見出し画像

愛のフィードバック「文章の寺子屋」【夕刊ミノ】ライターチーム

こんばんは。箕輪編集室ライターチームのあやねぇです。12月9日の夕刊ミノをお届けします。

ライターチームの定期的にあるイベントに「文章の寺子屋」があるのをご存じでしょうか?

「文章の寺子屋」って?

毎月第4月曜日22時からのオンラインイベントです。プロのライターであるお師匠はんのさんたっくす先生が、その月ごとにお題を出してくれます。

毎回生徒の募集(3名程度)を行い、生徒はお題に沿った文章を事前に提出し、イベント時にお師匠はんからの添削をもらいます。

生徒は、ライティングのスキル関係なく、箕輪編集室のメンバーならだれでもなれます

11月は、祝日のため月曜日ではなく、25日水曜日の開催でした。

今回のお題は「〇〇の秋」

生徒は、しばたゆうこ
    りなこ
    あやねぇ

の3人でした。
「〇〇の秋」と聞いてそれぞれが思い浮かぶストーリーについて文章を提出しました。

今回は、しばたゆうこさんの作品がお師匠はんのお墨付で、ゆうこさんのnoteにもあげられています。

私も2回目の投稿でしたが反省多し・・・
でも、前回より上達していると言われて、うれしかったです。

りなこちゃんは、

すごいなあ・・・と思いました。

これを読んでいる皆さん。

最初は、だれでもうまくは書けないものです。
しかし続けていくと、上達します

お師匠はんの言葉は、的確ですよ。
お師匠はんのすごいところは、まず、褒めてくださる・・・ところからはじまります。

自分の文章に自信のない生徒が、ほとんどだと思います。
でも、褒めてもらえることで自信になります。

で、時々、内容に「つっこみ」がはいります。
そこで、場がなごんだり、笑いがおきます。
お師匠はんの添削された文章は、どれもブラッシュアップされ「あー。なるほど」と腑に落ちるものばかりです・・・

文章は600字ほどですが、そんなにハードルが高くないと思うので、どんどん参加して、フィードバックをもらって、ブラッシュアップできたらいいなと思います。
言語化できるって、やっぱり大切ですね。

今回、お師匠はんにフィードバックをもらっている様子を見ていたダンナから、こんな感想をもらいました。
「すごい、丁寧なフィードバックだなー。なかなか、ここまでしてくれるところないよ」とちょっとうらやましそうでした。

それを聞きながら、次回も生徒になることを狙うのでした。
次回の開催は12月23日水曜日22時からです。みなさんのご参加お待ちしてます。



***

テキスト/あやねえ
編集/まりりん清水えまい
バナー/こぶさん

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

箕輪編集室公式Twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/