画像1

第38回 地方と動画の可能性

箕輪厚介・末吉宏臣
00:00 | 00:30
幻冬舎の箕輪とDNAパブリッシングの末吉がお送りするラジオ番組「未来の作家のカタチ」。
第38回は「地方と動画の可能性」。

1月19日の静岡大学での講演をキッカケに、ほぼ週末は全国各地で講演を行っている箕輪さん。
その地方講演を通して感じたことは「地方と東京に大きな差はない」ということ。
環境や人脈といった差はあれど、そこを解決すれば、地方でもブレイクできる可能性を秘めた方がいらっしゃったようです。

そんな地方の人がやるべきことの一つが動画。
では、なぜ動画なのか?
その続きは、ラジオで是非チェックしてみてください!

《 第38回の番組内容 》
・人脈、環境が得られれば、地方でもブレイクできる
・イベント以外のアウトプットを増やせ
・クリエイティブレベルを高めれば、地方はブルーオーシャン
・「テラスハウス」のように、印象を残すことが大切

【出演】
箕輪厚介
末吉宏臣(ナビゲーター)

【制作】
映像収録:三浦佑介
写真撮影:壁井裕貴
広報:三浦俊平
デザイン:前田高志
運営・管理:小瀧友貴

【Youtube】
みのわチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8wKXRtva_tOgAfiSvyLoKw...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」

幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組。 堀江貴文の『多動力』や見城徹の『たった一人の熱狂』などを手がけた箕輪厚介、『なぜ堀江貴文の本はすべてベストセラーになるのか』を編集し、数々のベストセラー作家のプロデュースを手がける末吉宏臣。出版の最前線にいるか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。