見出し画像

「#ありのママ・マガジン」創刊!

このたび、箕輪編集室 女性チーム「リリプリ」によるママプロジェクト「#ありのママ」のマガジンができました!

「#ありのママ」とは、「理想の母親像」のプレッシャーから女性を解放するプロジェクトです。世間一般で言われている「理想の母親」であるためには、かなりの負担がかかります。

掃除・洗濯・手料理・縫い物・PTA・地域活動・家計管理・家族の健康管理等をしながら、子どもを育てる...。

こんなにタスクが多く、責任が重たいことをほぼ一人で背負うのが当たり前だなんて、厳しすぎると思いませんか。それでも、「子どもがかわいそう」「母親なのに」...という言葉に傷つき、ムリをしているママたちがたくさんいます。

そのような頑張り屋の女性が、固定概念や常識から少しでもラクになるように発信することが、#ありのママ プロジェクトのミッションです。

なぜ、このようなプロジェクトが立ち上がり、このマガジンができたのか。先日掲載いただいた夕刊ミノをご覧ください。

この記事にいただいたリツイートです。

子どものためにも、ママの幸せを大事に。

これからママになる女性にも読んでいただきたい。

パパにも大切なこと。

熱い気持ちが伝わります。

このマガジンをたくさんの方々に読んでいただけるように盛り上げたい! 創刊にあたり、一緒にマガジンを創っていく女性を募集します。
リリプリの #ありのママ スレッドをチェックしてくださいね。

箕輪さんが紹介されている夕刊ミノ「ママ友コミュニティに疲れたらみの編へ♡」も、チェックしてください。リリプリの雰囲気がわかりますよ。

特に、みの編に入会されていないママさん。生活圏のコミュニティでは、気を遣って疲れることはありませんか。

「◯◯ちゃんのママ」ではなく、自分でいられる居場所が一つあるだけで、精神的にかなり楽になります。
みの編には、ざっくばらんに付き合える #ありのママ がたくさんいます。気分転換として、気軽に入会してくださいね。

最後に、「#ありのママ」マガジンでは、自然体で魅力的な #ありのママ のインタビュー記事や、リリプリで募集した #ありのママ になれる考え方を発信していきます。
ぜひ、フォローしてくださいね。よろしくお願いします!


テキスト/小田真維
バナー/木村泰子

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
25
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

#リリプリマガジン
#リリプリマガジン
  • 20本

箕輪編集室 女性チーム「リリプリ」によるマガジン。頑張りたいけど、頑張り方がわからない女性の背中を押す、そんなコンテンツを発信していきます。 ぜひ、フォローしてくださいね。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。