見出し画像

リーダーだけがチーム論を語る時代は終わった。チームに関わるすべての人が知るべき、5つの法則 #THETEAM

チームの概念が変わった。

本来チームというものは誰かから与えられるものだった。しかし、ネットワークが発展し、あらゆる人と簡単に繋がれるようになった現在、チームは自らつくるものとなった。

チームを組むということが日常化しているにも関わらず、今は組織に頼らず個の力をつけるべきだと、チームよりも個人の方が重視される傾向にある。

しかし、人が一人で出来ることは限られている。より大きな成果、やりがいを得るためにはチームを組むことが必要不可欠だ。

チームに所属すると搾取される、と誤解している人もいるが、個とチームは対立概念として捉えるものではない。持つべきなのは、「個がどうチームを作り、活用していくか」という視点である。

そんな中、チームの力で会社の時価総額を10倍にまで押し上げた組織がある。組織人事コンサルティング事業を手がける株式会社リンクアンドモチベーションだ。

株価上昇の起爆剤となったのは、2016年にリリースされた「モチベーションクラウド」。従業員のエンゲージメント数値化し組織の改善のPDCAを回すことができる国内初の組織改善クラウドサービスで、2018年3月には導入数が500件を突破。HRTechの牽引役として大きな注目を集めている。

この圧倒的な実績を生み出したのが、取締役の麻野耕司氏率いるチームだった。

麻野 耕司(あさの こうじ):
モチベーションエンジニア/株式会社リンクアンドモチベーション取締役/株式会社ヴォーカーズ取締役副社長
1979年兵庫県生まれ。2003年慶應義塾大学法学部卒業。同年株式会社リンクアンドモチベーション入社。2010年中小ベンチャー企業向け組織人事コンサルティング部門の執行役員に当時最年少で着任。2016年国内初の組織改善クラウド「モチベーションクラウド」立ち上げ。2018年同社取締役に着任。同年株式会社ヴォーカーズ取締役副社長を兼任。国内最大級の社員クチコミサイト「Vorkers」を展開。著書に「すべての組織は変えられる~好調な企業はなぜ『ヒト』に投資するのか~」(PHP研究所)。


しかし、もともと10名弱だったこのチームは業界の中で全く存在感がないことはもちろん、会社の中でも白い目で見られる存在であった。

崩壊していく組織、相次ぐ退職。当然、業績も右肩下がりで落ち続ける現状に麻野氏は頭を抱えていたと言う。

このような状態に陥っているチームは珍しくない。

「メンバー間の意思疎通がうまくいかない」、「ぎすぎすした雰囲気で発言しにくい」、「目標に対して誰もコミットしない」といった悩みを抱えている人は多いはずだ。

では、なぜ麻野氏のチームは業績・組織状態共に羨望のまなざしを向けられるようなチームに生まれ変わったのか?

きっかけとなったのは、後輩の一言だった。

「クライアントに伝えている組織変革のノウハウを、もっと僕たちのチームで実践しませんか?」

それから麻野氏は企業向けの組織変革のノウハウを、より少人数の自分たちのチームに活用できる「チームの法則」に置き換え、徹底的に実践した。

結果、チームの売上は10倍に。業績だけでなく、組織状態も劇的に改善され、20~30%だった退職率は2~3%となったのだ。

これは麻野氏だから実現できたのだろうか? チームづくりを成功に導くのは、リーダーのカリスマ性に拠るところが大きいのだろうか?

答えは否だ。

「チームづくりには特別な能力や経験は必要ありません。ただし、そこには確固たる法則が必要です。すでに世の中にはチーム論の本は多く存在します。でも、ほとんどが私はこんな風にやってうまくいったという経験則とか、信頼が大事という精神論なんですよね。そういうものではなくて、僕はチームというものを科学してみたかったんです。普遍的な法則を見つけて、再現性を持って伝えたい。そう思って生み出したのが5つの法則です。」と麻野氏。

こうして完成したのが『THE TEAM 〜5つの法則〜』だ。

『THE TEAM 〜5つの法則〜』では最初にある質問を投げかけている。

「チームにおいて1+1=2以上になるか?」

この問いにあなたは論理的に答えられるだろうか?

本書では、1+1を2以上にするための様々な法則を紹介している。

最も初歩的な方法として紹介しているのが「適材適所」だ。

ここに企画が得意で運用が苦手なAさんと、企画が苦手で運用が得意なBさんが二人でチームを組んだとしよう。

Aさんが得意な企画をすべて引き受け、Bさんが得意な運用をすべて引き受ければ、AさんもBさんも一人で活動する時よりも高いパフォーマンスが出せる。

結果として、1+1は2以上になる。

言われてみれば当たり前のことだが、私たちはこのような初歩的な法則すら、日常的に使いこなすことができていないと麻野氏は語る。

『THE TEAM 〜5つの法則〜』は経営学・心理学・社会学などの様々な学術的知見を、誰もが使える分かりやすい「チームの法則」として紹介している。

個人の力を最大限に活かしたチームづくりを目指す人にとって、武器となる1冊だ。

***

テキスト:篠原舞
写真:さどまち

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
28
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。