見出し画像

勇気を出してジャンプすると、win-winの関係ができる ~『戦略と情熱で仕事をつくる』発売記念 著者・編集者インタビュー 後半~

「好きなことで生きていく」とは、どこかで聞いたような言葉ではないでしょうか。

2019年7月24日(水)、ダイヤモンド社からビジネス書『戦略と情熱で仕事をつくる』が発売します。この本は著者、編集者、ライター、デザイナー制作陣全てが、箕輪編集室(以下=みの編)メンバーです。これは出版業界において初の試みとなる一冊。出版業界にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

そして『戦略と情熱で仕事をつくる』は、自分の好きなことを「戦略×情熱」で仕事につくり変え、本当に「自分の好きなことで生きていく」ことを実現した、ボードゲームソムリエの松永直樹さんの生き方を描いた一冊です。

同書籍の発売に先駆けて、著者である松永直樹さんと、担当編集者の木村香代さんの両者にインタビューを行いました。今回は、同書籍が生まれたきっかけや制作の取り組みを、前編・後編に分けて2日連続で公開します。

〈プロフィール〉
松永直樹(まつなが・なおき)
ボードゲームソムリエ、ボードゲームデザイナー。『7つの習慣(R)』のボードゲーム制作のオファーされデザイナーデビュー。クラウドファンディング「Makuake」において、日本で行われたボードゲームのクラウドファンディングプロジェクトで史上初の1000万円を突破。2年後の『7つの秘宝』でもクラウドファンディングでも、1000万円を突破した。現在はボードゲーム開発や監修だけでなく、メディア活動にてボードゲームの魅力の発信している。

木村香代(きむら・かよ)
ダイヤモンド社書籍編集。大学卒業後、レコード会社を経て、スターツ出版で雑誌編集に携わる。その後、ダイヤモンド社へ転職しマネー雑誌『ZAi』 を経て書籍編集部に。『改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての投資信託』、『つみたてNISAはこの8本から選びなさい』ほかマネー本を数多く担当。2児の母、韓流好き。


制作メンバー全員の熱量が高かった

―本を出すにあたって、編集者は著者さんのことを調べたり、会って話したりしますよね。木村さんから見て松永さんの印象はどういうものでしたか?

木村:あるボードゲームイベントに参加した時に、紹介してもらったのが最初の出会いです。その紹介者からは「彼は、ものすごいボードゲームオタクです」って説明を受けて(笑)。

松永:すごい雑な紹介ですね(笑)。

木村:そのボードゲームイベントは、子供も一緒に参加できるものでした。そこで、松永さんは「好きなことがあればそれで食べていけます!」という話をされていたんです。

親御さんたちに、すごくその言葉が刺さっていたのが印象的でした。私もそのうちの1人で、その場で『7つの秘宝』を買いましたからね(笑)。

実際、松永さんの経歴を見てみると、クラウドファンディングで1200万円を集めて『7つの習慣(R)』のボードゲームを作ったりしていて、熱量のある方だと感じていましたね。

松永:そうなんですか?

木村:頑張ってひとつのことを成し遂げるってなかなかできないんですよ。それでも周りを巻き込んでやっていかないといけなくて、『7つの習慣(R)』の販売も含めて一人ではできない内容を、しっかりと周りを巻き込んで活動されていた。すごい熱意があったんだなって思いましたよ。

松永:ありがとうございます。

木村:原稿の校正を依頼した時は、一晩か二晩で1万字以上の修正が返ってきて(笑)。

松永:その日は寝ないでやりましたね(笑)。1万5000字ぐらい書いた記憶があります。逆に、たくさん修正入れてごめんなさいと思いました。

木村:松永さんの熱量もそうですが、みの編メンバーの熱量もすごかったですよ。

松永:それは僕も肌で感じましたね。

木村:ライターチームに松永さんへの取材のテープ起こしを頼んだんですよ。そしたらあっという間に出来上がって(笑)。普通、テープ起こしを業者に依頼すると1週間から10日かかるんですけど、3、4日ぐらいであがってきてスピード感に圧倒されましたね。

松永:デザインチームのリーダー・平岡さんが装丁のデザインをしてくれた時もすごかったですよね。最初の装丁案が10個以上出てきた時は、すごいと思いました。

木村:私は、表紙の文字が縦書きか横書きか、とか何も言っていなかったんですけど、それでも10個以上出てきました。

ー制作メンバー全員の熱量が高かったんですね。

木村:本当にそう思います。


制約がなく、良い意味で枠が外れる場所

ーどうしてここまでメンバー全員が活発に動けたと思いますか?

木村:やっぱり、自分たちが読みたい本を作ろうとすごく楽しんでやってくれたんだと思います。

オンラインサロンっていろいろな種類があって。サロンオーナーがコンテンツを発信してそれをメンバーが受け取る「コンテンツ型サロン」と、みの編みたいに箕輪さんからプロジェクトが降りてきて、それをみんなで取り組む「コミット型サロン」があります。

数多くのプロジェクトが降りてくるみの編でも、まるまる一冊の本を作ったことはなかった。だから、それをやってみたら面白いかなって思って、運営の柴山由香さんに相談させていただいたんです。

最初は、ライターチームリーダーの橘田さんも「やったことがない。大丈夫かな...」って心配してたんですけど、柴山さんが「チャンスだからさきやりなよ! みんな手伝ってくれるから!」って(笑)。

ーみの編の熱量ですね。著者として、みの編と一緒に本を制作してどう感じましたか?

