見出し画像

【日刊みの編NEWS】みの編発のサロンオーナー吉田貴臣さんに取材してみた!

おはようございます。箕輪編集室運営の浜田です。7月23日(月)の日刊みの編ニュースをお伝えします。

先日メディアチームの体制強化に伴い、吉田貴臣さんがチーフクリエイティブディレクターに就任しました。(親しみを込めて、以下タカオミさんと表記します。)

タカオミさんといえば、NewsPicksのゼミ「動画ブートキャンプ」の課題で見事チーム優勝。そこでの学びを箕輪編集室でシェアするための「映像チーム本気勉強会!」を開催。また「ZOZOTOWN」の新サービスの動画を制作。
そんな今、注目のタカオミさんに日刊NEWS用プチ取材を行ったところ…この2日後、急展開が。

なんと!自身のオンラインサロン「タカオミ動画編集室」を始めるとのこと。しかも、本日23日の18時から募集開始するそうです。

約半年の間にみの編を代表するトップクリエイターへ。そしてみの編発のサロンオーナーになろうとしているタカオミさんにお話を聞きました。

***

ーNewsPicksの動画ブートキャンプに参加することがきっかけで、みの編の動画勉強会の開催を決意なさったんですよね?シェアしようって発想がすばらしいです。


タカオミ:
いや、でもあれは動画ブートキャンプに普通に申し込んでいたらそういう発想には絶対なっていなかったはず。

クレジットカードの限度額の関係で動画ブートキャンプ申し込みができなくて、ツイートしたんです。それを箕輪さんが見てくれて「波上商店で立て替える。」って言ってくれた。そしてみの編運営であり、箕輪さんの秘書の柴山さんがすぐさま対応してくれたからこそ参加できました。

それだけのことをしてもらってるんだから、何か返したくて。


ープラスの循環ですね。


タカオミ:はい、箕輪さんの気持ちが嬉しかったから、僕が動画ブートキャンプに参加できるようになった時点で「勉強会する」ってすぐツイートしました。そしたらそれを見た明石ガクトさんが、みの編の勉強会にも来てくれるって流れになったんです。

だからこそ「(ブートキャンプで)絶対に優勝しないとまずい!」って気合が入りました。だって優勝取れなかったのに勉強会するなんて、偉そうだと思ったし、「優勝してきました!」ってみんなの前で言いたかったから。

合宿の時は、寝る間を惜しんで本気でした。
編集もほぼ全部やらせてもらったし、動画の構成もチーム内でできていたものをガラッと変えさせてもらったり。どうしても優勝したかったんです。
そういう離れ業をしつつ、結果、僕たちのAチームが優勝しました。

ーすごい!その知見をシェアするため、後日みの編のメディアチームで明石ガクトさんをお招きして開催したのが本気勉強会ですね。いかがでしたか?

タカオミ:
明石さんの本気がひしひしと伝わる会でした。

明石さんが「動画ブートキャンプの講義で話しした冒頭の内容を1時間しゃべります。」って言ってくれて。僕が驚いて「いいんですか?」って明石さんに言ったら「箕輪編集室のみんなが合宿でがんばってたから、こんくらいしないとね。」とのこと。

嬉しくて思わず涙ぐんでしまいました。本気で合宿がんばってよかったなぁと。

その後はチームに分かれて動画の企画を作り発表し、明石さんからのフィードバック。予定していた時間を大幅にオーバーしてまでやってくださいました。


ーでは今後「あの時の動画勉強会がきっかけで、動画制作をがんばっています。」ってクリエイターが増えるといいですね。


タカオミ:
そうなると嬉しいです。あの勉強会に参加したメンバーには、とにかく動画をたくさん作って欲しい。僕にお礼とかいらないから。


ータカオミさんといえば、私の中ではいつのまにかみの編の動画トップクリエイターだったという印象です。みの編に入ったのはいつですか?


タカオミ:入会は去年の12月です。twitterで田端さんか堀江さんか、箕輪さん周りのインフルエンサー経由で知ったはず。

僕、正直箕輪さんのことも見城さんのことも知りませんでした。でも、ふと気になってCAMPFIREの募集ページを見たら、枠が空いていたので入ってみました。

最初は箕輪さん云々というより「6000円払って何ができるの?」って気になったので、怖いもの見たさで入った側面もあります。


ーそうだったんですね!で、入ってすぐ動画を作ったのですか?


タカオミ:
いや、12月に入って動画を作り出したのは3月ごろ。それまではみの編のFBグループをあんまり見てませんでした。何をしていいのかわからなくて。

今「みの編入ったはいいけどどうしよう?」って人多いらしいけど、それ僕も全く同じだった。

本体グループの自己紹介と当時の音声映像チームの自己紹介を書いて、作った映像を添付したんです。その時「おおー、プロの人きた!」って反応はあったものの、「こういうの作って。」って言われるわけじゃない。「俺がリーダーだったら絶対俺に頼むのに!」って思ってました(笑)。

ー(笑)


タカオミ:
最初、お客様の気分だったんです。「6000円お金払っているんだから何かバックあるでしょ?」って。もちろん定例会は豪華だしイベントもあるから、価格の価値はある。でも僕カナダに住んでるから、オフラインのイベントには行けないし、定例会の動画配信も一人で見てても面白くなかった。

ーなるほど、それが変わったきっかけは何でしょう?


