画像1

第45回 オンラインサロンの次のカタチ

箕輪厚介・末吉宏臣
00:00 | 00:30
幻冬舎の箕輪とDNAパブリッシングの末吉がお送りするラジオ番組「未来の作家のカタチ」。
第45回は「オンラインサロンの次のカタチ」。

今、伸びに伸びているオンラインサロン。
箕輪編集室も人数、活動内容ともに、凄まじい勢いで拡大を続けています。

そんなオンラインサロンの次に来るものとして、シェアオフィスのような“リアルな場所”と言われているそうです。
箕輪編集室でも「みの邸」プロジェクトが昨日よりスタート。
箕輪編集室メンバーの“リアルな場所=待ち合わせ場所”となる、シェアオフィスを作ろうという、全国各地のメンバーが動き出しています。

なぜ、オンラインサロンの次は“リアルな場所”なのか?
箕輪編集室が全国各地にシェアハウスを作ろうとする理由は?

そこには、箕輪編集室が次に目指すもの。
そして、箕輪さんが全国を回って講演を行っている理由がありました。

《 第45回の番組内容 》
・箕輪編集室が目指すは“寅さんモデル”
・安心安全を提供すれば、コミュニティは自走し、創造性を生む
・批判無くして、キャズムは超えない

【出演】
箕輪厚介
https://twitter.com/minowanowa
末吉宏臣(ナビゲーター)
https://twitter.com/hiroomisueyoshi

【制作】
写真:田代啓介
https://twitter.com/video_edit_kei
映像・広報:三浦俊平
https://twitter.com/itpro_se
デザイン:前田高志
https://twitter.com/DESIGN_NASU
運営・管理:小瀧友貴
https://twitter.com/yk_mario

【Youtube】
みのわチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8wKXRtva_tOgAfiSvyLoKw...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

#箕輪編集室 公式

『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」

幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組。 堀江貴文の『多動力』や見城徹の『たった一人の熱狂』などを手がけた箕輪厚介、『なぜ堀江貴文の本はすべてベストセラーになるのか』を編集し、数々のベストセラー作家のプロデュースを手がける末吉宏臣。出版の最前線にいるか...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。