見出し画像

【日刊みの編NEWS】安全・安心が意味する本当のこと。

おはようございます。箕輪編集室運営メディアチーム、チーフクリエイティブディレクターの吉田貴臣です。
8月17日(金)の日刊みの編NEWSをお伝えします。

このコラムは、僕が自分のnoteに書いた記事から転載しています。元記事はこちら

***

ここのところ、僕は一日に何回「安全・安心」というwordsを目にしているだろうか。
「安全・安心」。僕たちクリエイターにとっても、大切なことだ。これらが保証されていない環境でクリエイティブな活動をするのは、非常に怖い。

しかし、この言葉の捉え方は人によって違うようだ。
今回は僕なりの「なぜクリエイターに安全・安心が必要なのか」という話をしよう。

話は突然に変わるが、あなたは車やバイクで時速300kmを出したことがあるだろうか?
ほとんどの人がないと答えるだろう。当然、僕もない。
そんなスピード、怖すぎて出したいとも思わない。

だけど、「この車でこのサーキットを走れば、何キロ出しても絶対に事故ることはない。安全です。」と言われたらどうだろう?
最初は信じられなくて、せいぜい150km/hぐらいまでしか出せないかもしれない。
でもだんだん、安全が真実であるということがわかってきたら、僕はワクワクを抑えきれずアクセルをベタ踏みし、300km/hの壁を突破するだろう。
それは、どれだけスピードを出しても大丈夫という「安全・安心」を確信できたからだ。「安全・安心」が保証されているからこそ、極限を突破できるのだ。

クリエイティブも、同じことだ。

「こんな動画を作って、誰も反応してくれなかったり、ボコボコにディスられたらどうしよう」
「動画クリエイターとして独立して、ぜんぜん仕事がなくて食っていけなくなったらどうしよう」
「自分がやりたいことをやって、うまくいかなかったらどうしよう」

こういう不安があると、多くの人はなかなか一歩を踏み出せない。
そんな時に大事なのが、「安全・安心」だ。

「素人の自分が作った作品でも、ちゃんと見てくれる」とか、
「荒削りのクオリティでも、バカにしてくる人がいない」とか。

もっと極端なことを言えば
やりたいことをやって、それがお金に繋がらなくても、生きていける。
こんな「安全・安心」があったら、たぶん、あなたはどんなことにも挑戦できる。
自分の中に眠るクリエイティビティを存分に発揮して、人の心を動かす何かを作れるようになるだろう。

だが、それは楽な道ではない。どれだけ安全や安心が担保されていようと、クリエイティブに、楽は、絶対にない。
しかし、あなたがそれを楽しめるのなら、それ以上にハッピーなことはないだろう。

「絶対ヤケドしないから!大丈夫。だから、この溶岩に飛び込んでみなよ。
そう言われて、えいっ、って飛び込んじゃうのが、安全・安心が担保されたクリエイティブなのだ。

誰がどう見ても安全で安心な、ぬるいジャグジーに浸かって、気持ちいいな〜と感じていることは、クリエイティブではない。
(ジャグジーに浸かるのを否定しているわけではないということは補足しておく。僕はジャグジー、大好きだし。

箕輪編集室において、大陸チームやメディアチームで活動している僕を含めた一部の人たちが、怖いと思われているらしいという話をたまに耳にする。確かに、僕らはツイートが非常にエッジーで殺伐としているように感じるかもしれない。

でも、それは違う。

僕たちは、灼熱の溶岩に飛び込んで遊んでいるだけだ。最初は熱いと感じるかもしれないが、慣れてくるとこれがなかなか良い湯加減なのだ。周りから見たら、狂っているように見えるだろうけど、大丈夫。この溶岩は、「安全・安心」だ。

もしあなたがジャグジーに浸かりながら、スパークリング・ワインを片手に、遠くから僕たちを眺めていたいというのなら、それは全く問題ない。その姿勢に対して、僕は一切の異論を持たない。
しかし、もしもあなたが、クリエイティブの海に身を投じたいのであれば、ジャグジーを上がって、溶岩に飛び込んできてほしい。300km/hの壁を、突破してほしい。

