見出し画像

【夕刊ミノ】神社チームレポ「#モテ守 ついに明日リリース! ゆうこす的“モテ”に迫る!」

こんばんは。箕輪編集室・神社プロデュースチームの林良祐です。12月31日(月)の夕刊ミノをお届けします。

今年も残すところ後僅かとなりましたね!

いよいよ明日(2019年1月1日)に小野照崎神社において、お守り2.0第2弾としてゆうこすこと菅本裕子さんと箕輪編集室のコラボによる 「#モテ守」 が頒布開始となります。

お守り2.0プロジェクトの一員として関わった立場から、しっかりとご紹介させていただきたいと思います。

#モテ守 とは?

#モテ守 とは、大きな困難も明るくポジティブに捉えて前向きな姿勢で歩むことで多くの共感を勝ち得たゆうこすさんのように、自分と向き合って、男女ともに愛される魅力、すなわち「モテたい」私たちの背中を押してくれます。そして、自分を愛し、愛され上手になることで、自分を輝かせるパワーを育むお守りです。

願いを勝ち取りに行く新しいお守り「お守り2.0」のひとつです。

こんなふうに今書いてみれば、簡潔に表せてるモテですが、「モテクリエイターゆうこす」から連想されるモテはどれも幅広く、とてもまとめるのに苦労しました。神社チームのメンバーでゆうこすさんのSNSをチェックし、ブレインストーミングを重ねることでようやくまとめることができました。

進化した お守り2.0 特設サイト

そして、私はWeb関連のプロジェクトリーダーを任され、お守り2.0プロジェクトに大きくコミットすることになりました。

リーダーらしいことはほとんどできていませんでしたが、LPのワイヤーフレームというWebサイトの骨格となる仕様書を作成するという初めての経験に胸が高鳴りました。

ワイヤーフレームという言葉自体初めて耳にするような状態でしたが、周りに聞いたり、サンプルをもらって参考にしながら四苦八苦して何とか期限ギリギリに仕上げることができました。プロジェクトに熱狂し没頭するという感覚を体感することができたのは本当に久々のことでした。

完成間際には、メッセンジャーでピンポンのようにやり取りが飛び交い、気づいたら明け方となっていました。おかげでその後は、気持ちよくぐっすりと眠ることが出来ました(笑)。

お守り2.0 特設サイト

このWebサイトの制作は、私以外のプロジェクトメンバー「全員」がバリバリのプロフェッショナルでしたので、最初は稚拙だったワイヤーも徐々にブラッシュアップされ、そのワイヤーフレームから想像をはるかに上回る完成物が上がってきて、その出来映えにただただ驚いていました。

こういったプロを交えた熱量の高いプロジェクトが多くあるのも、箕輪編集室ならではの魅力のひとつなのだと感じています。

皆さん、本当に素晴らしいサイトが出来上がってますので、ぜひご覧ください! さらに、カッコいいPVもありますので、ぜひぜひご覧になってください!

紆余曲折はありましたが、無事リリースまでこぎ着けることができました。
ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

皆さん、今年は小野照崎神社に初詣に行き、ぜひ #モテ守 を手にしてモテまくる一年にしましょう!


テキスト/林 良祐

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
夕刊ミノ EVENING TEAM REPORT
  • 512本

箕輪編集室の多彩なチームからの、活動レポートです。 各チーム持ち回りで、活動内容を報告していきます。 どのチームに入ろうか悩んでいる人や、そもそも箕輪編集室って何しているの?と気になっている方へ。 旬なみの編のチーム情報をお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。