかわいいバナー(上の画像です)をもとに、皆さんにひな祭りの開催を告知しました。 

女子の盛り上がるコンテンツがいっぱい!

リリプリのイベントは、リーダーの菜穂さん、サブリーダーのまゆみさんありたけさんを中心に、年齢や職業がバラバラの女性たちでも楽しめる企画を用意してくださるので、いつも女子の盛り上がるコンテンツでいっぱいです! 

運営スタッフの話し合いをしている中で、とにかくサブリーダー・ありたけさんのアイディア出しがすごかったです! お店のイメージから当日のレクリエーション企画まで次々と細かく考えてくださるので、他のメンバーも気兼ねなく自分の意見を出せるようになり、少しずつイベントが形になっていきました。

そして迎えたイベント当日。

かわいい名札カードやお花を用意して、お店をリリプリ仕様にするべく飾り付けにも気合が入ります。

開始時間が近づくにつれ、ドレスコードの淡いピンクや鮮やかなピンクに身を包んだリリプリ女子たちが続々と集まり、会場は一気に華やかに。

そしていよいよ開始時刻の19時です! 2月14日に行われた箕輪編集室の定例会でも司会を務めていた三浦さんとリーダーの菜穂さんの司会でスタート!

参加者は19名だったのですが、イベント初参加というメンバーもちらほら。リリプリメンバーはみんな話しやすいので、初めてでもすぐになじむことができるんです。

そんな初参加メンバーの中には、去年12月に行われたリリプリのイベント「女の運命は髪で変わる」にお客さんとして参加されていた方も! 「イベントが楽しかったので箕輪編集室に加入しました!」とお聞きして、リリプリとして再会できたことを嬉しく思いました。

珍回答も?! 女子の心に刺さりまくるゲーム企画

そして場が温まってきたところで、ボードゲームソムリエの松永さんによるボードゲームがスタート。

最初のボードゲームは「クイズいいセン行きまSHOW!」

ルールは2人1組でチームを組んで松永さんから出される質問に数字を回答します。最も平均的な数字を回答できたチームが得点をゲットし一番大きな数字と小さな数字を答えたチームは減点されるというものです。

一つ目の質問は「義理チョコをあげるとしたらいくら?」でした。

一斉に出したみんなの回答は450円~2,000円と幅があり、「えー!」と驚きの声が。

そのあとも回答が出されるたびに議論は白熱し、あっという間にゲームも終盤。「手作りのお菓子をあげるのが100ラブとすると、手編みのセーターをあげるのは何ラブ?」に対する回答では100を切る数字が多いなか、リーダー・菜穂さんの回答はなんと...!

「1万ラブ♡」

桁違いの数字に圧倒される一同。ちなみに、このときの中間の回答が500ラブで、菜穂さんはトップだったので減点となりました。

そしていよいよ最後の質問です。

「彼氏と連絡を取らなくても平気なのは何日?」

ここでも菜穂さんの迷回答(?)は止まりません。

即座に「半日♡」と回答されました。

まさかの短さに、またその場がザワつきました。一途すぎませんか。

一方で、私と佐藤さんのチームは自分たちの価値観ではなく、周りのチームがどう出るかを考えて中間を狙ってゲームを進めていました。
その結果、なんと優勝!
ゲームをしている間、菜穂さんの回答を聞くたびに「自分らしさを殺して勝ちに行ってんじゃないわよ!」とビンタされている思いでした(笑)。

休憩を挟んで、次のゲームは「ゲットスイートラブ」、略して「ゲスラブ」。

参加者がそれぞれ選んだイケメンカードに、「真面目(5ポイント)」や「変態(-1ポイント)」などの属性カードを足していき、最終的にポイントの高いイケメンをゲットしたら勝ちというゲームです。

新しい属性が足される度に悲鳴が上がったり、メンバーそれぞれの意外な「本性」も見れることで、メンバーは大盛り上がり。

そんなこんなでリリプリひな祭りは終始キャッキャしまくりでした。

一緒に楽しんでくださったチームのみなさん、司会の三浦さん、ボードゲームソムリエの松永さん、カメラマンの池田さん、ありがとうございました!


実は...ゲスラブのあまりの面白さに菜穂さんは速攻Amazonでカードをポチリ。

開催日決定! 次回のリリプリ『ゲスラブゲーム』大会♡

今回のボードゲームで一番の盛り上がりを見せたゲスラブ。
実は次回3/19(火)20時からリリプリによるゲスラブゲームの開催が決定しました! 場所は渋谷にあるダイヤモンド社様にて行います。

お申し込みはFacebookの箕輪編集室リリプリチームからできるので、ぜひ参加してくださいね! 16名限定なのでお早めに。

テキスト/沖山緑
編集/ありたけ佐藤流空
写真/池田実加


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

この記事が入っているマガジン

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 472本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。