大丈夫。あなたの安全と安心は、保証されている。
今なら、おまけに成長もセットでついてくる。
さあ、飛びこもう。

――――――――――――――
■昨日 8/16(木)のみの編
――――――――――――――
昨日の「夕刊ミノ」で、設置までのストーリーが公開された紀伊国屋書店梅田本店に置いてある箕輪さんのパネルに、会いに行く人が絶えないようです。よく見たら、発売日までのカウントダウンや「箕輪さん今日のひと言」などが書かれていて、なんだか愛情にあふれています♡

明日も箕輪パネルに会いに行くみの編メンバーがいるようです。ここ、待ち合わせ場所になりそうですね!

みの編に入会されたばかりの方のつぶやきを見つけました。中にいると当たり前になるみの編の文化を、こうして言語化していただけるとありがたいですよね。
自主性・目的意識・協調性。
「死ぬこと以外かすり傷」なんて言っている集団からこんな言葉が連想されるなんて、不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、これがみの編だと、中の人たちは割とすんなり理解できるのではないでしょうか。

みの編へようこそ!本当の意味での安心・安全が担保された場所で、好きなことを思い切りやってくださいね!

こちらは、みの編に入って1ヶ月たった方のつぶやきです。フォロワー3人だったTwitterアカウントを復活させて、今ではフォロワーが100人になったそうです。どんなインフルエンサーだって、初めはゼロからのスタートなのですよね。みの編にいるだけで見つけてもらえる可能性は高くなるし、互いに応援しあえる。自分は何者かを発信するにも、心強いんですよね。

これからもよろしくお願いします!

最近、とても元気なPRチームは、来月15日にチームの新歓を開催するそうです。リアルとZOOMと一緒に行うそうなので、全国どこにいても参加できます。なぜ今、PRチームが元気なのか?その理由も感じることができるかもしれません。

リーダーからして安心・安全そのもののPRチーム。勇気を出して参加するには、おすすめです♩

――――――――
■今後のみの編
――――――――
8/17(金)[関東チーム]みのうちわを作ろう!
8/18(土)
[関西チーム]MacBook勉強会
[エンジニアチーム]新規も既存も大歓迎!第二回Progateイベント
[神社チーム]御朱印帳をUPDATE!アイデア発想ワークショップ
[ライターチーム]オリエン
8/19(日)
[中部チーム]中部大新歓 バーベキューしよう♬
[みの邸]中部エリアミーティング
8/20(月)[エンジニアチーム]Tool Produce Guild 初戦略会議
8/21(火)
*箕輪本戦略会議&定例会「夏の大悪口大会」
ゲスト:青木真也さん・三浦崇宏さん
8/22(水)*みの編入って半年以内の人限定飲み会
8/23(木)
*入会半年以内限定!オンライン飲み会・箕輪さんとZOOMで飲もう
[PRチーム]第一回コピーライティング勉強会
[関西チーム]第二回カフェ読書会
8/25(土)
[エンジニアチーム]月例会
[九州チーム]第二回ほりぴの動画勉強会
[PRチーム]個人の発信力を高めよう!Twitter基礎講座
8/31(金)
[関西チーム]第三回関西チーム読書会『死ぬこと以外かすり傷』
9/7(金)[関西&中部チーム]合同飲み
9/8(土)[関西チーム]新歓

*は箕輪さん参加予定のイベントです。

テキスト/吉田貴臣
「昨日のみの編」のみ柴山 由香

***

お問い合わせ:minowa.et@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
『多動力』を始めとするヒット作を多く手がける、幻冬舎 箕輪厚介が運営するサロンの公式note。箕輪編集室→https://camp-fire.jp/projects/view/34264 箕輪厚介の会社→https://naminoueshoten.com/

こちらでもピックアップされています

日刊みの編NEWS
日刊みの編NEWS
  • 967本

箕輪編集室運営チームからのお知らせです。 ・今、箕輪編集室で勃発していること ・定例会や飲み会、一般参加OKのイベント情報 …などなど、みの編のあれこれを畳み人・運営メンバーがリレー式で書いていきます。 箕輪編集室に入っている人も興味があるけどまだ入っていない人も、これを読めばみの編マスターになれる…かも?

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。