見出し画像

【Monday Minowa 9/17号】「編集」とは「憑依」なり 他、立ち読み!

おはようございます!Monday Minowaの編集長の世良菜津子です!

9月号のMonday Minowaでは、箕輪さんの「読者に届く編集術」について、全4回にわたり掲載中!

「編集」者・箕輪厚介はどのように本を作るのか?(9/3号)
時代の変化に対応できる「編集」とは?(9/10号)
「編集」とは「憑依」なり。(9/17号)
④「編集」の力で売ることを意識したことがあるか?(9/24号)

編集者を目指す人だけではなく、自分のSNSで情報発信をする人にとって欠かせない情報満載です。

今月から購読開始すれば、9/3号、9/10号も読めます!


さらに、今月はコミュニティ運営において欠かせない「居場所作り」についても、箕輪編集室を具体例に挙げながらわかりやすく解説していきます。


それでは、本日更新のMonday Minowaを紹介していきます。

-------------

(今週の目次)

【編集2.0】「編集」とは「憑依」なり。
【箕編の流儀】居場所としての箕輪編集室

-------------


【編集2.0】「編集」とは「憑依」なり

今月は箕輪さんの「読者に届く編集術」について、全4回にわたり掲載します。

「編集」者・箕輪厚介はどのように本を作るのか?(9/3号)
時代の変化に対応できる「編集」とは?(9/10号)
「編集」とは「憑依」なり。(9/17号)
④「編集」の力で売ることを意識したことがあるか?(9/24号)

9/17号では、「「編集」とは「憑依」なり。」についてお届けします。

───── 目次 ─────────────────────────────────────
・自分で作ったものは「自分」に刺さるか?
・「自分」というフィルターを通しているか?
・相手を圧倒的に好きになって「憑依」せよ!
・「狂気」を抱えるからこそ「狂気」を巻き込める!
────────────────────────────────────────────────

自分で作ったものは「自分」に刺さるか?

NewsPicks Bookの始動により、1カ月に1冊という異例のスピードで本の編集をしてきた箕輪さん。(3カ月~半年に1冊が最も多い出版のペース)
異例のスピードで本を作りあげていくと、「1か月に1冊本を出す」ことだけで精一杯となってしまうのが出版業界の常。

しかし、箕輪さんの手がける本は、読者の心を揺さぶり、続々と口コミが広がっています。このスピード感でヒット作を生み出す熱量はとどまることを知りません。なぜ、これほどまでに彼の作る本は人の心を動かすのでしょうか?

続きを読みたい方はこちら!(単品300円で販売)>>>


【箕編の流儀】居場所としての箕輪編集室

今回は箕輪編集室内における新規メンバー・アクティブメンバー・運営メンバーの居場所について、具体例を交えてご紹介していきます。

6つのフェーズ(関係の深いメンバー)
(1)安全安心を求める(新規メンバー)
(2)つながりをつくる(新規メンバー)
(3)自分ごと化して居場所をみつける(アクティブメンバー)
(4)コミュニケーションを生み出す(アクティブメンバー)
(5)熱量を高める(運営メンバー)
(6)居場所を提供する(運営メンバー)

前回の「居場所作り」概論を事前に読んでいただければ、箕輪編集室の様子をより深く知ることができると思います。

フェーズ(1)安全安心を求める(新規メンバー)

新規メンバーは孤独のままに荒野へ投げ込まれたようなもので、どのメンバーよりも強く安全安心を欲しています

続きを読みたい方はこちら!(単品300円で販売)>>>

-------------

それでは今週も、仕事に勉強に張り切っていきましょう!
いってらっしゃい!

***

Monday Minowa編集部
編集長:世良菜津子
副編集長:渡邊淳 

スタッフ
編集2.0:柴田佐世子渡邊淳
箕編の流儀:荒木 利彦、協力:コミュデザチーム
デザイン:前田高志、やまぐちともみ、早志香音 
写真:大竹大也池田実加

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。