見出し画像

とにかくあったかく、やさしい関西【夕刊ミノ】関西チーム

こんばんは。箕輪編集室(以下、みの編)関西チームの
とべちゃんです。1月15日の夕刊ミノをお届けします。

昨年末、2020年に開催した数々のイベントを振り返るとともに、2021年のそれぞれの目標をみんなで寄せ書きするイベント「関西で灯った輝き2020→2021」をオンラインにて開催しました。

当時のことを思い出したり、その時の思いなどを振り返り、2020年の輝きを2021年に繋げることができた素晴らしいイベントになりました。

さて、僕自身2020年のみの編を振り返ると…
入会したのは4月…当時何も分からない状態でした…

とりあえず、一番身近だと思った関西チームに入ってみたのですが、イベントがたくさんあって何が何だか分からない。
(みの編にはライティングやデザイン等を行う17つのクリエイティブチームと北海道から沖縄、アジアを拠点とした8つのエリアチームがあります。)

分からないなりに様々なイベントを見ていくとチームのリーダー達と1対1でお話できる「関西1on1」というスレッドを見つけました。

リーダーの人たちに分からないことや困っていることを相談したら今後のみの編で活動しやすいかと思い、勇気を出して申し込みました。

元々関西人ではあるのですが、溶け込めていない僕はどこかアウェー感があるじゃないかなという先入観を持っていました。
しかし、実際話してみると、優しく受け入れてくれて、FacebookやZoomの使い方から他チームのことまで丁寧に教えてくれました。

僕が関西チームのあったかさを感じた初めての瞬間でした。
(「関西1on1」は随時開催しますので興味ある方はぜひ。)

これを期に、初めてのイベント参加も、初めて自分のイベントを作ったのも関西チームでした。
メンバーは忙しい時でも、優しく丁寧にサポートしてくれました。
おかげで今では関西チームだけでなく他のチームでも楽しむことができるようになりました。

関西チームにはアットホーム感がある。

関西チームのイベントはオフラインだけでなく、オンラインでもチーム特有のあったかさを不思議と感じることができます。

「人生で1ミリも為にならない豆知識会」といったゆるい企画から「ビリギャルから学ぶ生き方・人の育て方」といった深い企画まで、どんな企画でも参加者があったかいんです。
そこには参加者全員が楽しめるようにサポートしてくれる人たちがたくさんいるんです。

例えば、
・Zoomで声を出して話せない時でもチャットで盛り上げてくれる人
・イベント前日や当日、直前までリマインドを行う、根回し上手な人
・良いところをたくさん褒めてくれる、褒め上手な人
・自分と同じ目線に立って思ったことを素直に伝えてくれる人

ほんとに良い人ばかり!

関西チームのアットホーム感は、メンバーそれぞれの魅力が積み重なって、生まれたものだと僕は考えています。

あったかさ、優しさこそが関西の輝きのシンボルであり、2021年もその灯火がきっと引き継がれていくのだろうと勝手に思っています(笑)。

最後に、関西チームのイベントに参加したことのない方や関西にお住いでない方も、ぜひ一度関西チームであったかさを体感しに来てみてください。
2021年も関西チームのメンバーから素敵な企画が今年もたくさん生まれるのを楽しみにしています!

テキスト/とべちゃん
編集/かめ清水えまい
バナー/清水えまい
校正/ちゃんすけ

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/