松永:僕は12月にみの編へ入ったんですけど、オンラインサロンのことをまったく知らなかったんですよ。未知の領域でした。

いまだにカオスというところはありますが、すごく熱量は伝わってきました。異常な熱量を持った人が多くて、正直「ここ、ヤバいコミュニティだな」って思ってました(笑)。

でも、しばらくみの編にいて分かったんです。制約がない分、良い意味で枠が外れやすい。みの編はそういうコミュニティだと。

木村:本を読んでもらえれば分かるんですけど、松永さんは結構苦労しているんですよ。一斤50円のパンを冷凍して毎日食いしのいでた経験があったりして。

その松永さんが心地良いって言うのは相当だと思います。サードプレイスとしていい感じに機能しているんじゃないかって。

ーサロンオーナーの箕輪さんも、「みの編の活動全てを把握しきれてない」とおっしゃってますからね。それだけメンバーが多方向に動いている証拠なんですよね。

木村:そうなんですよね。先ほども言いましたが、皆の熱量があってこその『戦略と情熱で仕事をつくる』なので。


チャンスが転がっているのが箕輪編集室

ーオンラインサロンでの本づくりはいかがでしたか?

松永:すごく気が楽でした。『7つの習慣(R)』を作った時よりずっと楽。

木村:そうなんですか?

松永:『7つの習慣(R)』の時はクラウドファンディングも募っていたので、プレッシャーがものすごかったんですよ。もう現実逃避したいぐらい。失敗したら人生終了だと思っていたので(笑)。

―それはかなりのプレッシャーだったんですね。

松永:本は、編集者さんと二人三脚で作りますし、ブックライターさんやデザイナーさんがいます。今回は、みの編の皆さんがいらっしゃったから心強かったです。

みの編のイベントに行くといろんな方から「本買います!」と声をかけていただけて、ものすごく応援してくれるんです。すごいフレンドリーで、コミュニティっていいなと本当に思いました。

木村: 私もそう思います。みの編の一人のメンバーとしても、ダイヤモンド社の編集者としても、この本を作っていて応援されている感じはすごくありました。

ー著者・編集者とサロンメンバーでお互いに持ちつ持たれつってことに近い気がするんですよね。

木村:そういう意味で言うと、みの編って本当にチャンスが転がっている。だって、普通に生活していたらダイヤモンド社や幻冬舎の出版物に自分の名前が載ることなんてないですよ。

たしかに、ブックライターなど初めてのことに挑戦して大変だったメンバーもいたと思うんです。しかし、自分が少しだけジャンプすることで、自分の実績を作ることができる。

お互いにwin-winの関係が出来上がりますし、すごい親和性もあります。そういう意味で、すごくいいなと思います。

松永:僕も「面白い人だから何かお話してください」って呼ばれて話していると、どうしても「行動が大事なんですよ!」っていう内容になるんです。そうすると「なんかセミナーっぽくなっちゃったね」って言われたりして...。

それが、お互いwin-winになっている気がしないこともあるんですよ。でも、みの編だと共通言語も多いので話題も豊富ですし、前向きで行動的な方が多いので、そういう意味で居心地が良いですね。

ーこれまで、みの編内でかなりの数のボードゲームイベントを無償でやってくださいましたよね。

松永:この本を出そうと思った理由も同じなのですが、僕の根幹にあるのはボードゲームを広めたいという気持ちです。できることは、全部やろうと最初から決めていました。

これからも、たくさんの方にボードゲームの魅力を伝えていけたらと思っています。

―出版後は、どこかでお会いするチャンスはありますか?

松永:8月10日に青山ブックセンターさん、8月22日に代官山 蔦屋書店さんでイベントをします。これから各所でイベントなどをやるので、そこにお越しいただけたらと思います。


松永さんの著書『戦略と情熱で仕事をつくる』は、7月24日発売です。

7月19日、20日の2日間限定で、先行予約キャンペーンを実施しています!

予約冊数によって受け取れる特典が異なります。

「限定公開おすすめボードゲームリスト」をもらえたり、『7つの習慣』などのボードゲームイベントに参加できたり、「【個人向け】出張ゲームイベント」「【法人向け】社内ボードゲームレクリエーション」など、全5つの特典をご用意しております。

ぜひ、この機会に予約してみてはいかがでしょうか。

申込方法などの詳細は、こちらからご確認ください!

『戦略と情熱で仕事をつくる』の発売を、お楽しみに!


*前編の記事はこちら!


***

取材:菅井泰樹壁井裕貴
テキスト:菅井泰樹、町田有衣子
編集:菅井泰樹
撮影:松村拓実


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。