タカオミ:最初はみの編とHIUの合同定例会の映像を作りました。ちょうどその時手が空いていたので1時間くらいでさーっと作って「作ってみました〜。」って投稿しました。そしたら箕輪さんが「メッセで頂戴!」って。

「なんなんだ?」と思って言われたままにメッセで動画を送ったら、箕輪さんが僕の作った動画をツイートしてたんですよ。


ー驚きですよね。


タカオミ:はい(笑)。
こんな風に使ってくれるんだ!って。フォロワーも増えたから「これはどんどん動画作った方がよさそうだ!」って思いました(笑)。

そうやっていくうちに面白くなって。お客様気分でtakeすることを考えているうちは、面白くないってことにも気づきました。あと声をかけられるのを待つのではなく、自分から行動すること。


ーそこからはひたすらみの編の映像を作ってますよね?


タカオミ:
そうですね。気づいたらひたすらです。

そうしているうちにZOZOの動画も作ったし、博報堂の打ち合わせにも同席させていただけることになった。これすごいことですよね。僕自身が変化についていけないくらい(笑)。


ーほんとすごいです!今後やりたいことありますか?


タカオミ:
箕輪さんのあのサングラスでハイボール飲んで海パン履いてっていう、社会に迎合しないスタイルに共感しています。

僕は動画を作ることで、そういう既成概念にとらわれない価値観が広がって欲しいなぁと。生きづらさを感じる人が減ればいいなって思っています。

***

そんなタカオミさん。冒頭にも書いたとおり、このインタビューの2日後に「タカオミ動画編集室」を主宰することが決まりました。


1期生の募集は、本日23日の18時!!

――――――――――――――
■昨日 7/22(日)のみの編
――――――――――――――
前日に、宮崎で箕輪さん講演会を主催してくれた帆足くんのこんなつぶやき。

以前、「スナック徹」で見城さんがお話しされていたことを思い出します。

ーなんのために箕輪編集室に入ったのか。何者かになりたいからだろ。箕輪に利用されろ。その100倍、箕輪を利用することになるんだから。

実際に手を挙げて行動した人は、だいたいこんな境地に至るような気がしています。内情をよく知らない人からは「搾取?」と思われがちですが、コラムに登場しているタカオミも同じく、手を動かしている内に信頼が自分に貯まっていく。反応や感謝や、自身のスキルアップが嬉しくて、みの編に恩返ししたくなる。また、信頼が貯まる。いざ、事を動かそうとした時には、自らに多くの応援者がいることに気がつく。

宮崎にも、こんな頼もしいメンバーがいることが嬉しいですね!

[イベントプロデュースチーム]では、毎日「日刊イベプロ」が投稿されて、日々の動きがわかるような工夫がされています。その書き手を増やそうと、いけまさんが書き方をレクチャーしたようです。

後からみの編に入ると、各チーム自体もう大きなコミュニティになっているし、スレッドは膨大で、迷子になる気持ち、わかります…。
それでも、どこかにとっかかりを持つしかないし、そのための工夫をメンバーみんなで重ねてもいます。

その一つが「日刊イベプロ」だし、[ライターチーム]で開催されているZOOMオリエンなのです。

[PRチーム]で、新たにメンバー募集のスレが立っています。こういう時こそ、飛び込むチャンス!「今、何ができるか。」は問題ではありません。今できることって、もうできるのだし、むしろ「今、何がしたいか。」の方が大切!ピンときたら飛び込んでくださいね!

[中部チーム]のイベントは、日刊の「今後のみの編」にすべて掲載できていないので、ぜひこちらでチェックお願いします♡
オンラインのコミュニティだからこそ、「オフライン」ってとっても重要。一度でも会ったことがあれば、その後、オフラインのやりとりも安心感が増します。

怖い人なんてみの編にいないから、勇気を出して一度、参加してみてください!

――――――――
■今後のみの編
――――――――
7/25(水)
[エンジニアチーム]7月月例会
[メディアチーム]タカオミここにいるよ!会えるよ!の会
[PRチーム]愛されインスタプロジェクトZOOM MTG#0キックオフ
7/26(木)[フットサル部]第13回フットサル
7/27(金)[関西チーム]第一回読書会
7/28(土)
[中部チーム]第6回天空の朝活
[中部チーム]会計を楽しく学ぼう(初級編)
7/28-29(土日)*[イベントプロデュースチーム]秩父大合宿
*は箕輪さん参加予定のイベントです。
7/30(月)
[PRチーム]懇親会 暑いから室内でこれからのPRのことを話そう
7/31(火)[神社チーム]7月MTG&暑気払い
8/3(金)[ライターチーム]真夏の飲み会
8/19(日)[中部チーム]中部大新歓 バーベキューしよう♬

聞き手・テキスト/浜田 綾
編集/柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 942本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。